FC2ブログ
東京のまんなかのちいさなDining & Bar♪麹町駅徒歩5分・半蔵門駅徒歩5分・永田町駅徒歩8分
店のご案内 | お知らせ | 月間スケジュール | ライブスケジュール | 過去のライブ&イベント | クーポン | リンク | イベント開催 | PACOお知らせメール | 
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Twitter
QRコード
携帯サイトはこちらから
QRコード
QRコード読取機能付携帯でアクセス
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Jazz Spot PACO
≪2018.09  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2018.11≫
カテゴリー
プロフィール

ジャズスポットパコ

Author:ジャズスポットパコ
Jazz Spot PACO ジャズスポットパコ
東京・麹町の小さなダイニングバーです。

★Twitterはこちら

★facebookはこちら

♪営業時間♪
ランチタイム 月~金 11:30~14:00 L.O.
夜 火~土 18:30~23:00 L.O.(変更になる場合もあります)
♪定休日♪
日・祝

★Mapionで地図を見る★

★Googleで地図を見る★

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-6-11エクシール平河町102

電話:03-3221-1780

●東京メトロ有楽町線 麹町駅1番出口より徒歩5分
●東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅1番出口より徒歩5分
●東京メトロ半蔵門線・有楽町線・南北線 永田町駅4番出口より徒歩約8分
●JR・東京メトロ丸の内線 四谷駅赤坂口より徒歩約15分

♪メールはこちら♪

皆様のお越しをお待ちしております♪

「 2018年10月 」 の記事一覧
2018.10.02 Tue
Trip to Brasil vo.久保田裕加 gt.菅又-Gonzo-健 per.RINDA☆
久保田 裕加 (vocal)
菅又 -Gonzo- 健 (guitar)
RINDA☆ (percussion)

2018年10月2日(火) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,600+Tax

image_20130420194900.jpg 久保田 裕加 Yuka Kubota (vocal)
横浜生まれ。幼少期をアメリカで過ごす。ストリートカルチャーに影響を受け、ブラックミュージックやストリートダンスに傾倒。都内クラブ・ライブハウスを中心にライブ活動を開始し、その後、ニューヨークに渡りボーカルをJuanita Fleming氏に師事。幅広いジャンルの音楽に触れていく中で、ジャズのメロディやリズム、自由な発想に魅了され、本格的にジャズボーカリストとして活動を始める。現在は都内ジャズクラブ及びレストラン等を中心にライブ活動を行うほか、セッションホスト、TVCM(キリン午後の紅茶等)、多方面で精力的に活躍中。ジャズを難解なものとせず、独自の解釈で自由に歌いこなすスタイルが幅広い層に喜ばれている。

Gonzoさん 菅又 -Gonzo- 健 Ken -ごんぞう- Sugamata (guitar)
1977年 東京都生まれ。
4歳の時、偶然入った幼稚園にてギターと出会い、ギターを始める。エリス・レジーナに度肝を抜かれ、ジョアン・ボスコに打ちのめされブラジル音楽に傾倒。顔に似合わず綺麗な音とダイナミックなグルーヴを身上とし、ガットギターで都内を中心に様々な場所で活動中。クロサワ楽器お茶の水クラシックギター本店、ボサノヴァ講師。
2012年よりカンボジアの子供達に思いっきりギターを弾いてもらうため、ギターを送るプロジェクト「Cambodia Guitar Project」を継続中。
HP:http://gonzoguitarra.wix.com/gonzoguitarra

Rindaさん RINDA☆ りんだ (percussion)
5歳からエレクトーンを始める。エレクトーンの専門学校を卒業後、エレクトーン奏者・講師となる。数年後、友人から借りたマルコスヴァーリのCDに衝撃を受け、ブラジル音楽にそしてパンデイロに魅了される。
エスコーラ・ジ・サンバのバテリアでタンボリンとして参加。
2度の渡伯、2度目の渡伯中にパンデイロを学びパーカッショニストとなる。
BOSSA NOVAやSAMBAのアーティストと数多く共演。
2007年1月発売のザ・フルート別冊19号 ~ はじめよう! ジャズ、ボサノヴァ、ポップス~に「RINDA☆ブラジル音楽のリズムをつかまえよう!」のインタビュー記事掲載。演奏CDにも参加。
2013年10月にインパートメントより、所属する女性4人のボサノバユニット「東京女子BOSSA」の 1st アルバム「東京BOSSA」をリリース。 同アルバムが、Amazonで『ワールド部門』で、堂々の1位を獲得するなど快挙を上げる。
2014年メイン楽器の「パンデイロ」についてのインタビュー記事とパンデイロの演奏動画が気になるアレを大調査ニュース「しらべえ」に掲載される。
同年、東京スカパラダイスオーケストラ25周年オリジナル・アルバム「SKA ME FOREVER」のレコーディングに参加するなど幅広いジャンルで活動。
パンデイロワークショップ「RINDA☆のパンデイロを叩こう!」こどものリトミッククラス「星のリズムリトミック」主宰。
南青山Lunarの「Lunarパンデイロ部」青山スタジオサヴァでの「アンチエイジングストレッチリズム」など勢力的に指導活動も行っている。
スポンサーサイト

過去のライブ&イベント    Top↑

2018.10.03 Wed
JAZZ Duo Live vo./flh.大野圭子&gt.中根一城
大野 圭子 (vocal,flugelhorn)
中根 一城 (guitar)

2018年10月3日(水) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+tax

received_995749220553869.jpeg 大野 圭子 Keiko Ohno (vocal,flugelhorn)
川崎生まれ。横浜育ち。現在の実家は八王子。
中学の吹奏楽部で初めての金管楽器フレンチホルンに触れる。
その後、ブリティッシュスタイルのブラスバンド「こどもの城ユースバンド」にてアルトホーン担当。様々なジャンルの曲を演奏する中で演奏する事からジャズに出会う。
大学入学と共にジャズ研究会に入部。トランペットを始める。
セッションに行くようになり、セッションホストのミュージシャンからボーカルへの転向を勧められる。
その後、ジャズボーカリスト鈴木輪氏に師事。
数年後、都内ライヴハウス等でライヴ活動を開始。
2014年、長年勤めたコーヒーチェーン店を退社し、またフリューゲルホーンを始める。
現在、使用してる楽器は、関内ABsmile 故 樺島オーナーの遺品。

received_2207449589470963.jpeg 中根 一城 Kazushiro Nakane (guitar)
高校生の頃よりギターを始め、ジャズに興味を持ち洗足学園大学ジャズコースに入学。道下和彦氏に師事する。 卒業後は自身のバンドでドリカム主宰のレーベルDCT Recordsよりコンピレーションアルバムを発売。ドリカムワンダーランドの前夜祭ライブとして全国ツアーを行う。 同時に宮之上ジャズギター教室にて宮之上貴昭氏に師事し、現在は同教室の講師を務める。 2012年ジャズユニットwhispers_trioでアルバム「Tones For You」を発売。 2015年ギター教則本「Jazz Guitar Method」を制作。2017年9月に初リーダー作「The Art Of Rolling」をリリース。ライブ活動の他、講師業や音源制作などで活動中。

過去のライブ&イベント    Top↑

2018.10.04 Thu
Vocal & Guitar Duo えとうゆかこ&山口廣和
えとう ゆかこ (vocal)
山口 廣和 (guitar)

2018年10月4日(木) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

etoh_profile用 えとう ゆかこ Yucaco Etoh (vocal)
​東京都出身。都立小石川高校、九州大学芸術工学部卒業。
高校時代は合唱部に所属。その間に声楽のレッスンを1年ほど受ける。
大学2年時にジャズ研のライブに誘われ、ジャズを歌い始める。
2012年よりジャズシンガーの石川早苗氏に師事。
Website URL: https://yukakoeto.wixsite.com/index

山口廣和さん 山口 廣和 Hirokazu Yamaguchi (guitar)
東京都出身。15歳からギターを始める。
高校時代、Joe Passを聴いたのをきっかけにジャズに傾倒し、独学で学び始める。
大学在学中よりプロ活動を開始。
卒業後ジャズを中心に各地で演奏活動を行う。
2011年単身渡米。ニューヨークにて武者修行。
帰国後、クラシック奏者に師事し奏法を改善。それにより活動が幅広いジャンルに広がる。
現在、小手先でない本当のアコースティックなサウンドを持つコンテンポラリー系ギタリストとして、首都圏を中心に活動中。

過去のライブ&イベント    Top↑

2018.10.05 Fri
Vocal & Piano Duo RINKO & 平賀篤
RINKO (vocal)
平賀 篤 (piano)

2018年10月5日(金) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

中村倫子さん RINKO りんこ (vocal)
幼少時より歌やダンスが好きで、オルガン教室では「テーマと変奏」に心惹かれる。大学生の時にエラ・フィッツジェラルドを聴いてジャズボーカルに憧れ、ボイストレーニングを開始。また、ジャズボーカルをCharito氏に師事。ギターとのデュオやバンドでライブ活動を行っており、さらに活躍の場を広げている。

平賀 篤 (piano)
神奈川県川崎市出身。
5才よりクラッシックピアノを始め、高校時代にデヴィット・フォスター、ビル・エバンス、ラッセル・フェランテ、
ミッシェル・ペトルチアーニなどのミュージシャンに影響を受け、ポップス、ジャズ、フュージョンの虜になる。
成蹊大学では、MJG(モダン・ジャズ・グループ)に入部。セッションをくりかえしながら、ジャズの魅力にとりつかれる。
その後、イギリスのジャズグループや日野元彦(Dr)、多数のバンドに、セッション参加。
なかには世界的ベーシスト、マーカス・ミラーとのセッションも実現。
現在、都内近郊のジャズクラブ、ライブハウスにに出演中。
94年、リズムエコーズ社より、ジャズピアノ・アドリブ教則本を出版。
98年、仙台七夕祭り 音楽部門 優秀賞 音楽部門 優秀賞
98年、オカリナ奏者"寿和"のツアーに参加。
99年、 DoVideo より、ジャズピアノ・レッスンビデオを出版。
00年、 レーベルより遠野 篤史としてCD"Sincerely" をリリース。
01年、韓国でもデビューを果して話題に。
03年、CD "Sincerely"がコンピレーションCD10人のピアニストに選ばれる。
6月オーチャードホールでのライブに出演。
05年12月、"10人のピアニスト2"リリース。
06年6月サントリーホールでのコンサートライブに出演。
その他、CDの制作、アレンジを手掛け、
サポート、スタジオワークなどをこなす日々。
現在、渋谷、銀座のYamahaにてJazzPiano、ポピュラーピアノ、キーボード科講師をつとめる。

過去のライブ&イベント    Top↑

2018.10.06 Sat
JAZZ TRIO ep.尾崎琢也 as.南雲麻美 per.藤橋万記
尾崎 琢也 (piano)
南雲 麻美 (a.sax)
藤橋 万記 (percussion)

2018年10月6日(土) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,500+tax

IMG_9159.jpg

201603241200313d2.jpg 尾崎 琢也 Takuya Ozaki (piano)
京都生まれ。自然科学に親しみ幼少期を過ごし、影響から学者を志すも三度の大学受験に失敗、一時断念。一方で、自然に学び、その合理性と美に魅せられる中で人間や芸術への関心が高まる。旅に遊びに明け暮れる放浪生活の中 24歳の頃ジャズピアニスト・ユキアリマサ氏の音楽に出会い感銘・師事。その後もピアニストとしては亀の歩みだが、継続と共に人生遠回りも素晴らしい糧であると体感し、肩書きや既存の概念に囚われず 人間的で音楽的な自由な表現を目指す。現況はジャズピアノを引っ提げ作曲、編曲、ライヴサポートやCD参加等、首都圏を中心に年間240本以上の演奏活動。周りの素晴らしいプレイヤーやアーティスト達に刺激を受けながら自らの表現を探究する日々。

b7d537929632002bf3a79dbb1a8f0ca3_3cfc7573f5a5e45947b39aa3f91cacee.jpg 南雲 麻美 Asami Nagumo (sax)
京都生まれ、富山で育つ。中学生からサックスを始める。東京音楽大学サックス科で吹奏楽や室内楽等のクラッシックを学び、卒業後の数年クラッシックで活動の後、ジャズに転向。ジャズサックスを多田誠司、大森明の両氏に師事。
2017年12月、多田誠司氏プロデュースでファーストアルバム〝Get Happy!!〟をリリース。
現在は、都内近郊のジャスクラブを中心にライブ活動を行っている。

image1_201809151304086df.jpeg 藤橋 万記 Maki Fujihashi (percussion)
横浜生まれ、千葉育ちのパーカッショニスト。5才からピアノ、10才から打楽器をはじめる。
オーケストラのプレイヤーになることを目指し没頭していた10代だが、ラテン打楽器の温もりある音色に興味を持ちはじめ、2001年に初めてキューバへ。明るく賑やかな中にも哀愁のあるラテン音楽に魅了され、その後、キューバ渡航は9度にわたる。
打楽器を百瀬和紀、白石啓太の両氏に、ラテン音楽をキューバ国内外で活躍中の Yaroldy Abreu、Jose Espinosa、Tata Guines Jr.、Mauricio Gutierrez の各氏に師事。
2004年、キューバにてCD制作。
2008年より、「スマイルコンサート」を千葉県成東文化会館にて主宰。
2014年より、館山市城山ジャズフェスティバル連続出場。
2015年、ラテンジャズユニット「conviano」1stアルバムを一期一会レーベルよりリリース。
年間のライブ本数は250本を超え、至近距離でのパーカッションのライブを展開、ライフワークになっている。ラテンに限らずジャズ、ブラジリアン、シャンソンなどのサポートも多く、参加CDも多数。教育機関での公演や、職員対象の講習会なども好評を博す。
「歌心あるハッピーサウンド」がモットー。
http://maki-nikki.at.webry.info/

過去のライブ&イベント    Top↑

2018.10.09 Tue
Vocal & Piano Duo リチャード藤田&寺島優樹
リチャード 藤田 (vocal)
寺島 優樹 (piano)

2018年10月9日(火) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+tax
download_201809291538126fc.jpg

201806201320174fa.jpg リチャード 藤田 Richard Fujita (vocal)
栃木県宇都宮市出身。誕生日10月20日。
学生時代よりジャズ・洋楽に親しむ。福島ミサト氏主宰の「ジャズを歌う会」に入り、歌う楽しさに目覚める。
主にジャズスタンダードナンバーを中心に、ラテン、ポップスも歌っている。
好きなアーティストは、ナットキングコール、フランクシナトラ、マイケル・ブーブレ、エンゲルベルト・フンパーディンク等。
2018年3月に横浜「キングスバー」で初ソロライブを実施、主に六本木「サテンドール」に出演中。
2018年5月に平塚ジャズフェスティバルに出演。

寺島 優樹 (piano)
霧生トシ子、守屋純子、Joanne Brackeen、各氏に師事。尚美学園大学Jazz&Pops科卒。2006年 NY短期留学。2008年 浅草JazzコンテストSolo部門グランプリ受賞。ピアノとオルガンで活動中。
2013年 11月 初リーダーアルバム"TERAGINAL"発売。
好きなプレイヤー BARRY HARRIS、BENNY GREEN、RED GARLAND etc

過去のライブ&イベント    Top↑

2018.10.10 Wed
上長根明子の「今日は鍵ハモしか弾きませんのDay」 with gt.堀江洋賀
上長根 明子 (鍵盤ハーモニカ)
堀江 洋賀 (guitar)

2018年10月10日(水) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

09bf81d0478d20297298ae86e2d1fa7d-150x150.jpg 上長根 明子 (piano)
楽しくやわらかく、笑顔がこぼれる演奏がモットー。とにかく優しくて、あったかくて、ご機嫌。そんな音楽を愛してます。 国立音楽院にてジャズピアノを今田勝氏、トム・ピアソン氏に師事。 都内を中心に、ライブやレコーディングなどで活動中。iTunes・Amazonでも配信中。 女声合唱団ChorJuneで歌っていたりもします♪

201702281903285d6.jpg 堀江 洋賀 Hiroyoshi Horie (guitar)
12歳よりロックギターを始める。17歳からジャズに目覚め、色々な大学のジャズ研に通う。同時期、武藤洋氏、中嶋忠俊氏に師事。高校卒業後、都内・千葉を中心に演奏活動を始める。2008年にNYに渡り、セッションに参加。バリー・ハリス氏、ファビオ・モルジェラ氏のレッスンを受ける。

過去のライブ&イベント    Top↑

2018.10.11 Thu
うめちゃんと私 vo.永野寛子 & gt.梅原新
永野 寛子 (vocal)
梅原 新 (guitar)

ポップスやジャズ、オリジナルソングなど、ボーカルとギターのデュオでお送りします!

2018年10月11日(木) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

永野寛子さん 永野 寛子 Hiroko Nagano (vocal)
東京都出身。西迫毅氏との出会いにより、幼少より好きだった音楽の道に入る。
その後、ジャズに目覚め、ボーカルを沢田靖司氏、岩崎廉氏、ジャズピアノを遠藤征志氏に師事。
2005年よりライブ活動を開始。2010年埼玉新都心ジャズボーカルコンテストで審査員奨励賞を受賞。
http://s.ameblo.jp/hiroconagano/

梅原新さん 梅原 新 Arata Umehara (guitar)
広島県出身。大学在学中はジャズ研に所属。ギタリストとして様々なバンドに参加し、地元のジャズクラブ等に出演。
上京後はジャズセッションライヴ、シンガーのサポート、ホテルやレストランでの演奏活動のほか、作・編曲家として楽曲制作を行う。
2008年アオキマミ(vo)とのアコースティックユニットPinacoteca(ピナコティカ)を結成。
2009年12月、ハピネスレコードよりオリジナルアルバムをリリースする。
2010年、作、編曲したCanonのラジオCM「恋の望遠レンズ」、「恋の広角レンズ」で2010 50th ACC CM Festival ラジオCM部門のベスト音楽賞を受賞。

過去のライブ&イベント    Top↑

2018.10.12 Fri
Vocal & Guitar Duo ★くろすけ★ナイト 黒川和美&鈴木大輔
黒川 和美 (vocal)
鈴木 大輔 (guitar)

Jazz Bossa Pops オリジナルなど、女性ボーカルと男性ギターで心地よい夜をお届けします。

2018年10月12日(金) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

Kazumi+Kurokawa_convert_20160621095556.jpg 黒川 和美 Kazumi Kurokawa (vocal)
子供のころから洋楽・英語・ピアノに親しみ、サラヴォーンのCDを聴いてJAZZに魅せられる。 イギリス留学・外資系会社勤務を経て 自らも歌いはじめる。 Swingと言葉をたいせつに、心に響く歌を歌うことを信条にしている。 2014年6月 John Di Martino とのDuo による1st アルバム 【Life is Beautiful】 をリリース。Amazon. Diskunion.Tower Record等全国主要CD ショップ の他、 US.ドイツ.ロシア海外ネットショップでも好評発売中。
オフィシャルウェブサイト>>> http://www.beautiful-harmony.com/

鈴木大輔さん 鈴木 大輔 Daisuke Suzuki (guitar)
都内近郊を中心に活躍するジャズギタリスト。JAZZ LATIN FUNKなど様々な要素を取り入れオルガントリオ「メガネーズ」のリーダーとしての活動の他、多数のミュージシャンとの共演するなど様々なジャズシーンで活動している。クールなプレイスタイルから湧き出る音色は美しくとてもアーティスティックで感動を与えている。
オフィシャルブログ>>>http://ameblo.jp/suutaro-no07/

過去のライブ&イベント    Top↑

2018.10.13 Sat
多功グループ Jazz Live
多功 誠 (guitar)
入船 裕次 (bass)
坂本 貴啓 (percussion)
& Special Guest 尾崎 琢也

2018年10月13日(土) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,500+tax

IMG_9119.jpg

IMG_9105.jpg

多功誠 多功 誠 Makoto Takoh (guitar)
1982年生まれ。15歳でギターを始め、18歳でJAZZに傾倒。マックミュージックスクールJAZZギター科卒業。同年、六本木Mistyにて、プロデビュー。その後、橋爪亮督(ts)氏に、イヤートレーニング、作曲を師事。市野元彦氏にコンテンポラリージャズギターを学ぶ。現在ドルフィンギタースクールの講師として、教育、演奏活動を続ける。

入船裕次さん 入船 裕次 Yuji Irifune (bass)
コントラバスを弾いております。ジャズです。横浜、都内、埼玉などで活動中。好きなミュージシャンはサックス奏者のアート・ペッパー。自身が参加するバンド[whispers_trio]から2012年5月に「Tones For You」をリリース。

201603241200313d2.jpg 尾崎 琢也 Takuya Ozaki (piano)
京都生まれ。自然科学に親しみ幼少期を過ごし、影響から学者を志すも三度の大学受験に失敗、一時断念。一方で、自然に学び、その合理性と美に魅せられる中で人間や芸術への関心が高まる。旅に遊びに明け暮れる放浪生活の中 24歳の頃ジャズピアニスト・ユキアリマサ氏の音楽に出会い感銘・師事。その後もピアニストとしては亀の歩みだが、継続と共に人生遠回りも素晴らしい糧であると体感し、肩書きや既存の概念に囚われず 人間的で音楽的な自由な表現を目指す。現況はジャズピアノを引っ提げ作曲、編曲、ライヴサポートやCD参加等、首都圏を中心に年間240本以上の演奏活動。周りの素晴らしいプレイヤーやアーティスト達に刺激を受けながら自らの表現を探究する日々。

過去のライブ&イベント    Top↑

2018.10.16 Tue
Vocal & Piano Duo 彗莉&大橋祐子
彗莉 (vocal)
大橋 祐子 (piano)

ヴォーカル(ヴォイス)とピアノで奏でるオリジナル世界・・・

2018年10月16日(火) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥1,800+Tax

_20180924_135730.jpg

彗莉さん 彗莉 Eri (vocal)
兵庫県姫路市出身。
6歳からピアノを習う。
人前で何かを表現したいと思い社会人になってからヴォーカルを始める。越智順子氏(故人)に師事。次第にジャズの即興の世界に引き込まれていく。
地元を中心に、各地のセッションやライブ活動にて様々なミュージシャンやダンサーと交流を図りながら研鑽する他、ニューヨークでKarrin Allyson氏によるワークショップに参加するなど国内外のミュージシャンよりレクチャーを受ける。柔らかさの中に力強さを感じる包み込むようなヴォイスで、独自の世界を表現している。現在は都内を中心に活動中。
http://profile.ameba.jp/e4r4i4/
http://ameblo.jp/e4r4i4/

photo.png 大橋 祐子 Yuko Ohashi (piano)
8月7日生まれ A型 東京都八王子市出身。
幼少の頃よりクラッシックピアノ、エレクトーンに親しみ学校卒業後よりJAZZに目覚める。
JAZZピアノを稲森康利、寺下誠、小嶋貴文、各氏に師事。2005年New York、2006年Swedenを訪れセッションに参加し、現地の音楽に触れる。
現在、自己のtrioを中心に、多数のセッションやサポートに参加、JAZZ、POPS、FUNK等、ジャンルにとらわれない演奏活動をしている。
2009年10月、CSテレ朝チャンネル「源流JAZZ」に、リーダーを務める女子バンド「4℃」が取り上げられる。
2010年7月21日、リーダーアルバム「PRELUDE TO A KISS」をリリース
2012年3月21日、2ndアルバム「BUENOS AIRES 1952」をリリース
2013年12月25日、3rdアルバム「TWO CHORDS」をリリース

過去のライブ&イベント    Top↑

2018.10.17 Wed
Vocal & Piano Duo 畑路子 & 嶋津健一
畑 路子 (vocal)
嶋津 健一 (piano)

2018年10月17日(水) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

畑路子さん_convert_20140203082802 畑 路子 Michiko Hata (vocal)
静岡県伊東市生まれ。小さい頃から「歌うこと」が好きでした。高校時代、ビートルズよりはフォークソングに夢中。PP&Mのコピーバンドを組んでいました。ジャズ・スタンダード・ソングに目覚めたのは40才半ば過ぎ。夢中になってしまったのは、「ライヴだから」に尽きます。2002年の初ライヴをきっかけに、自身で企画し歌い始めました。2003年ジャパン・ジャズ・ヴォーカル・ジャンボリーの新人オーディションに合格、マーサ三宅氏、笈田敏夫氏ら諸先輩と同じステージに立つ。2007年7月 1st CD "Skylark - on your wings" をリリース。

嶋津 健一 Kenichi Shimazu (piano)
東京大学工学部、マンハッタン音楽院ジャズ科卒、1985〜1995ニューヨーク在住。グローリアリン(vo)、ジミースコット(vo)のレギュラーピアニスト兼音楽監督として活動。
上記二人の他スコットハミルトン、ルードナルドソン、サリナジョーンズ等とアメリカ、ヨーロッパ、日本ツアー多数。
リーダーアルバムを8枚リリース。またダンス、書道、能など他ジャンルとのコラボも多数ある。
また初心者から上級者まで幅の広い層を対象とした独自のメソッド(コードとスケール理論)による、わかりやすいジャズピアノレッスン教師としても、評価が高い。武蔵小杉に個人スタジオ所有。

過去のライブ&イベント    Top↑

2018.10.18 Thu
バラード・ナイト ハモンドオルガン浅野仁 & fl.菅原瑞夫
浅野 仁 (ハモンドオルガン)
菅原 瑞夫 (flute)

2018年10月18日(木) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,300+Tax

過去のライブ&イベント    Top↑

2018.10.19 Fri
静かにジャズナイト vo.岩田京子 & gt.太田希
岩田 京子(vocal)
太田 希 (guitar)

やわらかな歌声と7弦ギターのアコースティックなサウンドで、ジャズのスタンダードをお届けします。
心地よいα波の浜辺へと、いざなわれるひととき。

2018年10月19日(金) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

岩田京子さん 岩田 京子 (vocal)
東京都出身。水瓶座。
学生時代より音楽活動をはじめ、クラシックコーラスやビッグバンド、アンサンブルなどを経て、ヴォーカリストとして、ジャズのみならず日本の唄にも挑戦するなどジャンルを超えて活動中。

太田希さん2_convert_20110123172021 太田 希(guitar)
Swingyな癒しの7弦ギターリスト。その特長を活かしたsoloやduoのような少人数からBig Bandまで、さまざまな編成で、カフェ、バー、レストラン、ラウンジ、パーティー会場、イベントなどで演奏している。PAN SCHOOL OF MUSIC卒。2005年、7弦ギターに転向。2007年、アルバム「Blue Cloud Jazz Orchestra Vol.2」がJazz Life誌に掲載される。2008年、音楽工房Corcovado,Jazz Workshop講師。2010年、自己のユニット「kocooto」の1stCD「Around the World」をリリース。

過去のライブ&イベント    Top↑

2018.10.20 Sat
沖野ゆみJazz Live! with gt.寺屋ナオ
沖野 ゆみ (vocal)
寺屋 ナオ (guitar)

2018年10月20日(土) open 18:00
1st stage 19:00~
2nd stage 20:00~
3rd stage 21:00~
Music Charge¥2,600+Tax

沖野ゆみさん 沖野 ゆみ Yumi Okino (vocal)
東京生まれ。子供の頃より父親の転勤で渡英、ロンドンに14年滞在する。ウエストエンド本場のミュージカルに魅了されロンドン市内にある名門演劇学校"Mountview Theatre School"のオーディションに最年少(16歳)・初の日本人として合格、3年間ミュージカルシアターを学ぶ。イギリスにおいて数々のショーケース、TV、CM出演を経験。2001年冬に日本帰国、ジャズに目覚め翌年春よりジャズヴォーカルを師事し、2002年8月に都内ライブハウスデビューしたヴォーカリスト。現在、都内・横浜を中心にエネルギッシュにライブ活動を展開中。

teraya_convert_20100915190750.jpg 寺屋 ナオ Nao Teraya (guitar)
1979年7月1日生まれ。8才でクラシックギターを始め、12才でジャズに出会う。高校に入り本格的に音楽に入れ込み始め、フュージョンバンド等でライブ活動を始める。高校時代は布川俊樹氏に師事。高校卒業後、洗足学園短期大学ジャズコースに入学。洗足学園入学後は道下和彦氏に師事。在学中はNHK教育「ジャズの掟」に生徒役で出演。洗足学園卒業後、2000年のギブソンジャズギターコンテスト最優秀賞。2003年、1stアルバム"T.G.I.F.(thank god it's Friday)"を発売。2004年から歌手石黒ケイのバックバンドのバンドマスターを勤める。復帰アルバムにも演奏とアレンジで参加。2006年、2ndアルバム"Night music for you"を発売。同年、阿佐ヶ谷ジャズストリートにて山下洋輔と久々の共演。2010年4月、最新アルバム"Three"を発売。過去の共演ミュージシャンは、山下洋輔、向井滋春、中村誠一、道下和彦、布川俊樹、増崎孝司(Demension)、大井貴司、村田陽一、古野光昭、つづらのあつし、大坂昌彦、田中邦和、香取良彦、水谷浩章、Juan Galiardo等多数にのぼる。(順不同敬称略)尚美ミュージックカレッジ専門学校ポップスコンテンポラリー科非常勤講師、ヤマノミュージックサロン池袋講師、ルーツ音楽院講師。

過去のライブ&イベント    Top↑

2018.10.23 Tue
PACO de Night !with ちゅうまけいこ
ちゅうま けいこ (vocal)
尾崎 琢也 (piano)
堀江 洋賀 (guitar)

2018年10月23日(火) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,500+tax

download2_201810041444506ea.jpg

download_2017072322525978f.jpg ちゅうま けいこ (vocal)
JAZZに興味を持ち、OLからポーカリストに転身。
2011年 ジャズ、ポップス、邦楽を織り交ぜたCD「Say you love me」をリリース。
ライブにおいてもジャズスタンダードを中心に様々なジャンルの名曲を取り入れながら活動中。

201603241200313d2.jpg 尾崎 琢也 Takuya Ozaki (piano)
京都生まれ。自然科学に親しみ幼少期を過ごし、影響から学者を志すも三度の大学受験に失敗、一時断念。一方で、自然に学び、その合理性と美に魅せられる中で人間や芸術への関心が高まる。旅に遊びに明け暮れる放浪生活の中 24歳の頃ジャズピアニスト・ユキアリマサ氏の音楽に出会い感銘・師事。その後もピアニストとしては亀の歩みだが、継続と共に人生遠回りも素晴らしい糧であると体感し、肩書きや既存の概念に囚われず 人間的で音楽的な自由な表現を目指す。現況はジャズピアノを引っ提げ作曲、編曲、ライヴサポートやCD参加等、首都圏を中心に年間240本以上の演奏活動。周りの素晴らしいプレイヤーやアーティスト達に刺激を受けながら自らの表現を探究する日々。

201702281903285d6.jpg 堀江 洋賀 Hiroyoshi Horie (guitar)
12歳よりロックギターを始める。17歳からジャズに目覚め、色々な大学のジャズ研に通う。同時期、武藤洋氏、中嶋忠俊氏に師事。高校卒業後、都内・千葉を中心に演奏活動を始める。2008年にNYに渡り、セッションに参加。バリー・ハリス氏、ファビオ・モルジェラ氏のレッスンを受ける。

過去のライブ&イベント    Top↑

2018.10.24 Wed
歌姫&ピアノ デュオ vo.森田香子 & ep.山田メイ ~多彩なジャンルの音楽をお送りします~
森田 香子 (vocal)
山田 メイ (piano)

2018年10月24日(水) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 21:00~
Music Charge ¥2,100+Tax

ボーカル&ピアノのデュオで、ミュージカル、シャンソン、演歌、クラシックなど、幅広いジャンルをお送りします。お楽しみに!

Img0075.jpg 森田 香子 (vocal) Kyoko Morita
桐朋学園芸術短期大学 演劇専攻 卒業。
ミュージカルから現代劇、時代劇まで幅広く出演している。
現在は精力的に歌の活動をジャンル問わず始めている。

shapeimage_1.png 山田 メイ Mei Yamada (piano)
静岡県浜松市出身。
愛知県立芸術大学ピアノ科卒業。青年海外協力隊員として、カリブ海のセントルシアという国で、3年間を過ごす。セントルシア音楽学校常勤ピアノ講師を務める。またセントルシアに滞在中に英国王立音楽院のピアノ演奏ディプロマを取得。
帰国後、ジャズピアニストを志し、上京。
現在、サルサバンドや、ジャズ、ポップス、シャンソン伴奏など、幅広いジャンルで演奏活動中。

過去のライブ&イベント    Top↑

2018.10.25 Thu
Vocal & Guitar Duo 那王美&鈴木直人
那王美 (vocal)
鈴木 直人 (guitar)

2018年10月25日(木) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

~プロフィール~
那王美さん 那王美 Naomi (vocal)
5月7日生まれ。愛知県名古屋市出身。幼少より、歌謡曲、ポップス、オールディーズなど幅広いジャンルをライブハウスやホテル等で歌い始める。Jazzや洋楽好きの父親に影響を受け、中学生の頃から特にブラックミュージックに傾倒するようになる。
地元の名古屋をはじめ、東京でも数々のコンテストを受賞。
歌うことと同時に、もの造りにも強い関心をもち、美術大学に入学。
大学在学中は、絵を描いたり作品づくりに没頭し、歌からは離れているものの
様々な音楽を聴いて自分なりの表現方法を探す毎日。
卒業後、歌うことを再び始めるため、ジャズのライブハウスでアルバイトをしながら
自分自身もヴォーカリストとして活動を始める。
現在は主に都内のジャズ系ライブハウスやバーで歌をお届け中♪

鈴木直人さん 鈴木 直人 Naoto Suzuki (guitar)
2004年 Gibson Jazz Guitar Contest優勝。
2010年 Jazz Session on You Tube 2009-10にて最優秀ギタリスト賞受賞。
ジャズ情報サイトJazz Pageの人気投票ギター部門で2012年第一位、2013年第二位。
2014年 Diners Club Social Jazz Session 2013-14にて優秀者に選ばれブルーノート東京でリーリトナー氏と共演。
リーリトナー氏の選考により最優秀者賞受賞。
同年Lee Ritenour's Six String Theory World Competiton のJazz/Fusion Guitarist部門にて世界第4位獲得。
徳田雄一郎RALYZZ DIGのギタリストとして全国や海外のジャズフェスティバルに多数出演。
これまでにマレーシア、中国、カナダ、インドで演奏。
田中公平氏、岩男潤子等のサポートでフランス、イタリア、香港、台湾で演奏。
「SOFFet」「mihimaru GT」「HALCALI」「倉木麻衣」「高杉さと美」「超新星」「「カノン」「jamosa」「May-J」「ベッキー♪♯」「タッキー&翼」「BENI」「YA-KYIM」「石井竜也」等J-popアーティストのレコーディングやライブサポートに参加。

過去のライブ&イベント    Top↑

2018.10.26 Fri
癒しのまやワールドへおこしやす vo.ふるみまや & gt.笈沼健司
ふるみ まや (vocal)
笈沼 健司 (guitar)

2018年10月26日(金) open 18:00
1st stage 19:00~
2nd stage 20:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

~プロフィール~
ふるみまやさん ふるみ まや Maya Furumi (vocal)
米国で世界的歌手ケヴィン・レトー氏より「ミックス・ボイス理論」の指導を受け帰国後、3年間ユニットで活動後、ソロ活動へ。3枚のアルバムを発売し、年間150本のペースで精力的にライブ活動中。「天使の声」と言われる透き通る歌声。渡米以前に下条アトムさんのラジオ番組(文化放送)でレギュラー出演をしている。
▶2007年5月22日、本間敏之氏(虎舞竜)全プロデュースで、Full Album ‘Strings’を発売。
▶2009年5月2日、八島純一(Hound Dog)トリビュートアルバム`Daddy’s Work’ 2曲参加。
▶2009年7月24日、本間敏之氏(虎舞竜)全プロデュースで、2nd. Album ‘Celestial Note’を発売。

過去のライブ&イベント    Top↑

2018.10.27 Sat
The Armadillo
尾崎 琢也 (piano)
堀江 洋賀 (guitar)
宇山 満隆 (percussion)

2018年10月27日(土) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,500+Tax

download_201810041444473d0.jpg

download_201706251801416a3.jpg
《Armadillo》
【哺乳網被甲目の現生する動物 8属20種の総称。
強固な爪と不完全な歯を持ち 鱗状の硬い甲に被われた独特の容姿で 一目でそれとわかる。
丸まり保身するイメージで有名だが、実際に完全な球体になるのはミツオビアルマジロ属の2種のみ。】

または

【日本。東京を中心に活動するjazz unit。
個々は際立った技術持ちではないものの、個性的な3人のバランスから独特の世界観を感じさせるちょっと異色なトリオ。
先入観や押し付けがましさをも排除して、聴く人の心のなかで自由になる表現を目指している説が有力だが、
それを言う事が先入観に繋がる説もある。
その瞬間の感性や不完全さも含めて人間らしい表現として取り入れ、即興演奏を根底とし
型にハマらず幅広く音楽をしているピアノ・ギター・ドラムからなるトリオ。
カッコつけず【つかず】自然体で親近感を感じられる身近なトリオ。】
他。
The Armadilloファンサイトより抜粋

201603241200313d2.jpg 尾崎 琢也 Takuya Ozaki (piano)
京都生まれ。自然科学に親しみ幼少期を過ごし、影響から学者を志すも三度の大学受験に失敗、一時断念。一方で、自然に学び、その合理性と美に魅せられる中で人間や芸術への関心が高まる。旅に遊びに明け暮れる放浪生活の中 24歳の頃ジャズピアニスト・ユキアリマサ氏の音楽に出会い感銘・師事。その後もピアニストとしては亀の歩みだが、継続と共に人生遠回りも素晴らしい糧であると体感し、肩書きや既存の概念に囚われず 人間的で音楽的な自由な表現を目指す。現況はジャズピアノを引っ提げ作曲、編曲、ライヴサポートやCD参加等、首都圏を中心に年間240本以上の演奏活動。周りの素晴らしいプレイヤーやアーティスト達に刺激を受けながら自らの表現を探究する日々。

201702281903285d6.jpg 堀江 洋賀 Hiroyoshi Horie (guitar)
12歳よりロックギターを始める。17歳からジャズに目覚め、色々な大学のジャズ研に通う。同時期、武藤洋氏、中嶋忠俊氏に師事。高校卒業後、都内・千葉を中心に演奏活動を始める。2008年にNYに渡り、セッションに参加。バリー・ハリス氏、ファビオ・モルジェラ氏のレッスンを受ける。

201702232014129e7.jpg 宇山 満隆 Mitsutaka Uyama (drums)
1968年5月7日生まれ、鳥取県米子市出身。12歳の頃よりジャズ、フュージョン、ロック系のミュージシャンに影響を受け、19歳で上京。Louis De Andraid氏に師事、プロドラ マーとして音楽活動を始める。バークリー音楽院留学。帰国後、国内で行われる全ての ジャズコンテストで優勝し、オーストラリアのマンリージャズフェスティバルに出演し好評を博す。以後、ライブ、レコーディング、ツアー、テレビ、ラジオ、音楽学校講師、等で活動を続け現在に至る。

過去のライブ&イベント    Top↑

2018.10.30 Tue
Vocal & Guitar Duo 向井伸子 & 小畑和彦
向井 伸子 (vocal)
小畑 和彦 (guitar)

2018年10月30日(火) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 21:00~
Music Charge ¥2,100+Tax

小島伸子さん2 向井 伸子 Nobuko Mukai (vocal)
横浜市出身。
大学時代は聖歌隊で賛美歌をうたう。
その後会社員となるが、あるとき兄から大量のJazz名盤を譲りうけ感銘し、Jazz Vocalistの勉強をはじめる。
2008年 東京の老舗店のヴォーカルオーディションでの優勝をきっかけに、都内・横浜でライブ活動開始。
2011年 神戸ジャズヴォーカルクイーンコンテスト本選出場。
同年自身の初CDリリース。
出産育児でしばらく活動休止していたが、徐々に再開。
2017年5月、6年ぶりに出場した『神戸新開地ジャズヴォーカルクイーンコンテスト』で準グランプリ獲得。
昼間は医療機関で働き、子育てに追われながらも一流歌手を目指し日々奮闘中!
伸びやかな歌声と熱いステージングが持ち味のヴォーカリスト。

download_201708201437515b6.jpg 小畑 和彦 Kazuhiko Obata (guitar)
福岡県出身。81'上京後都内ライブハウスを中心に活動。
Joyce、Toninho Horta、小野リサなど多くのアーティストと共演や録音を行なっている。
現在 Pan Cake 、Fonte、Tierra Cuatro、Quatro Coresなどのバンドやソロ活動中。
4枚のリーダーアルバム、教則DVDをリリースしている。

小畑和彦公式ウエブサイトhttp://www.geocities.jp/obata_335/

過去のライブ&イベント    Top↑

2018.10.31 Wed
小泉清人 & 清水翠 Duo Live
小泉 清人 (guitar)
清水 翠 (vocal)

2018年10月31日(水) open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+tax

~プロフィール~
小泉清人さん2 小泉 清人 Kiyohito Koizumi (guitar)
東京都杉並区生まれ。中学でフォークギターを始め、高校でボサノバギターを始め、大学のときウェス・モンゴメリーの音楽に出会いジャズギターを始めると同時に、ジャズベースを始める。紆余曲折の後、ピアニスト菅野邦彦に音楽性を認められてプロに転向。10年余り菅野グループのレギュラーベーシスト/ギタリストを務めたのち、ギターに専念することを決意。
現在、ジャズギタリスト/ボサノバギタリストとして、ライブ演奏を中心に活動。ガットギターを得意とし、音色の美しさと滑らかなコードワークには定評がある。
一方でレッスン活動や執筆活動も行なう。ウェス・モンゴメリー研究家としての著作物多数。

清水翠さん 清水 翠 Midori Shimizu (vocal)
1992年頃ジャズと本格的に出会い、即興演奏のむずかしさと面白さに魅せられる。モダンダンスを10年、クラシックバレーを20年間続けていることもあり、音楽の様々な可能性を探検してみたくて、ダンスと声(Voice)の融合を思い立ち、1993年と1995年にソロパフォーマンスを敢行する。1997年1st CD"Remains"発表。スイングジャーナル誌、ジャズライフ誌に掲載され好評を博す。横浜ジャズプロムナード、ジャパン・ジャズボーカル・ジャンボリー、など、数々のジャズのイベントに参加、また横浜を中心にライブ活動を本格的に開始、共演したたくさんのミュージシャンから影響を受ける。2000年2nd CD"Songbird" 発表。横浜山手ゲーテ座に於いて、自主公演を開始。2002年、"Why we are here"with 西村 和彦(piano) 2003年、"SOLID" with 佐藤 允彦(piano)、加瀬 達(bass)、岡部 洋一(percussion) 2004年、"透明なスケッチブック 〜 賢治追想 〜"with 北田 了一(piano)、増根 哲也(bass) 2004年、"SOLID act2"メンバーは2003年に同じ。2005年"Colors" with 西村 和彦(piano) 2004年、横浜赤煉瓦倉庫のモーションブルーでのライブCD”A time for love”を発表。
そして今、次回作の CD制作をひとつの契機として、すべての人のものになれるような、しかも、私だけの音を見つけたいと願っている。

過去のライブ&イベント    Top↑