FC2ブログ
東京のまんなかのちいさなDining & Bar♪麹町駅徒歩5分・半蔵門駅徒歩5分・永田町駅徒歩8分
店のご案内 | お知らせ | 月間スケジュール | ライブスケジュール | 過去のライブ&イベント | クーポン | リンク | イベント開催 | PACOお知らせメール | 
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
QRコード
携帯サイトはこちらから
QRコード
QRコード読取機能付携帯でアクセス
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Jazz Spot PACO
≪2020.02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2020.04≫
カテゴリー
プロフィール

ジャズスポットパコ

Author:ジャズスポットパコ
Jazz Spot PACO ジャズスポットパコ
東京・麹町の小さなダイニングバーです。

★Twitterはこちら

★facebookはこちら

♪営業時間♪
ランチタイム 月~金 11:30~14:00 L.O.
夜 火~土 18:30~22:30 L.O.(変更になる場合もあります)
♪定休日♪
日・祝

★Mapionで地図を見る★

★Googleで地図を見る★

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-6-11エクシール平河町102

電話:03-3221-1780

●東京メトロ有楽町線 麹町駅1番出口より徒歩5分
●東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅1番出口より徒歩5分
●東京メトロ半蔵門線・有楽町線・南北線 永田町駅4番出口より徒歩約8分
●JR・東京メトロ丸の内線 四谷駅赤坂口より徒歩約15分

♪メールはこちら♪

皆様のお越しをお待ちしております♪

「 2020年03月 」 の記事一覧
2020.03.01 Sun
3月のスケジュール
202002042001238eb.png
スポンサーサイト



月間スケジュール    Top↑

2020.03.03 Tue
Vocal & Piano Duo vo.彗莉 ep.大橋祐子
彗莉 (vocal)
大橋 祐子 (piano)

ヴォーカル(ヴォイス)とピアノで奏でるオリジナル世界・・・
20200212204605aa8.jpeg
2020年3月3日(火) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥1,800+Tax

彗莉さん 彗莉 Eri (vocal)
兵庫県姫路市出身。
6歳からピアノを習う。
人前で何かを表現したいと思い社会人になってからヴォーカルを始める。越智順子氏(故人)に師事。次第にジャズの即興の世界に引き込まれていく。
地元を中心に、各地のセッションやライブ活動にて様々なミュージシャンやダンサーと交流を図りながら研鑽する他、ニューヨークでKarrin Allyson氏によるワークショップに参加するなど国内外のミュージシャンよりレクチャーを受ける。柔らかさの中に力強さを感じる包み込むようなヴォイスで、独自の世界を表現している。現在は都内を中心に活動中。
http://profile.ameba.jp/e4r4i4/
http://ameblo.jp/e4r4i4/

photo.png 大橋 祐子 Yuko Ohashi (piano)
8月7日生まれ A型 東京都八王子市出身。
幼少の頃よりクラッシックピアノ、エレクトーンに親しみ学校卒業後よりJAZZに目覚める。
JAZZピアノを稲森康利、寺下誠、小嶋貴文、各氏に師事。2005年New York、2006年Swedenを訪れセッションに参加し、現地の音楽に触れる。
現在、自己のtrioを中心に、多数のセッションやサポートに参加、JAZZ、POPS、FUNK等、ジャンルにとらわれない演奏活動をしている。
2009年10月、CSテレ朝チャンネル「源流JAZZ」に、リーダーを務める女子バンド「4℃」が取り上げられる。
2010年7月21日、リーダーアルバム「PRELUDE TO A KISS」をリリース
2012年3月21日、2ndアルバム「BUENOS AIRES 1952」をリリース
2013年12月25日、3rdアルバム「TWO CHORDS」をリリース

ライブスケジュール    Top↑

2020.03.04 Wed
トモぴょんトリオ tp.トモぴょん ep.武藤勇樹 per.みゃお
トモぴょん (trumpet/flugelhorn)
武藤 勇樹 (piano)
みゃお (percussion)

2020年3月4日(水) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

image4.jpeg トモぴょん (trumpet/flugelhorn)
武蔵野音楽大学卒業。クラッシック、サルサバンドなどを経てジャズ、オリジナル曲を中心に都内、横浜を中心にライブ活動中。
2017年 志摩 飛龍さんの絵をイメージしたCD「eternity 」を制作。永遠に続く風景をイメージした楽曲作りが癖になると好評を得る。
Blog https://ameblo.jp/1pyon2pyon/

image2.jpeg 武藤 勇樹 Yuuki Mutou (piano)
5歳よりピアノを始めクラシックを学ぶ。中学高校の吹奏楽ではオーボエを担当。中央大学在学中にジャズに出会い、同大学のビッグバンド、スウィング•クリスタル•オーケストラに所属。コンサートマスター及びアレンジを手がけ、第18回太田市ジャズフェスティバルで入賞。その後都内のライブハウスを中心に活動を始め、2018年6月、do luck jazzから1st album「I Loves You, Porgy」をリリース。サステナクリエーションファミリーvol.4、舞台「SAMAEL」に楽曲提供と演奏で携わり、サウンドトラックも発売。現在はジャズに限らず幅広い分野で、演奏やアレンジ、作曲等積極的に活動中。

20200218192251992.jpeg みゃお (percussion)
武蔵野音楽大学インディアナ大学打楽器科卒業。
オーケストラ、ラテン&ポップス、現代音楽など、多岐分野にわたり演奏家、指導者としても活動中。
the BBB(管弦打trio)、the Tabby's(Vln.とのduo)では、ドラム・マリンバ・カホン等で、ラテン、ポップス、懐かしの謡曲からオリジナル曲までこなす。

ライブスケジュール    Top↑

2020.03.05 Thu
Vocal & Piano Duo vo.向井伸子 ep.阿部瑠美
向井 伸子 (vocal)
阿部 瑠美 (piano)

2020年3月5日(水) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 21:00~
Music Charge ¥2,100+Tax

小島伸子さん2 向井 伸子 Nobuko Mukai (vocal)
横浜市出身。
大学時代は聖歌隊で賛美歌をうたう。
その後会社員となるが、あるとき兄から大量のJazz名盤を譲りうけ感銘し、Jazz Vocalistの勉強をはじめる。
2008年 東京の老舗店のヴォーカルオーディションでの優勝をきっかけに、都内・横浜でライブ活動開始。
2011年 神戸ジャズヴォーカルクイーンコンテスト本選出場。
同年自身の初CDリリース。
出産育児でしばらく活動休止していたが、徐々に再開。
2017年5月、6年ぶりに出場した『神戸新開地ジャズヴォーカルクイーンコンテスト』で準グランプリ獲得。
昼間は医療機関で働き、子育てに追われながらも一流歌手を目指し日々奮闘中!
伸びやかな歌声と熱いステージングが持ち味のヴォーカリスト。

ライブスケジュール    Top↑

2020.03.06 Fri
bluesy jazz ~藤原真里子(vo) with 天野丘(g)
藤原 真里子 (vocal)
天野 丘 (guitar)

時には優しく、時には弾けての2ステージ。
スタンダードジャズ以外のポップスも少しやります。
一息つきにいらしてください!

2020年3月6日(金) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 21:00~
Music Charge ¥2,100 +税

P2460545_convert_20190202161429.jpg© papa Hiraguti pictures 2017
藤原 真里子 Mariko Fujiwara (vocal)
5月18日生まれ。A型。ジャズをメインフィールドに、ポップス・R&B・ロックなども歌う。2012年5月より都内ジャズバー等でライブ活動をスタートする。
ブルージーでソウルフル、だけどユーモラスな面も併せ持つ歌とステージングが信条。シンガーとしては後発ながら、天性の耳のよさと艶のある声で急成長中。
「泣いた~」「笑った!」「明日もがんばる元気が出た」。そんなリピーターのお客様も増えてきました。ぜひ一度ご賞味ください!

天野丘さん 天野 丘 Takashi Amano (guitar)
1963年6月25日生まれ。AB型。中学生の頃よりギターを始め、その後Roots音楽院で沢田駿吾に師事。後に三好功郎のアシスタントを勤めながら、自己のトリオを結成。首都圏ライブハウスで、演奏活動をスタートする。
今までに、鈴木勲(b)ファミリー、井上淑彦(ts)、大友義雄(as)、福井五十雄(b)、塩本彰(g)スモール・オーケストラ、大野えり(vo)、中西隆(p)、小島のり子(fl)、仲宗根かほる(vo)、寺井尚子(vln)カルメンマキ(vo)等と共演。
現在は自己のトリオや、新しいユニット『zephyr(田口悌治=井上淑彦=天野丘)』での活動を軸に様々なセッションで活動。
また、日本工学院八王子専門学校総合ミュージック科では、音楽理論、作編曲の講義を持ち、後進の指導にあたっている。
リットーミュージック社刊行のロングセラー教則本「初めてのジャズ・ギター」「同レパートリー強化編」「弾けちゃう!ジャズギター」の著者としても知られている。

ライブスケジュール    Top↑

2020.03.07 Sat
Brasil guitar duo gt.Gonzo gt.尾花毅
菅又 -Gonzo- 健 (guitar)
尾花 毅 (guitar)

2020年3月7日(土) open 17:00
start 18:00~ 2 sets
Music Charge ¥2,100+Tax

Gonzoさん 菅又 -Gonzo- 健 Ken -ごんぞう- Sugamata (guitar)
1977年 東京都生まれ。
4歳の時、偶然入った幼稚園にてギターと出会い、ギターを始める。エリス・レジーナに度肝を抜かれ、ジョアン・ボスコに打ちのめされブラジル音楽に傾倒。顔に似合わず綺麗な音とダイナミックなグルーヴを身上とし、ガットギターで都内を中心に様々な場所で活動中。クロサワ楽器お茶の水クラシックギター本店、ボサノヴァ講師。
2012年よりカンボジアの子供達に思いっきりギターを弾いてもらうため、ギターを送るプロジェクト「Cambodia Guitar Project」を継続中。
HP:http://gonzoguitarra.wix.com/gonzoguitarra

Takeshi_profile.jpg 尾花 毅 Takeshi Obana (guitar)
1967年6月17日生まれ 血液型A型 
幼少期を西ドイツ(当時はまだ東と西が分かれていた)のデュッセルドルフにて過ごす。8才の頃父親が弾く演歌ギターに憧れ、隣町(ケルン)に住むバロックリュート奏者佐々木政嗣氏にギターを習い始める。父親が使っていた譜面を先生に見せると「残念ながら僕はこういうのは......」ということで、しかたなくクラシックのレッスンを始めた。帰国後も佐々木氏の勧めでフラメンコギターの大先生坂中浩治氏にクラシックギターを教わる 。今思うとフラメンコを少しかじっとけば良かったかなーと。しかし中学に入りリッチーブラックモアの奏でるディストーションサウンドに魅せられクラシックギターのレッスンを止めて、親父に安いストラトキャスターを買ってもらい 大学を卒業するまでロック一辺倒の生活を送る。今考えるととこの頃の活動が今の僕のギタースタイルを形成しているのだと思う。学生時代からブラジル音楽だけを演奏してきていたらたぶん今の様なプレイはできてないのではと感じる。

大学の終わり頃トニーニョオルタが弾くJAZZでもなくボサノバでもない良くわからない音楽と遭遇してからブラジル音楽一辺倒。最初は小野リサソングブックを見てサンバのバチーダを覚える。今は普通の楽器屋さんに「30分で弾けるバーデンパウエル奏法」みたいな本がたくさんあるけど、当時はあまり無くCDを聞いてもどうやっているのかよくわからなかったなー。それで普通のボサノバをやる訳でもなくいきなりオリジナルのブラジル風フュージョンのようなやつを打ち込みとギターの録音で作り続ける。しかしコードの名前やJAZZの理論が全くわかっていないことに気がつき、近所のスタジオでギターを教えていたバークリー卒のギタリスト浜中祐司氏にコードことやJAZZのことを教わる。この頃から周りにいたJAZZの演奏家達と自分のオリジナル曲ですこしづつライブ活動を再開する。そんななか今もまだ一緒に良く演奏する中西文彦氏に出会い、今の活動のベースができたような気がする。彼とはおそらく10年近く一緒に神奈川県の田舎で演奏(勉強?)を続けてきたが、気がついたら東京のブラジル音楽シーンでも十分通用する彼とでしかできない特別な演奏ができるようになっていると自負している。

2004年頃から僕は7弦ギターを使うようになる。というか使わなくなってしまった。ショーロに出会ってからだ。何を演奏してもショーロの影が僕のプレイには感じられるようになる。クラシックから始まり、ロックを通って、JAZZをかじって、バーデンパウエルに夢中になって、ショーロに心酔.......。
これが僕の今のスタイル。今後はどう変わっていくのだろう。

ライブスケジュール    Top↑

2020.03.10 Tue
うめちゃんと私 vo.永野寛子 gt.梅原新
永野 寛子 (vocal)
梅原 新 (guitar)

ポップスやジャズ、オリジナルソングなど、ボーカルとギターのデュオでお送りします!

2020年3月10日(火) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

永野寛子さん 永野 寛子 Hiroko Nagano (vocal)
東京都出身。西迫毅氏との出会いにより、幼少より好きだった音楽の道に入る。
その後、ジャズに目覚め、ボーカルを沢田靖司氏、岩崎廉氏、ジャズピアノを遠藤征志氏に師事。
2005年よりライブ活動を開始。2010年埼玉新都心ジャズボーカルコンテストで審査員奨励賞を受賞。
http://s.ameblo.jp/hiroconagano/

梅原新さん 梅原 新 Arata Umehara (guitar)
広島県出身。大学在学中はジャズ研に所属。ギタリストとして様々なバンドに参加し、地元のジャズクラブ等に出演。
上京後はジャズセッションライヴ、シンガーのサポート、ホテルやレストランでの演奏活動のほか、作・編曲家として楽曲制作を行う。
2008年アオキマミ(vo)とのアコースティックユニットPinacoteca(ピナコティカ)を結成。
2009年12月、ハピネスレコードよりオリジナルアルバムをリリースする。
2010年、作、編曲したCanonのラジオCM「恋の望遠レンズ」、「恋の広角レンズ」で2010 50th ACC CM Festival ラジオCM部門のベスト音楽賞を受賞。

ライブスケジュール    Top↑

2020.03.11 Wed
ボサノバTrio vo.田坂香良子 gt.長澤紀仁 fl.畠山美津子
田坂 香良子 (vocal)
長澤 紀仁 (guitar)
畠山 美津子 (flute)

2020年3月11日(水) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,500+Tax

p_profile.jpg 田坂 香良子 Kayoko Tasaka (vocal)
京都生まれの京都育ち。
同志社大学卒業。
初舞台(?)は3歳の時の夏祭り。
以後、歌手になる夢を持ち続けるも人生に翻弄され、なぜかブラジル(リオ・デ・ジャネイロ、サンパウロ)へ。
6年間の滞在中にさまざまなブラジル音楽に出会い、魅了され、一念発起!
サンパウロで、女性ボーカリスト、マリア・グラッシーニャにボサノバボーカルを習う。
その後は、ひたすら夢へむかって邁進する。
帰国後、日本在住ブラジル人ミュージシャンであるバスコ・デブリットに師事。
1997年からバスコのライブ等にゲスト出演をし、2000年からはライブ活動を開始。
現在は、都内ラテン系ライブハウス、レストラン、バーなどでライブ活動を行っている。
座右の銘は「一日一生」。
一日が一生だと思って精一杯生きているのだが、爆走しすぎて息切れしてしまうこともあるので注意したいところ。

長澤紀仁さん 長澤 紀仁 Norihito Nagasawa (guitar)
12月11日東京浅草生まれ。ギタープレイヤー、作編曲家。小学生のときに”The Beatles”を愛聴しギターを始める。その後ジャズギターを小泉春雄氏、細野義彦氏らに師事、ジャズ理論を鈴木宏幸氏、佐藤允彦氏らに師事する。大学在学中よりプロギタリストとしての活動を開始する。様々な音楽経歴を経て1980年代半ば頃ブラジル音楽に出会い、そこに自らのメインフィールドを展開する。日本のブラジル音楽界を代表するギタープレイヤーであると同時に、ジャンルの枠にとらわれない幅広い音楽活動をおこなう。2006年、リオデジャネイロにてDurval Ferreiraのプロデュースでブラジルデビュー。これまでに共演してきたミュージシャンは、鈴木重子、中島啓江、noon、葉加瀬太郎、吉田和雄、hiro(ex:Speed)、島田歌穂、岩崎宏美、chie 、渡辺真知子、Lica Cecato、Wilma de Oliveira、西岡たかし、大澤誉志幸、すがはらやすのり、柏木広樹、など。ライヴやコンサート、レコーディングやアレンジに参加。音あそび、 Beat Boys、もにじん などの自己ユニットに参加し、オリジナル曲も発表。
直感性と論理性が同居したギターレッスンも好評開講中。

ライブスケジュール    Top↑

2020.03.12 Thu
楽しいボーカルセッション♪
石黒 直子 (piano)
太田 希 (guitar)

初心者の方も経験者の方も、楽譜をお持ちになり、ぜひお気軽にご参加ください。
ジャズ、ポップス、などなど、ジャンル問わず、経験豊かなピアノ&癒しの7弦ギターとともに、楽しく歌っていただけます♪

★この日限定のお得なお食事&ドリンクセットを1,500円+税でご用意いたします。前日までにご予約ください。
(お食事の内容はおまかせとなります。セットドリンクは800円までのお好きなものをどうぞ。)
※お食事予約なしの方は2オーダー以上をお願い致します。(通常のおすすめセットはお休みとなります)

2020年3月12日(木) open 18:30
start 19:30~
Music Charge ¥2,100+Tax
(お食事&ドリンクセットのご予約なしの方は、+要2オーダー以上)

~プロフィール~
石黒直子さん 石黒 直子 Naoko Ishiguro (piano)
ジャズピアニスト、作曲家 (日本作編曲家協会会員)
11月15日生まれ。東京都出身。3才よりクラッシックピアノを始める。
大学在学中にエレクトーンを沖浩一氏に師事、ポップス音楽への開眼のきっかけとなる。演奏家としての活動を開始。その後、故 八城一夫氏にジャズピアノを師事。ソウルジャズバンド「ソウルドレッシング」を始め、あらたなスタイルでの演奏活動を開始。2000年以降には、得意のジャズテイストと和を融合させ、妖艶かつメロディアスな独自の世界感で曲作りを開始。新人アーティストへの楽曲提供、FM、TBS等でのON AIR によっても多くの人の耳に触れ、これぞ大人が待ち望んでいた音楽!と高い評価を得る。
現在も精力的にライブ活動をこなしながら、作曲家としてますますノっている日々。

太田希さん2_convert_20110123172021 太田 希 Nozomu Ota(guitar)
Swingyな癒しの7弦ギターリスト。その特長を活かしたsoloやduoのような少人数からBig Bandまで、さまざまな編成で、カフェ、バー、レストラン、ラウンジ、パーティー会場、イベントなどで演奏している。PAN SCHOOL OF MUSIC卒。2005年、7弦ギターに転向。2007年、アルバム「Blue Cloud Jazz Orchestra Vol.2」がJazz Life誌に掲載される。2008年、音楽工房Corcovado,Jazz Workshop講師。2010年、自己のユニット「kocooto」の1stCD「Around the World」をリリース。

ライブスケジュール    Top↑

2020.03.13 Fri
GYPSY JAPAN gt.菅原智明 gt.青鹿賢一 gt.田中直也
菅原 智明 (guitar)
青鹿 賢一 (guitar)
田中 直也 (guitar)

2020年3月13日(金) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥3,100+Tax

~プロフィール~
2015年結成、マヌーシュスウィングギタートリオ。
ロックからギターを始めた3人だが、専門学校卒業後に聞いたジャンゴ・ラインハルトに感銘を受けてマヌーシュスウィングを始める。これまでに自分達が影響を受けてきたロック・ラテン・ボサノバ等様々な音楽と、マヌーシュスイングを融合してオリジナリティーを追求している。2016年1stアルバム「Trio」発売。
都内近県のカフェやバー中心に演奏活動を行なっております。
ホームページ
http://www.gypsyjapan.com

download_20180522092220d04.jpg

ライブスケジュール    Top↑

2020.03.14 Sat
あべ由紀子&Chiharu 歌談会
Chiharu (vocal, keyboard)
あべ 由紀子 (vocal)

2020年3月14日(土) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

~プロフィール~
小田ちはるさん Chiharu ちはる (vocal, keyboard)
宮崎県延岡市に生まれる。18歳で小・中学校の教諭を目指し短大進学をきっかけに上京。
卒業後4年間、エステティックサロンへ勤務。24歳で出かけた沖縄で「芭蕉布」という曲にエネルギーを感じ、エステティックサロンを退職。やっと合格した音楽教室では合格後、教室事務のアルバイトをしながら講師の勉強を始める。講師としてレッスンを担当し始めると生徒も増えてきた。ここから講師をはじめとし、バックコーラス、CMコーラス、楽曲提供、仮歌入れ、などの裏方としての実績が重ねられていく。
初めてのライブは生徒に「ライブでの歌い方」を訊かれ教えるために初ライブを行う。このライブはグロリア・エステファンのカヴァー曲中心だった。
ここでライブの面白さを知りアコースティックライブバー「リベルテ」に週に1回の出演が決まる。
この頃から、心身に障害を持つ子供達へのコンサートに参加。
講師としてはテレビ東京オーディション番組「カヴァーしようよ」の講師として番組出演とヴォイストレーニングを行い、これを機に各プロダクション、レコード会社などの講師としての評価を受け依頼がくるようになる。
CDデビューをしてみようかと思ったのは27歳も終わる頃。それは爆風スランプのベーシスト「バーベキュー和佐田氏」との出会いがきっかけだった。この出会いからライブ活動が本格化、楽曲も自分のために書くようになっていった。30歳になった頃からCDを作るために動き始める。
2005年10月15日 5曲入ミニアルバム「子供のころ~時は流れて~」をインディーズレーベルaoyama-recordsよりリリース。この日からアーティスト小田ちはるとしての活動が開始した。発売後すぐに、収録曲「咲かせましょう、愛の花を」が全国のローソン店内音楽として三ヶ月間、使用される。
また2006年2月21日には、マキシシングル「うちへ帰ろう」をコロムビアエンタテイメントよりリリース。
埼玉県朝霞市でコミュニティFM「すまいるエフエム」が開局し、’06年10月より「小田ちはるのパワーオブミュージック」という番組をパーソナリティとして務めることになる。
また、ホテルパシフィック東京「ブルーパシフィック」の出演も定期的な依頼が入るようになっていく。
2007年2月27日に「空高く海青く」をトゥルーサウンドよりリリース。PVも完成し、YouTubeでも観ることができる。発売以降、宮崎の各メディアでの放送やイベント出演等により、さらに地元宮崎との関わりが深くなっていく。同時期に、テレビ神奈川でも毎週月曜日・朝8時より「キッズナビゲーション」で1年間オンエアされていた。
また、近年ではバンドフェスティバルやカラオケ大会のの審査委員も務めるなどコメンテーターとしても好評を得ている。
昨年は歌手・胡桃乃みちるマキシシングルを、初となるCD制作プロデュースを行い、提供曲「優~ゆう」は胡桃乃みちるの新境地を開いたと好評を得ておりプロデューサーとしても活動の幅を広げている。
心身に障害を持つグループとのコンサートは10年目となる。またWFP(世界食料計画)にもに参加し、CDの売り上げ寄付の活動を支援。年何度かのイベントも行われている。こうした社会貢献活動が話題を呼び、病院や施設の慰問ライブ、チャリティライブなど多くの声がかかるようになっている。

ライブスケジュール    Top↑

2020.03.17 Tue
歌姫&ピアノデュオ vo.森田香子 ep.山田メイ ~多彩なジャンルの音楽をお送りします~
森田 香子 (vocal)
山田 メイ (piano)

2020年3月17日(火) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 21:00~
Music Charge ¥2,100+Tax

ボーカル&ピアノのデュオで、ミュージカル、シャンソン、演歌、クラシックなど、幅広いジャンルをお送りします。お楽しみに!

Img0075.jpg 森田 香子 (vocal) Kyoko Morita
桐朋学園芸術短期大学 演劇専攻 卒業。
ミュージカルから現代劇、時代劇まで幅広く出演している。
現在は精力的に歌の活動をジャンル問わず始めている。

shapeimage_1.png 山田 メイ Mei Yamada (piano)
静岡県浜松市出身。
愛知県立芸術大学ピアノ科卒業。青年海外協力隊員として、カリブ海のセントルシアという国で、3年間を過ごす。セントルシア音楽学校常勤ピアノ講師を務める。またセントルシアに滞在中に英国王立音楽院のピアノ演奏ディプロマを取得。
帰国後、ジャズピアニストを志し、上京。
現在、サルサバンドや、ジャズ、ポップス、シャンソン伴奏など、幅広いジャンルで演奏活動中。

ライブスケジュール    Top↑

2020.03.18 Wed
アントニオ(ヴォーカル&ギター) 木川保奈美(パンデイロ)
アントニオ (ヴォーカル&ギター)
木川 保奈美 (パンデイロ)

2020年3月18日(水) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,600+Tax
20200225200035bc2.jpeg

48053067_2244826499093533_5984451840761135104_n.jpg アントニオ (vocal/guitar)
太陽・大地を感じさせる情熱の弾き語り歌手。ポルトガル語で歌うサンバ・ボサノヴァの他、日本語のオリジナル曲やジャズ・シャンソンなど幅広いレパートリーを誇り、一流プレーヤーが多数参加する『アントニオバンド』のリーダーとして、首都圏・京都のライヴハウスで旋風を起こしている。最近は札幌や富山にも遠征し、人気を博している。情熱的で激しいサンバ、哀愁溢れる甘い歌声で涙を誘うスローバラード、卓越したギターテクニックは定評があり、燃える男として幅広いファンに支持されている。2011年から2018年まで8年連続で、サントリーホールブルーローズでの単独公演を敢行、大成功をおさめている

48053494_1479932772109349_5119691455958351872_n.jpg 木川 保奈美 Honami Kikawa (percussion)
1990年7月26日生まれ、千葉県出身。
武蔵野音楽大学卒業。
Bossa Nova,MPB等のブラジル音楽を中心に、ジャズやラテン、ポップス等幅広いジャンルにて演奏を行う。
作曲も手がけ、主に自身がリーダーを務めるインストゥルメンタルバンド"Poison Box"にてオリジナル曲を公開している。
2015年3月、木川保奈美個人名義でオリジナル曲3曲入りの1st mini album"switch!"をリリース。

ライブスケジュール    Top↑

2020.03.19 Thu
PACO de Night ! vo.ちゅうまけいこ ep.尾崎琢也 gt.堀江洋賀
ちゅうま けいこ (vocal)
尾崎 琢也 (piano)
堀江 洋賀 (guitar)

2020年3月19日(木) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,500+tax

download_2017072322525978f.jpg ちゅうま けいこ (vocal)
JAZZに興味を持ち、OLからポーカリストに転身。
2011年 ジャズ、ポップス、邦楽を織り交ぜたCD「Say you love me」をリリース。
ライブにおいてもジャズスタンダードを中心に様々なジャンルの名曲を取り入れながら活動中。

201603241200313d2.jpg 尾崎 琢也 Takuya Ozaki (piano)
京都生まれ。自然科学に親しみ幼少期を過ごし、影響から学者を志すも三度の大学受験に失敗、一時断念。一方で、自然に学び、その合理性と美に魅せられる中で人間や芸術への関心が高まる。旅に遊びに明け暮れる放浪生活の中 24歳の頃ジャズピアニスト・ユキアリマサ氏の音楽に出会い感銘・師事。その後もピアニストとしては亀の歩みだが、継続と共に人生遠回りも素晴らしい糧であると体感し、肩書きや既存の概念に囚われず 人間的で音楽的な自由な表現を目指す。現況はジャズピアノを引っ提げ作曲、編曲、ライヴサポートやCD参加等、首都圏を中心に年間240本以上の演奏活動。周りの素晴らしいプレイヤーやアーティスト達に刺激を受けながら自らの表現を探究する日々。

201702281903285d6.jpg 堀江 洋賀 Hiroyoshi Horie (guitar)
12歳よりロックギターを始める。17歳からジャズに目覚め、色々な大学のジャズ研に通う。同時期、武藤洋氏、中嶋忠俊氏に師事。高校卒業後、都内・千葉を中心に演奏活動を始める。2008年にNYに渡り、セッションに参加。バリー・ハリス氏、ファビオ・モルジェラ氏のレッスンを受ける。

ライブスケジュール    Top↑

2020.03.20 Fri
Vocal & Piano Duo vo.Risa ep.大橋祐子
Risa (vocal)
大橋 祐子 (piano)

2020年3月20日(金・祝) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,600+Tax

image_20190825142956e5b.jpg 67359978_866319397100304_580743934209163264_n.jpg
Risa (vocal)
Jazz、R&B、Soul、Pops、歌謡曲、オリジナル曲と幅広く歌う。
JAZZ DAY新人ジャズボーカルコンテストグランプリ受賞。
NHK神戸「ジャズライブKOBE」、NHK教育テレビ「シャキーン」に出演。サンテレビ「第6回お城まつり」レポーターとして出演。
映画「幸せ展望」(youtube配信)主演。
雑誌「レタスクラブ」、「CDジャーナル」、朝日新聞、神戸新聞に紹介される。
都内ジャズクラブ、ライブハウスにて活動。姫路市キャスパホールワンマンコンサートを成功させる。企業パーティー、クリスマスパーティー、全国各地のイベント等に出演。
ミニアルバム「SMILE」、ファーストアルバム「相生の空」発売。
カラオケDAM「相生の空~故郷の母」配信。
映画「神話の国の子ども達」の挿入歌「WISH~灯したい想い~」「SINK HEART」を歌う。
鹿児島FM「おはらステーション」エンディングテーマ担当(2014年)

photo.png 大橋 祐子 Yuko Ohashi (piano)
8月7日生まれ A型 東京都八王子市出身。
幼少の頃よりクラッシックピアノ、エレクトーンに親しみ学校卒業後よりJAZZに目覚める。
JAZZピアノを稲森康利、寺下誠、小嶋貴文、各氏に師事。2005年New York、2006年Swedenを訪れセッションに参加し、現地の音楽に触れる。
現在、自己のtrioを中心に、多数のセッションやサポートに参加、JAZZ、POPS、FUNK等、ジャンルにとらわれない演奏活動をしている。
2009年10月、CSテレ朝チャンネル「源流JAZZ」に、リーダーを務める女子バンド「4℃」が取り上げられる。
2010年7月21日、リーダーアルバム「PRELUDE TO A KISS」をリリース
2012年3月21日、2ndアルバム「BUENOS AIRES 1952」をリリース
2013年12月25日、3rdアルバム「TWO CHORDS」をリリース

ライブスケジュール    Top↑

2020.03.24 Tue
Meet the Friends fl./vo.千装智子 ep.朝倉由里
千装 智子 (flute/vocal)
朝倉 由里 (piano)

2020年3月24日(火) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 21:00~
Music Charge ¥2,500+Tax

千装智子さん 千装 智子 Tomoko Chigira (flute/vocal)
武蔵野音楽大学器楽科卒業。在学中より同級生らを中心とした変則的室内楽団を結成し、単独公演の他、劇団や映像との共演を重ねる。大学卒業後、即興ダンサーとの共演をきっかけに即興に興味を持つようになり、その頃出会ったジャズミュージシャンにジャズの手ほどきを受け、クラシックのみならずジャズやボサノバ等、ジャンルの幅を広げた演奏活動を展開。現在に至る。
「chigiraのブログ: http://ameblo.jp/chiggram/」

download_201812021853382be.jpg 朝倉 由里 Yuri Asakura (piano)
クラシックピアノを武蔵野音楽大学で学び、ジャズピアノを関根敏行氏、福田重男氏に師事。現在ジャズピアニストとして自己のピアノトリオで、その他ジャズミュージシャンとの共演で都内、横浜、米軍基地などで活動中。またジャズ以外のジャンルでは、ロックバンドSHAZNAのサポート、和楽器系ユニット沙羅漓との共演やレコーディング、作家坂本未明氏とのコラボレーション、脚本演出家是枝正彦氏のオリジナルミュージカルへの楽曲提供、楽士として出演(2004~2010)など。

ライブスケジュール    Top↑

2020.03.25 Wed
The Ant Lion ~アリジゴク~ vo.沖野ゆみ ep.尾崎琢也 ds.宇山満隆
沖野 ゆみ (vocal)
尾崎 琢也 (piano)
宇山 満隆 (drums)

2020年3月25日(水) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,800+Tax

沖野ゆみさん 沖野 ゆみ Yumi Okino (vocal)
東京生まれ。子供の頃より父親の転勤で渡英、ロンドンに14年滞在する。ウエストエンド本場のミュージカルに魅了されロンドン市内にある名門演劇学校"Mountview Theatre School"のオーディションに最年少(16歳)・初の日本人として合格、3年間ミュージカルシアターを学ぶ。イギリスにおいて数々のショーケース、TV、CM出演を経験。2001年冬に日本帰国、ジャズに目覚め翌年春よりジャズヴォーカルを師事し、2002年8月に都内ライブハウスデビューしたヴォーカリスト。現在、都内・横浜を中心にエネルギッシュにライブ活動を展開中。

201603241200313d2.jpg 尾崎 琢也 Takuya Ozaki (piano)
京都生まれ。自然科学に親しみ幼少期を過ごし、影響から学者を志すも三度の大学受験に失敗、一時断念。一方で、自然に学び、その合理性と美に魅せられる中で人間や芸術への関心が高まる。旅に遊びに明け暮れる放浪生活の中 24歳の頃ジャズピアニスト・ユキアリマサ氏の音楽に出会い感銘・師事。その後もピアニストとしては亀の歩みだが、継続と共に人生遠回りも素晴らしい糧であると体感し、肩書きや既存の概念に囚われず 人間的で音楽的な自由な表現を目指す。現況はジャズピアノを引っ提げ作曲、編曲、ライヴサポートやCD参加等、首都圏を中心に年間240本以上の演奏活動。周りの素晴らしいプレイヤーやアーティスト達に刺激を受けながら自らの表現を探究する日々。

201702232014129e7.jpg 宇山 満隆 Mitsutaka Uyama (drums)
1968年5月7日生まれ、鳥取県米子市出身。12歳の頃よりジャズ、フュージョン、ロック系のミュージシャンに影響を受け、19歳で上京。Louis De Andraid氏に師事、プロドラ マーとして音楽活動を始める。バークリー音楽院留学。帰国後、国内で行われる全ての ジャズコンテストで優勝し、オーストラリアのマンリージャズフェスティバルに出演し好評を博す。以後、ライブ、レコーディング、ツアー、テレビ、ラジオ、音楽学校講師、等で活動を続け現在に至る。

ライブスケジュール    Top↑

2020.03.26 Thu
アコーディオンと歌 vo.LiLi acc.南部勇木
LiLi (vocal)
南部 勇木 (accordion, keyboard)

アコーディオンを中心に、エレピも交えながらのシンプルな編成で、
ジャンルにはあまりこだわらず、アコーディオンの音色に合う曲をお届けします。

2020年3月26日(木) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

LiLiさん LiLi りり (vocal)
『音楽の教師であった母の影響から、幼少の頃より音楽の溢れる環境に育つ。
10歳の頃より児童合唱団に所属し、アルト、メゾソプラノといった云わばハモり部隊として練習を重ねる。
学生時代は一時音楽から離れるも、再び歌いたいという気持ちが強くなり、2007年からはジャズコーラスグループに所属。2010年からはソロとしても活動を開始。
ただ「歌が好き」という純粋な理由を大切に歌う姿勢から、ステージやジャンルにもとらわれず、 都内を中心に様々なシーンでライブ活動を行っている。 』

received_457240865038834.jpeg 南部 勇木 Yuki Nambu (accordion, keyboard)
東京都在住のミュージシャン、ピアニストです。
ブラジル音楽、ロック、ポップ、ジャズ、R&Bやヒップホップ、電子音楽、即興、民族音楽など、様々なジャンルに取り組みながら、オリジナルを作曲し、ソロやリーダーバンドで演奏しています。
アコースティックピアノの演奏の他、ベーシストも兼ねた、キーボード/オルガン的スタイルでの演奏や、MPCなどのサンプラーを用いた演奏や楽曲制作も行っています。
両親、家族は仙台でうたごえの店バラライカを営んでいます。
リーダーユニット: four o 'clock(越野振人 小山田和正 他、自由編成) 、flowers(トオイダイスケ 平瀬祐人)、Organ trio(石井信義 平瀬祐人)
参加ユニット/バンド/共演等: Good evening(David Whitaker) 、Jazz klaxon(渡辺智幸 アルバムFirst Klaxonに参加 ※2017 10/8 卒業)、Soory aur Haath(渡部優美 )、Tofu-mental(トーフ)、Isla y mar(菅沼聖隆 渡部優美 トーフ)
田中光(※アルバム Echo Chamberに参加)、Political Sicence(鈴木りゅうた)

ライブスケジュール    Top↑

2020.03.27 Fri
JAZZ trio vo.VINO gt.箕作元総 bs.菊田茂伸
VINO (vocal)
箕作 元総(guitar)
菊田 茂伸 (bass)

2020年3月27日(金) Open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,500+tax

~プロフィール~
VINOさん2 VINO (vocal)
大阪生まれ。上京を機にライブ活動を開始。都内、横浜でSwingを中心としたライブを行っている。2010年に、初のミニアルバム[Time In Blue]を制作。また2012年春、一人芝居[Blue,Blue Birds]を企画公演し、コラボレーションCD[Blue Birds in Blue]を全曲作詞作曲、デザインまで担当して制作。(現在ライブ会場で販売中)アルトボイスBlackFeelingを追い求めている歌手。

箕作元総さん 箕作 元総 Motofusa Kisaku (guitar)
大阪生まれ。家族の強い影響で13歳からギターを始め、15歳からライブハウスで活動を開始。道下和彦氏に師事後に93年渡米。数々のセッションを経験して帰国。帰国後は菅沼孝三(Ds)、マイケル・レイ(P,Vo)カルビン・ジョーンズ(b)と共演。1997年Currentレーベルより、1stアルバム[SongForUnknownGreatPeople]をリリース。現在、大阪音楽学園等で指導をしながら、自身のユニット(トルネードボンバー)や、数々のユニット(船戸カルテット、温泉マーク、Moto&Hide Project,能勢英史Duo)でライブハウス、イベントで演奏活動中。

菊田茂伸さん_convert_20110305132640 菊田 茂伸 Shigenobu Kikuta (bass)
東京生まれ。高校時代にバンド活動を始めエレキベースを弾きはじめる。東京学芸大に進学しジャズ研に在籍、ウッドベースを習得。学生時代からプロ活動を開始、卒業後本格化。
現在都内を中心に年間250本超のライブ・サポート、レコーディングなど中心とした活動を展開。ジャンルはメインのジャズからポップス、民族音楽、うたのおねえさんのファミリーコンサートまで務める。
一方自ら作曲も手がけ、ジャズポップスなど様々なアーティストへの曲・アレンジ提供の他、自己のジャズピアノトリオ「菊田茂伸Trio」を中心にそれら作品を発表。2008年10月には初リーダーアルバム「Under The Sunshine」、2011年12月 にはアルバム「海辺のジョニィ」と2枚のアルバムをリリースさせるほか、2009年から5年連続でMt.Fuji河口湖JazzFestivalに出演。
http://www.musicproz.com/?184

ライブスケジュール    Top↑

2020.03.28 Sat
貸切Party

ライブスケジュール    Top↑

2020.03.31 Tue
貸切Party

ライブスケジュール    Top↑