東京のまんなかのちいさなDining & Bar♪麹町駅徒歩5分・半蔵門駅徒歩5分・永田町駅徒歩8分
店のご案内 | お知らせ | 月間スケジュール | ライブスケジュール | 過去のライブ&イベント | クーポン | リンク | イベント開催 | PACOお知らせメール | 
カレンダー
03 | 2017/04 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Twitter
QRコード
携帯サイトはこちらから
QRコード
QRコード読取機能付携帯でアクセス
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Jazz Spot PACO
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2020.01≫
カテゴリー
プロフィール

ジャズスポットパコ

Author:ジャズスポットパコ
Jazz Spot PACO ジャズスポットパコ
東京・麹町の小さなダイニングバーです。

★Twitterはこちら

★facebookはこちら

♪営業時間♪
ランチタイム 月~金 11:30~14:00 L.O.
夜 火~土 18:30~23:00 L.O.(変更になる場合もあります)
♪定休日♪
日・祝

★Mapionで地図を見る★

★Googleで地図を見る★

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-6-11エクシール平河町102

電話:03-3221-1780

●東京メトロ有楽町線 麹町駅1番出口より徒歩5分
●東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅1番出口より徒歩5分
●東京メトロ半蔵門線・有楽町線・南北線 永田町駅4番出口より徒歩約8分
●JR・東京メトロ丸の内線 四谷駅赤坂口より徒歩約15分

♪メールはこちら♪

皆様のお越しをお待ちしております♪

「 2017年04月 」 の記事一覧
2017.04.01 Sat
4月のスケジュール
paco201704a4.jpg
スポンサーサイト

月間スケジュール    Top↑

2017.04.01 Sat
貸切Party

ライブスケジュール    Top↑

2017.04.04 Tue
Vocal & Guitar Duo 萱原恵衣&細田好弘
萱原 恵衣 (vocal)
細田 好弘 (guitar)

2017年4月4日(火)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

萱原恵衣さん 萱原 恵衣 Kei Kayahara (vocal)
山形県生まれ/おとめ座 O型。山形城北女子高等学校 国際科卒業。在学中、アメリカ サンディエゴでホームステイを経験する。高校卒業後、大阪芸術大学へ進学、音楽をはじめ芸術全般を学ぶ。そして、ビクター音楽スクールでは大阪大会優勝、東京大会特別賞を受賞。その後、JAZZホールのライブで見たヴォーカリストに感動。JAZZの世界にのめり込む。しげのゆうこに師事し、都内ライブハウスやJAZZクラブで活動。大阪、各地方のライブハウスでも活動中。

細田好弘さん 細田 好弘 Yoshihiro Hosoda (guitar)
2001年 アコースティックギタリストの渡辺幹男氏と出会い、氏の演奏するギターの魅力に魅せられ、エレキギターからガットギターに転向。渡辺幹男氏のもと、ギターを通して音楽を学びはじめる。
2005年 渡辺幹男氏とブラジル音楽の第一人者であるドラムの吉田和雄氏とのユニット「Bossa Orgânica」のサポートメンバーとして全国ツアーに参加。
2007年 オーマガトキより発売されたBossa Orgânica のセカンドアルバム「Liberdade」にサポートギターとして参加。
2008年 渡辺幹男が監修を務める、沖縄県読谷村にある『ホテル日航アリビラ』のオリジナルCD にサポートギターとして参加し、オリジナル曲も1曲収録。
2010年11月 自身初のデビューミニアルバム『Bossa Azul』をリリース。
2012年 渡辺幹男氏が演奏、編曲を務めた三陸鉄道復興支援アルバム「ほのぼのボッサ~やさしくなりたい~」(Della レコードより発売)の全国レコ発ツアーに参加。
2012年ドラムス吉田和雄がリーダー、スチールパン奏者山田園恵とのトリオユニット「PANDRUM」結成。2014年6月 ボサノバナンバーとオリジナルを収録した初フルアルバム『Cafe na praia』をリリース。
2014年12月 シンガーソングライターRiquo、バイオリン吉久亜紀とのトリオで、70年代80年代の日本のポップスを独自のアレンジでカバーすることを趣旨としたユニット「Hiricoa」結成。HP=http://hiricoa.wix.com/hiricoa
2015年現在は、アコースティックギタリストとして、ソロ演奏や、自身のオリジナルソングとボサノバをメインとしたリーダーライブシリーズ「A Noite Da Bossa Nova」の活動の他、各ユニットの活動、ジャンルに問わず、シンガーサポートギター、アレンジなどを務める。

ライブスケジュール    Top↑

2017.04.05 Wed
Vocal & Piano Duo 鳴海望美&永武幹子
鳴海 望美 (vocal)
永武 幹子 (piano)

2017年4月5日(水)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

鳴海望美(vo) 鳴海 望美 Nozomi Narumi (vocal)
1987年生まれ、北海道出身。高校在学中にElla Fitzgeraldを聴き、ジャズに興味を持ち始める。大学在学中は軽音楽部所属。Erykah BaduやD’Angeloといったネオソウルを中心とした黒人音楽に傾倒する。大学卒業後は、バンドに所属しオリジナル曲を演奏する。
現在は、都内のライブハウスやジャズバーにてjazzを歌っている。

o064006401400803521291.jpg 永武 幹子 Mikiko Nagatake (piano)
千葉県船橋市に生まれる。3歳よりクラシックピアノを始め、ヤマハ音楽教室で寄島清美、寺西誠各氏に師事、即興演奏・作曲を学ぶ。中学時代は法田中学校ブラスバンド部に所属し、トランペットを担当。全日本マーチングコンテスト全国大会に三年連続出場し、金賞を一回 銀賞を二回受賞。
早稲田大学入学後、同大学モダンジャズ研究会、ハイソサエティオーケストラに入り、ジャズに目覚める。ジャズピアノを清水くるみ氏に師事。
大学入学当初は法曹志望だったものの、富樫雅彦・本田竹広等が創り出した日本ジャズや、フリージャズとの出会いをきっかけとして、プロのジャズピアニストの道に進む。
現在、自身のレギュラーピアノトリオを始めとし様々なバンドで都内を中心に活動中。これまでの共演者としては、鈴木勲、林栄一、竹内直、増尾好秋、藤井信雄 他。(敬称略)
2016年春からは日本が誇るTenor Sax奏者、植松孝夫とのプロジェクトが始動。
また、在学中より加入しているボーダーレスユニットMingleでは日本各地に活動の幅を広げる。

ライブスケジュール    Top↑

2017.04.06 Thu
お客様参加型セッション&ライブ
渡邊 永子 (flute)
西村 誠 (piano)

お客様参加型Live!
歌・楽器歓迎!楽譜のある方はご持参ください。

★この日限定のお得なお食事セット(1ドリンク付)を1,500円+税でご用意いたします。(前日までにご予約ください)
※お食事予約なしの方は2オーダー以上をお願い致します。(通常のおすすめセットはお休みとなります)


2017年4月6日(木)
1st stage 19:00~
2nd stage 20:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

渡邊永子さん 渡邊 永子 Eiko Watanabe (flute)
川口市出身。武蔵野音楽学園武蔵野音楽高校(管楽器科)卒業。財団法人ヤマハ音楽院(管楽器科)卒業
10歳よりフルートをはじめ、第2回山野ジュニアフルート・コンテスト入賞。クラシックを播博、佐伯隆夫、牧野正純各氏に師事。ジャズ、ポピュラーを菊地康正、吉永寿、清水由希子各氏に師事。
花園アマチュアバンド・コンテスト審査員をつとめ、仙台市の「定禅寺ジャズフェスティバルin仙台」に出演。みつとみ俊郎プロデュース「Flu Flu」の第1期生として、CD制作、CM/映画音楽に参加。TV番組 《音遊人》に出演。フィラデルフィアで開催される「第47回マリオ・ランザ顕彰晩餐会(Mario Vanza Ball) ディーナーコンサート招待。現在、JAZZ~CLASSICまでの幅広いレパートリーで、ライブ、企業パーティー、ブライダル奏者など演奏活動を主に、イベントの企画、プロデュース、作曲/編曲、出版、クラフト製作をしている。

西村誠さん 西村 誠 Makoto Nishimura (piano)
ピアノは独学。7歳からヴァイオリンを習い、9歳頃からピアノを弾き始め、13歳の時に中村八大さんの「ジャズピアノ コードブック」という入門書を購入。コードネームでのポピュラーミュージックの演奏を独習して様々なジャンルの曲を弾くようになる。高校の夏休みに新宿の歌声喫茶「ともしび」のステージに呼び上げられて大勢のお兄さんお姉さん達の歌伴をして伴奏の面白さに目覚める。大学時代はジャズのビッグバンドでドラムを叩き、夜はアルバイトでプロのジャズバンドに入り、銀座の高級クラブや青山の深夜サパークラブで演奏。大学卒業後もプロのバンドでの活動を続け、レコーディングの編曲を学び、作編曲をしたり、スタジオミュージシャンとしての演奏活動、コンサートツアーのバックミュージシャンとして全国を回る。また、レコーディング直前の歌手やタレントの歌唱指導などをする。
1980年にはミュージカル「ヘアー」の音楽監督として二ヶ月間ロングランを成功させる。2004年からは六本木でピアノバーを経営し、多くのミュージシャン、ヴォーカリストとのライブ演奏を毎日する。現在は店を離れてフリーのピアニストとして活動中山。実は、隠れカープファン です。

ライブスケジュール    Top↑

2017.04.07 Fri
Vocal + Bass + Guitar trio
土屋 絢子 (vocal)
山口 廣和 (guitar)
佐藤 忍 (bass)

2017年4月7日(金)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,600+Tax

土屋絢子さん 土屋 絢子 Ayako Tsuchiya (vocal)
岐阜県瑞浪市出身。
幼少よりピアノ・合唱で音楽に触れ、地元高校の音楽科を卒業。
国立音楽大学音楽学部声楽学科に入学、声楽を真嶋美弥に師事。
大学卒業後、ジャズボーカリストの吉田有希に師事。
09年よりライブ活動をはじめ、10年1stミニアルバム「マドノキオク」を自主で発売。
10年よりクラシック女声合唱団「Regalo東京」に所属、同グループでアルバムを二枚制作。12年にはフランスパリ公演(全3公演)も成功を収める。
11年、自己のユニット「Quietronica」結成(With Pf:船山美也子 Vib:山本玲子 13年よりEb:トオイダイスケ Ds:則武諒 Pf:浅川太平加入)し、ライブハウスや教会等で演奏活動中。
ボーカリストの活動と並行し個人レッスンをはじめ、MOAボーカル教室、東京音楽学院ボイストレーナー・ボーカル講師としても稼働。
ナチュラルで透明感ある歌声を持ち味とし首都圏を中心に活動中。

山口廣和さん 山口 廣和 Hirokazu Yamaguchi (guitar)
東京都出身。15歳からギターを始める。
高校時代、Joe Passを聴いたのをきっかけにジャズに傾倒し、独学で学び始める。
大学在学中よりプロ活動を開始。
卒業後ジャズを中心に各地で演奏活動を行う。
2011年単身渡米。ニューヨークにて武者修行。
帰国後、クラシック奏者に師事し奏法を改善。それにより活動が幅広いジャンルに広がる。
現在、小手先でない本当のアコースティックなサウンドを持つコンテンポラリー系ギタリストとして、首都圏を中心に活動中。

佐藤忍さん 佐藤 忍 Shinobu Sato (bass)
北海道札幌市生まれ。大学のJazz研にてJazzを学び、札幌デイバイデイ、ジェリコなどで演奏。1986年に上京。田村翼トリオ、チャリート with 柴田敬一トリオ、土岐英史セッション等に参加。また、クリヤマコトトリオでは日野元彦(ds)等と共演し研鑽を積み、ジェズフェスティバルや映画音楽等においても幅広い活動を行う。クラシックの方では、作曲家でもあるピアニスト ブルース・スタークとユニットを組み 96年から99年までオペラ歌手の錦織健さんやフランス在住のフルート奏者、工藤重典さんのCDやツアー に参加。現在、諸田富雄グループ、バイソン片山バンド、ピーター・セントレジャーピアノトリオ、三上クニトリオ等に参加している。最新アルバムで「ジブリmeets ジャズ」がアマゾン・ジャズ部門で売り上げNO.1を記録した立石一海トリオに参加。各地でライブ、コンサートを行っている。2010年12月には声優、銀河万丈さんの朗読会、言(ごんべん)別会を浅草の蔵「ギャラリーエフ」にてベース一本で行い好評を博す。ジャンルにとらわれず深く豊かな音色と確かなリズムで良い音楽を提供する事を信条としている。
Blog http://shinobu.petit.cc/banana/

ライブスケジュール    Top↑

2017.04.08 Sat
松永紀見子+高山伸理 Vocal & Piano Duo ☆
松永 紀見子(vocal)
高山 伸理 (piano)

2017年4月8日(土)
1st stage 19:30~
2nd stage 21:00~
Music Charge ¥1,600+Tax

~プロフィール~
紀見子さんデュオ2 松永紀見子+高山伸理デュオ
美しく豊かな音を奏でようと挑戦しているピアノ&ボーカルデュオ。
ジャズのほか、好奇心旺盛に洋楽ポップスや日本の唱歌など、東西の名曲を独自にアレンジ、カバーしています。
英語・日本語のオリジナルも制作。
「古き良きものを大切に、新しい音を生み出していきたい。」
そんな気持ちでお客さまに楽しんで頂けるよう、日々精進しております。
良かったらライブにいらしてください♪♪

20160108205217bed.jpg 松永 紀見子 Kimiko Matsunaga (vocal)
力強く優しい、透明感のあるナチュラルな歌声が魅力。6歳から祖母、母親の影響で三味線・長唄を始め、18歳で名取に。20歳になると同時に父親とジャズバーへ飲み歩くようになり、大きく方向転換。現在はその日本的感性を活かしてジャズ、ポップス、童謡のほか自身のオリジナルを歌い、都内中心にライブ活動中♪

201601082052227eb.jpg 高山 伸理 Nobusato Takayama (piano)
1980年生まれ。18才の時、Bill Evansに感銘を受け、ジャズピアノを始める。音楽理論、ジャズピアノを相内勝雪氏、ユキアリマサ氏に師事。洗足学園音楽大学を中退と同時に、演奏活動を開始。自己のトリオやクインテット、ヴォーカルユニット等、多数のバンドに参加、ライブ、セッション、イベント演奏等、活動範囲は多岐にわたる。2011年、LargoPhonレーベルより、コンボバンドInnocrossingの1stアルバム『Push Ones Way』をリリース。第31回浅草ジャズコンテストバンド部門審査員特別賞受賞。

ライブスケジュール    Top↑

2017.04.11 Tue
POP JAZZ LIVE vol.5
小田 ルイ (vocal)
佐藤 めぐみ(piano)
ヤノ アツシ(bass)

2017年4月11日(火)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
Music Charge ¥2,600+Tax

16128147_1071253059651264_2074002908_n.jpg 小田 ルイ Rui Oda (vocal)
七色の声を持つボーカリスト、シンガーソングライター。
2016年、バンド活動と並行しソロ活動を開始。
年間100本のLIVEを行い、イタリアでも歌声を響かせた。
また小中学校で行った講演&LIVEが話題となり、学校行事等で「奏日和」が使われている。
2017年はソロ活動一本に絞り、デパートでのインストアライブや、ホールコンサートの開催など更に活躍の場を広げている。
中学生の頃、USA for AFRICAの『We are the world』と出会い、参加アーティスト達の個性的で楽しそうな姿に感動し、「そこに本当の自分を見つけた」ことが音楽を志すきっかけとなった。
聴く人に【本当の自分を見つける?スイッチソング”】を届けることをテーマとしている。
ジャンルを問わない豊かな表現は【七色の声】と評され、邦楽のみならず洋楽やJAZZライブ等も行っている。
2017年は、6月1日(木)に神楽坂The GLEEにてアコースティックホールコンサートを開催。
9月10(日)には松本市民芸術館での大規模なホールコンサートを開催する。
また10月にはイタリアLIVEツアー、12月にはシークレットサンタLIVEツアーを予定しており、その他一人一人へ向けた【MY SWITCH SONG】の制作など、ユニークな活動から目が離せない。
[WEBSITE] https://diamondruism.wordpress.com/
[blog] http://ameblo.jp/ruism/

佐藤 佐藤 めぐみ Megumi Sato (piano)
2007年コーラスグループJULEPSのピアニストとして、秋元康氏プロデュースの下「旅立つ日~完全版」でユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。
デビューシングルは15万枚を売り上げ、めざましテレビを始め、数々のメディアに取り上げられ、日本各地でライブ活動を行う。
アニメ「ヤッターマン」のエンディングテーマ「皆既日蝕」やウェディングソング「バトンタッチ」を発売し、2008年アルバム「旅立つ日」を発売。
グループ活動休止後、現在は弾き語りライブやピアノサポート、コーラスアレンジ合唱指導等、ソロ活動の場を広げている。
一人一人の心に届くような優しい音色のピアノを大切に活動しています。

ヤノアツシプロフィールMK7_2552_convert_20170316025336 ヤノ アツシ Atsushi Yano (bass)

ライブスケジュール    Top↑

2017.04.12 Wed
小泉清人 & 清水翠 Duo Live
小泉 清人 (guitar)
清水 翠 (vocal)

2017年4月12日(水)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+tax

~プロフィール~
小泉清人さん2 小泉 清人 Kiyohito Koizumi (guitar)
東京都杉並区生まれ。中学でフォークギターを始め、高校でボサノバギターを始め、大学のときウェス・モンゴメリーの音楽に出会いジャズギターを始めると同時に、ジャズベースを始める。紆余曲折の後、ピアニスト菅野邦彦に音楽性を認められてプロに転向。10年余り菅野グループのレギュラーベーシスト/ギタリストを務めたのち、ギターに専念することを決意。
現在、ジャズギタリスト/ボサノバギタリストとして、ライブ演奏を中心に活動。ガットギターを得意とし、音色の美しさと滑らかなコードワークには定評がある。
一方でレッスン活動や執筆活動も行なう。ウェス・モンゴメリー研究家としての著作物多数。

清水翠さん 清水 翠 Midori Shimizu (vocal)
1992年頃ジャズと本格的に出会い、即興演奏のむずかしさと面白さに魅せられる。モダンダンスを10年、クラシックバレーを20年間続けていることもあり、音楽の様々な可能性を探検してみたくて、ダンスと声(Voice)の融合を思い立ち、1993年と1995年にソロパフォーマンスを敢行する。1997年1st CD"Remains"発表。スイングジャーナル誌、ジャズライフ誌に掲載され好評を博す。横浜ジャズプロムナード、ジャパン・ジャズボーカル・ジャンボリー、など、数々のジャズのイベントに参加、また横浜を中心にライブ活動を本格的に開始、共演したたくさんのミュージシャンから影響を受ける。2000年2nd CD"Songbird" 発表。横浜山手ゲーテ座に於いて、自主公演を開始。2002年、"Why we are here"with 西村 和彦(piano) 2003年、"SOLID" with 佐藤 允彦(piano)、加瀬 達(bass)、岡部 洋一(percussion) 2004年、"透明なスケッチブック 〜 賢治追想 〜"with 北田 了一(piano)、増根 哲也(bass) 2004年、"SOLID act2"メンバーは2003年に同じ。2005年"Colors" with 西村 和彦(piano) 2004年、横浜赤煉瓦倉庫のモーションブルーでのライブCD”A time for love”を発表。
そして今、次回作の CD制作をひとつの契機として、すべての人のものになれるような、しかも、私だけの音を見つけたいと願っている。

ライブスケジュール    Top↑

2017.04.13 Thu
Petty Blossom
Mai (vocal)
下梶谷 雅人 (guitar)
岩崎 千春 (piano)

【Petty Blossom】
スタンダードジャズからオリジナルポップスを演奏するユニット。
ジャズを基盤としたジャズポップなオリジナルとMai独特なアレンジがきいたジャズスタンダードで、楽しい時間をお届けします!

2017年4月13日(木)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

~プロフィール~
Mai まい (vocal)
9月23日東京都生まれ。小学校1年生の時クラシックピアノをはじめ、高校生の時からドラムをはじめる。音楽の専門学校卒業後、8人編成のブラスバンドに所属する。約2年の活動後、インディーズレーベルからCDを全国発売し、レコ発ライブで300人を動員。のち解散を機にボーカリストに転向。その頃ジャズに出会い魅了されていく。歌を梶原まりこ氏、発声を玉澤明人氏に師事。ジャズバーのオーディションをきっかけに、2010年から本格的にジャズバーを中心にカフェ、レストランなどで歌い始める。2012年にはRiefuを始め、HanaH、竹本健一等のオープニングアクトをつとめる。ジャズを歌う傍ら、日本語のオリジナル制作も行い、2013年5月22日、1st mini album「Wind Flower」をラッツパックレコードより、全国発売。アマゾン・タワレコ等、オンラインショップで購入可能。iTunesにて配信中。検索ワード【Mai Jofulworld】【Mai Jazz】

下梶谷 雅人 Masato Shimokajiya (guitar)
1988年1月30日生まれ、岐阜県中津川市出身。 14歳頃からギターを弾き始め、高校卒業と同時に上京。ポップスの専門学校に通いながら次第にジャズに傾倒、早稲田大学swing&jazzclubを始め大学にあるジャズ研に通うようになる。コンボ形式のバンドに参加するかたわら、早稲田大学ハイソサエティオーケストラにも参加。ソロギターからビッグバンドまで幅広いスタイルの演奏を経験する。専門学校卒業後はジャズクラブにてバイト、単身短期渡米等を経て、21歳の頃より都内を中心に演奏活動を開始。

岩崎千春さん_convert_20130424072215 岩崎 千春  Chiharu Iwasaki (piano)  
1979年生。高校卒業と同時に渡米し心理学を専攻するも、その後ジャズに出会いその道に進む。2005年オレゴン州立大学大学院ジャズ科を卒業。2006年に帰国後、現在は自己のトリオ,大隅卓也(as)Quartet,菊田茂伸(b)Trioを中心に東京,横浜近郊にて活動を展開中。千葉PLV音楽院ジャズ/ポピュラーピアノ科講師。
http://spinbox3.blog44.fc2.com/

ライブスケジュール    Top↑

2017.04.14 Fri
沖野ゆみJazz Live!
沖野 ゆみ (vocal)
寺屋 ナオ (guitar)

2017年4月14日(金)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,600+Tax

沖野ゆみさん 沖野 ゆみ Yumi Okino (vocal)
東京生まれ。子供の頃より父親の転勤で渡英、ロンドンに14年滞在する。ウエストエンド本場のミュージカルに魅了されロンドン市内にある名門演劇学校"Mountview Theatre School"のオーディションに最年少(16歳)・初の日本人として合格、3年間ミュージカルシアターを学ぶ。イギリスにおいて数々のショーケース、TV、CM出演を経験。2001年冬に日本帰国、ジャズに目覚め翌年春よりジャズヴォーカルを師事し、2002年8月に都内ライブハウスデビューしたヴォーカリスト。現在、都内・横浜を中心にエネルギッシュにライブ活動を展開中。

teraya_convert_20100915190750.jpg 寺屋 ナオ Nao Teraya (guitar)
1979年7月1日生まれ。8才でクラシックギターを始め、12才でジャズに出会う。高校に入り本格的に音楽に入れ込み始め、フュージョンバンド等でライブ活動を始める。高校時代は布川俊樹氏に師事。高校卒業後、洗足学園短期大学ジャズコースに入学。洗足学園入学後は道下和彦氏に師事。在学中はNHK教育「ジャズの掟」に生徒役で出演。洗足学園卒業後、2000年のギブソンジャズギターコンテスト最優秀賞。2003年、1stアルバム"T.G.I.F.(thank god it's Friday)"を発売。2004年から歌手石黒ケイのバックバンドのバンドマスターを勤める。復帰アルバムにも演奏とアレンジで参加。2006年、2ndアルバム"Night music for you"を発売。同年、阿佐ヶ谷ジャズストリートにて山下洋輔と久々の共演。2010年4月、最新アルバム"Three"を発売。過去の共演ミュージシャンは、山下洋輔、向井滋春、中村誠一、道下和彦、布川俊樹、増崎孝司(Demension)、大井貴司、村田陽一、古野光昭、つづらのあつし、大坂昌彦、田中邦和、香取良彦、水谷浩章、Juan Galiardo等多数にのぼる。(順不同敬称略)尚美ミュージックカレッジ専門学校ポップスコンテンポラリー科非常勤講師、ヤマノミュージックサロン池袋講師、ルーツ音楽院講師。

ライブスケジュール    Top↑

2017.04.15 Sat
杉崎かなえ&関根彰良Duoジャズライブ♪
杉崎 かなえ (vocal)
関根 彰良 (guitar)

2017年4月15日(土)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

プロフィール 杉崎 かなえ Kanae Sugizaki (vocal)
幼少よりピアノを学び、歌に親しむ。小中学校で合唱部に所属、ソプラノでソロをとり、全国大会を経験する。
大学でジャズ研究部に所属、都内でライブ活動をはじめ、地域のイベント、都内ホテルにて結婚式の歌手として活躍。
社会人経験を経て、歌うことで人の心を癒す夢をかなえるため本格的に歌手活動をはじめる。
jazzvocalを沖野ゆみに師事。銀座MUGEN・サニーサイド・他都内ジャズバー、イベントに出演。リーダーライブとしてotonohaライブを企画。ドリームプランプレゼンテーション世界大会のテーマソング『夢しか叶わない』を歌う。
2015年 アメリカにて音楽修行ののち帰国
jazz,bossanova,popsなどジャンルにとらわれず人の心に届く歌を目指し、歌声はクリスタルボイスと称される。
あたたかく心癒される空間をつくることを大切にしている。

関根彰良さん 関根 彰良 Akira Sekine (guitar)
1978年5月5日生まれ。千葉県出身。幼少の頃よりクラシックピアノを始める。12歳でロックに興味を持ちギターを手にする。東京大学入学後ジャズに出会い、同大のジャズ研究会に所属しながらプロとしての演奏活動を開始する。文学部美学芸術学専攻卒業。2009年夏、Anat Cohen(cl, sax)の日本ツアーに参加。これまでの主な共演者は、前田憲男(p)、大口純一郎(p)、池田芳夫(b)、納浩一(b)、向井滋春(tb)、竹内直(ts)、村上ポンタ秀一(ds)他多数。クラシックギターを井上學、フラメンコギターを山崎まさし各氏に師事。2011年、1stアルバム"FUZZ JAZZ"をリリース。発売記念全国ツアーを行う。2012年スペインに滞在。フラメンコギターをChano Carrasco, Manuel Parrilla,Ramón Amador各氏に師事。2013年9月、2ndアルバム"SOLITARY PHASE"をリリース。

ライブスケジュール    Top↑

2017.04.18 Tue
Jazz Duo Live 大野圭子&浅利史花
大野 圭子 (vocal,flugelhorn)
浅利 史花 (guitar)

2017年4月18日(火)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

received_995749220553869.jpeg 大野 圭子 Keiko Ohno (vocal,flugelhorn)
川崎生まれ。横浜育ち。現在の実家は八王子。
中学の吹奏楽部で初めての金管楽器フレンチホルンに触れる。
その後、ブリティッシュスタイルのブラスバンド「こどもの城ユースバンド」にてアルトホーン担当。様々なジャンルの曲を演奏する中で演奏する事からジャズに出会う。
大学入学と共にジャズ研究会に入部。トランペットを始める。
セッションに行くようになり、
セッションホストのミュージシャンからボーカルへの転向を勧められる。
その後、ジャズボーカリスト鈴木輪氏に師事。
数年後、都内ライヴハウス等でライヴ活動を開始。
2014年、長年勤めたコーヒーチェーン店を退社し、
またフリューゲルホーンを始める。
現在、使用してる楽器は、
関内ABsmile 故 樺島オーナーの遺品。

浅利史花さん 浅利 史花 Fumika Asari (guitar)
1993年生まれ。福島県出身。
幼少期よりクラシックピアノを学ぶが、兄弟の影響でギターに興味を持ち、高校在学時より部活動でジャズギターを始める。
それより福島市内にあるライブハウス『MINGUS』に通いジャズを本格的に聞くようになり、グラントグリーンやケニーバレル等に大きな影響を受ける。
2012年、大学進学に伴い上京。
日本を代表するジャズギタリスト岡安芳明氏、潮先郁男氏に師事。
ジャズギターの王道を行くスインギーなスタイルで、モダンジャズを中心に様々なジャズミュージシャンと都内のライブハウスで活動中。

ライブスケジュール    Top↑

2017.04.19 Wed
Jazz & Pops Live TA高木 & 梅原新
TA 高木 (vocal)
梅原 新 (guitar)

2017年4月19日(水)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

~プロフィール~
TA高木さん TA高木 (vocal)
1960年代ぐらいに東京虎ノ門に生まれる。
学生時代は、吹奏楽部でテナーサックスを担当。16歳より、渋谷ヤマハで故本田竹広氏(ほんだ・たけひろ)にピアノを師事。
その後、ヴォーカル&ピアノとしてR&Bを中心に音楽活動を続けるが、2006年よりJAZZクラブでの演奏活動を開始。コメディタッチの即興と、マジなジャズを合わせてお届けするレアなステージで人気上昇中。
また、某放送局に勤務するかたわら、大学院である、「慶應義塾大学メディアデザイン研究所」のリサーチャーとして、「ジャズやポップスを大学教育の中にいかにして実践的に組み込んでいくのか」、という研究をおこないながら、学内でジャズワークショップを定期的に開催している。

梅原新さん 梅原 新 Arata Umehara (guitar)
広島県出身。大学在学中はジャズ研に所属。ギタリストとして様々なバンドに参加し、地元のジャズクラブ等に出演。
上京後はジャズセッションライヴ、シンガーのサポート、ホテルやレストランでの演奏活動のほか、作・編曲家として楽曲制作を行う。
2008年アオキマミ(vo)とのアコースティックユニットPinacoteca(ピナコティカ)を結成。
2009年12月、ハピネスレコードよりオリジナルアルバムをリリースする。
2010年、作、編曲したCanonのラジオCM「恋の望遠レンズ」、「恋の広角レンズ」で2010 50th ACC CM Festival ラジオCM部門のベスト音楽賞を受賞。

ライブスケジュール    Top↑

2017.04.20 Thu
ハレトパチカ Trio
八木 映美 (vocal)
堀江 洋賀 (guitar)
山本 裕之 (bass)

ポップス、ブラジリアン、ポストロック。オリジナルソングなどを中心にお送りします。

2017年4月20日(木)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

八木映美さん 八木 映美 Eimi Yagi (vocal)
1993年9月18日生まれ。
幼い頃から歌うことが好きで、高校生の時にカフェで流れている音楽に興味をもつ。
声楽、ソウル、ジャズを学び、'12にAKBINGO!全力バンド選手権(日本テレビ)に出演し、'14年にはキッズブロードウェイ「When children rule the world」に参加。jazzをベースに、自身のプロジェクトAmy+Friendsや、ベーシスト山本裕之率いるポストロックとワールドミュージックを融合させた泣けるオリジナルバンドでも活動を始め、都内近郊で演奏活動をしている。
ホームページ http://blog.livedoor.jp/amyf1tz/

堀江 洋賀 Hiroyoshi Horie (guitar)
12歳よりロックギターを始める。17歳からジャズに目覚め、色々な大学のジャズ研に通う。同時期、武藤洋氏、中嶋忠俊氏に師事。高校卒業後、都内・千葉を中心に演奏活動を始める。2008年にNYに渡り、セッションに参加。バリー・ハリス氏、ファビオ・モルジェラ氏のレッスンを受ける。

山本裕之さん 山本 裕之 Hiroyuki Yamamoto (bass)
コントラバス、エレクトリックベース奏者。1985年生まれ。山口県出身。幼少の頃よりピアノを習い、高校入学と同時にエレキベースをはじめる。コントラバスを齋藤クジラ誠氏に師事する。同世代のミュージシャンとセッションを重ねる傍ら、ドラマーの力武誠、ピアニストの荒武裕一朗のバンドに抜擢された事をきっかけに本格的に活動を開始する。
オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/hiroyukiyamamoto/

ライブスケジュール    Top↑

2017.04.21 Fri
Vocal & Guitar Duo Takoh & 小森剛
小森 剛 (vocal)
Takoh (guitar)

※詳細は後日掲載いたします

ライブスケジュール    Top↑

2017.04.22 Sat
Brasil guitar duo Gonzo & 尾花毅
菅又 -Gonzo- 健 (guitar)
尾花 毅 (guitar)

2017年4月22日(土)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

Gonzoさん 菅又 -Gonzo- 健 Ken -ごんぞう- Sugamata (guitar)
1977年 東京都生まれ。
4歳の時、偶然入った幼稚園にてギターと出会い、ギターを始める。エリス・レジーナに度肝を抜かれ、ジョアン・ボスコに打ちのめされブラジル音楽に傾倒。顔に似合わず綺麗な音とダイナミックなグルーヴを身上とし、ガットギターで都内を中心に様々な場所で活動中。クロサワ楽器お茶の水クラシックギター本店、ボサノヴァ講師。
2012年よりカンボジアの子供達に思いっきりギターを弾いてもらうため、ギターを送るプロジェクト「Cambodia Guitar Project」を継続中。
HP:http://gonzoguitarra.wix.com/gonzoguitarra

ライブスケジュール    Top↑

2017.04.25 Tue
Vocal & Guitar Duo 高橋奈保子 & 関根彰良
高橋 奈保子 (vocal)
関根 彰良 (guitar)

2017年4月25日(火)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,600+Tax

関根彰良さん 関根 彰良 Akira Sekine (guitar)
1978年5月5日生まれ。千葉県出身。幼少の頃よりクラシックピアノを始める。12歳でロックに興味を持ちギターを手にする。東京大学入学後ジャズに出会い、同大のジャズ研究会に所属しながらプロとしての演奏活動を開始する。文学部美学芸術学専攻卒業。2009年夏、Anat Cohen(cl, sax)の日本ツアーに参加。これまでの主な共演者は、前田憲男(p)、大口純一郎(p)、池田芳夫(b)、納浩一(b)、向井滋春(tb)、竹内直(ts)、村上ポンタ秀一(ds)他多数。クラシックギターを井上學、フラメンコギターを山崎まさし各氏に師事。2011年、1stアルバム"FUZZ JAZZ"をリリース。発売記念全国ツアーを行う。2012年スペインに滞在。フラメンコギターをChano Carrasco, Manuel Parrilla,Ramón Amador各氏に師事。2013年9月、2ndアルバム"SOLITARY PHASE"をリリース。

ライブスケジュール    Top↑

2017.04.26 Wed
Boa Sorte ~ボア・ソルチ~ ライブ&セッション
西澤 沙苗 (vocal, guitar)
飯島 ゆかり (percussion, chorus)

”Boa Sorte” (ボア・ソルチ)はポルトガル語で”幸運”の意味。
ラッキーサウンドを奏で、幸運をお届けできるように縁起を担いだご利益ユニットです(^_^)
3rdステージよりお客様参加のセッションとなります。ブラジル音楽をぜひご一緒に♪

2017年4月26日(水)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage (セッション) 21:30~
Music Charge 予約¥2,100+Tax 当日¥2,400+Tax
(ご予約料金は前日までの受付とさせていただきます。)

~プロフィール~
西澤沙苗さん 西澤 沙苗 Nishizawa Sanae (vocal, guitar)
東京都出身。大学のラテン音楽系サークルで、ボサノバを初めとするブラジル音楽の魅力を知る。卒業後、演奏活動スタート。ギター製作の杉山重光氏主催のブラジル・ギターレッスンツアーに参加、ValdoGonzaga氏に師事。サンバベースの父、Luizao Maia 氏のバンドで約2年間歌い、経験を積む。その後しばらく充電期間を経て、2004年から演奏活動を再開。ライブハウス、レストラン、カフェ、イベント等で演奏をしている。
飯島ゆかりさん 飯島 ゆかり Iijima Yukari (percussion, chorus)
東京都出身。国立音楽大学リトミック科卒業後、中南米、東南アジア、オセアニア等エスニック系の音楽に興味を持つ。サンバチーム「クルゼイロ・ド・スゥル」に在籍し、リーダーのフランシス・シルバ氏にブラジリアン・パーカッションを師事。現在サンバ、ボサノバ、ショーロ等のブラジル音楽を中心に都内ライブハウス、レストラン等で活動中。

ライブスケジュール    Top↑

2017.04.27 Thu
PACO de NIGHT! with sax 渡辺順一
尾崎 琢也 (piano)
堀江 洋賀 (guitar)
渡辺 順一 (sax)

2017年4月27日(木)
1st stage 18:30~
2nd stage 19:30~
3rd stage 20:30~
Music Charge ¥2,500+Tax

download2


201603241200313d2.jpg 尾崎 琢也 Takuya Ozaki (piano)
京都生まれ。自然科学に親しみ幼少期を過ごし、影響から学者を志すも三度の大学受験に失敗、一時断念。一方で、自然に学び、その合理性と美に魅せられる中で人間や芸術への関心が高まる。旅に遊びに明け暮れる放浪生活の中 24歳の頃ジャズピアニスト・ユキアリマサ氏の音楽に出会い感銘・師事。その後もピアニストとしては亀の歩みだが、継続と共に人生遠回りも素晴らしい糧であると体感し、肩書きや既存の概念に囚われず 人間的で音楽的な自由な表現を目指す。現況はジャズピアノを引っ提げ作曲、編曲、ライヴサポートやCD参加等、首都圏を中心に年間240本以上の演奏活動。周りの素晴らしいプレイヤーやアーティスト達に刺激を受けながら自らの表現を探究する日々。

201702281903285d6.jpg 堀江 洋賀 Hiroyoshi Horie (guitar)
12歳よりロックギターを始める。17歳からジャズに目覚め、色々な大学のジャズ研に通う。同時期、武藤洋氏、中嶋忠俊氏に師事。高校卒業後、都内・千葉を中心に演奏活動を始める。2008年にNYに渡り、セッションに参加。バリー・ハリス氏、ファビオ・モルジェラ氏のレッスンを受ける。

download_20170306085138e7c.jpg 渡辺 順一 Junichi Watanabe (as.ts.bs.)
宮崎県出身。25才で円広志、舟木一夫等バックバンドのプロ活動を開始。 JT『マイルドセブンFK '88』イメージDVD SAX担当。JAL,Starbucks等CM録音、NHK『サキドリ↑』『知恵泉』オープニングテーマ。他共演者にジャズシンガーマリーン、スティールドラマーオテロ・モリノウ、小野リサ等。現在パーソナルユニット” Shuenn " ” Shuenn jazz " を主宰。

ライブスケジュール    Top↑

2017.04.28 Fri
Vocal & Piano Duo 坂元杏理&大谷桃
坂元 杏理 (vocal)
大谷 桃 (piano)

2017年4月28日(金)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

~プロフィール~
xUg64JaV.jpg 坂元 杏理 Anri Sakamoto (vocal)
群馬県生まれ、埼玉県育ち。中学、高校時代は吹奏楽部に所属し、フルートパートを担当。 明治学院大学に入学し、英文学を学ぶ。同大学のジャズ研究会に入部し、ジャズフルートを始める。 大学四年生の時、Nobie氏の歌に衝撃を受けてヴォーカルに転向、ブラジル音楽に傾倒する。同氏に師事。 以後、自身のリーダーバンドを中心に活動。数多くのライブやセッションにゲストシンガーとして参加。 主な共演者に、今泉総之輔(quasimode)、三好功郎、八木のぶお、楠直孝各氏。 現在は、Jazz、Brazil音楽、R&B等、幅広いジャンルのレパートリーを持ち、都内、神奈川のライヴハウスで精力的に活動している。 透明感溢れる、甘さとクールさを併せ持った歌声で着実にファンを増やしている。

o064006401422944121807.jpg 大谷 桃 Momo Ohtani (piano)
1992年東京都西東京市生まれ。
幼い頃より母の影響でエレクトーンとピアノを始め、様々な音楽に親しみを持つ。
電子オルガン科で大学へ入学後、ジャズ科の友人や先生と知り合ったことがきっかけでジャズへ転身。
3年生よりジャズピアノをユキアリマサに師事。
在学中より、東京、横浜を中心にしてジャズやポップス、様々なジャンルでライブやセッションを通じ、活動を始める。
尚、自宅にてピアノ、エレクトーンの講師も勤めている。

ライブスケジュール    Top↑

2017.04.29 Sat
Eighty eight
飯田 翔子 (vocal/piano)
溜 修一 (guitar)
Eighty eight official web

2017年4月29日(土) open 18:00
1st stage 18:30~19:30
2nd stage 20:00~21:00
Music Charge ¥4,100+Tax

ライブスケジュール    Top↑