東京のまんなかのちいさなDining & Bar♪麹町駅徒歩5分・半蔵門駅徒歩5分・永田町駅徒歩8分
店のご案内 | お知らせ | 月間スケジュール | ライブスケジュール | 過去のライブ&イベント | クーポン | リンク | イベント開催 | PACOお知らせメール | 
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Twitter
QRコード
携帯サイトはこちらから
QRコード
QRコード読取機能付携帯でアクセス
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Jazz Spot PACO
≪2016.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2016.08≫
カテゴリー
プロフィール

ジャズスポットパコ

Author:ジャズスポットパコ
Jazz Spot PACO ジャズスポットパコ
東京・麹町の小さなダイニングバーです。

★Twitterはこちら

★facebookはこちら

♪営業時間♪
ランチタイム 月~金 11:30~14:00 L.O.
夜 火~土 18:30~23:00 L.O.(変更になる場合もあります)
♪定休日♪
日・祝

★Mapionで地図を見る★

★Googleで地図を見る★

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-6-11エクシール平河町102

電話:03-3221-1780

●東京メトロ有楽町線 麹町駅1番出口より徒歩5分
●東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅1番出口より徒歩5分
●東京メトロ半蔵門線・有楽町線・南北線 永田町駅4番出口より徒歩約8分
●JR・東京メトロ丸の内線 四谷駅赤坂口より徒歩約15分

♪メールはこちら♪

皆様のお越しをお待ちしております♪

「 2016年07月 」 の記事一覧
2016.07.01 Fri
Steelpan & Guitar Duo
菅又 -Gonzo- 健 (guitar)
青木 賢三 (steelpan)

2016年7月1日(金)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

Gonzoさん 菅又 -Gonzo- 健 Ken -ごんぞう- Sugamata (guitar)
1977年 東京都生まれ。
4歳の時、偶然入った幼稚園にてギターと出会い、ギターを始める。エリス・レジーナに度肝を抜かれ、ジョアン・ボスコに打ちのめされブラジル音楽に傾倒。顔に似合わず綺麗な音とダイナミックなグルーヴを身上とし、ガットギターで都内を中心に様々な場所で活動中。クロサワ楽器お茶の水クラシックギター本店、ボサノヴァ講師。
2012年よりカンボジアの子供達に思いっきりギターを弾いてもらうため、ギターを送るプロジェクト「Cambodia Guitar Project」を継続中。
HP:http://gonzoguitarra.wix.com/gonzoguitarra
スポンサーサイト

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.02 Sat
ゆみ&ゆかりの縦横無尽デュオ!
井上 ゆかり (piano)
沖野 ゆみ (vocal)

躍動感あふれる本格派ボーカルと
豊かで繊細、どこまでも深さと広がりのあるピアノで
ジャズを縦横無尽に、かつ、楽しくお送りします!

2016年7月2日(土)
start 20:00~ 2 sets
Music Charge ¥2,600 +Tax

~プロフィール~
井上ゆかりさん 井上 ゆかり Yukari Ionue (piano)
大阪芸術大学演奏学科ピアノコースに特待生として入学。同大学卒業後上京し、アン・ミュージック・スクールにて、ジャズピアノを鈴木“コルゲン”宏昌氏に師事。在学中よりジャズピアニストとして演奏活動を開始し、ライブスポットを中心に出演を重ね、数多くのミュージシャンと共演。ジャズライブを中心に、年間250本以上の演奏活動中。またジャズ以外の音楽活動も幅広く、2000年より始まったNHK-BSの音楽番組「素晴らしき音楽仲間」にレギュラーピアニストとして出演。2006年までの6年間、前田憲男、羽田健太郎、加藤登紀子、北村英治、岩崎宏美、都はるみなど、延べ300組の多彩なゲストとジャンルの枠を超えて共演。2003年、オリジナル曲中心のファーストアルバム「Pianin」をリリース。2006年、ベースの加藤真一・ドラムスの藤井摂とともに、自身初のピアノトリオ<井上ゆかりトリオ>を結成し、2007年、メジャーデビューアルバム「Hands On Universe」をリリース。2007年からはピアノソロでのコンサートも開始。2009年4月、DVD映像作品「不朽神話2」へオリジナルの楽曲を提供。同年7月、「不朽神話2」サウンドトラック版の「One life, One Way」をリリース。2009年9月、ボーカルの村瀬由衣の「Day By Day」のアレンジャーおよびピアニストとして、アルバムリリースの中心を担う。2010年12月、<井上ゆかりトリオ>のセカンドアルバム「MURASAKI」をリリース。2012年10月、初のピアノソロアルバム「SAKURA」をリリース。

沖野ゆみさん 沖野 ゆみ Yumi Okino (vocal)
東京生まれ。子供の頃より父親の転勤で渡英、ロンドンに14年滞在する。ウエストエンド本場のミュージカルに魅了されロンドン市内にある名門演劇学校"Mountview Theatre School"のオーディションに最年少(16歳)・初の日本人として合格、3年間ミュージカルシアターを学ぶ。イギリスにおいて数々のショーケース、TV、CM出演を経験。2001年冬に日本帰国、ジャズに目覚め翌年春よりジャズヴォーカルを師事し、2002年8月に都内ライブハウスデビューしたヴォーカリスト。現在、都内・横浜を中心にエネルギッシュにライブ活動を展開中。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.04 Mon
Vocal & Guitar Live
八木 映美 (vocal)
浅利 史花 (guitar)

2016年7月4日(月)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

八木映美さん 八木 映美 Eimi Yagi (vocal)
1993年9月18日生まれ。
幼い頃から歌うことが好きで、高校生の時にカフェで流れている音楽に興味をもつ。
声楽、ソウル、ジャズを学び、'12にAKBINGO!全力バンド選手権(日本テレビ)に出演し、'14年にはキッズブロードウェイ「When children rule the world」に参加。jazzをベースに、自身のプロジェクトAmy+Friendsや、ベーシスト山本裕之率いるポストロックとワールドミュージックを融合させた泣けるオリジナルバンドでも活動を始め、都内近郊で演奏活動をしている。
ホームページ http://blog.livedoor.jp/amyf1tz/

浅利史花さん 浅利 史花 Fumika Asari (guitar)
1993年生まれ。福島県出身。
幼少期よりクラシックピアノを学ぶが、兄弟の影響でギターに興味を持ち、高校在学時より部活動でジャズギターを始める。
それより福島市内にあるライブハウス『MINGUS』に通いジャズを本格的に聞くようになり、グラントグリーンやケニーバレル等に大きな影響を受ける。
2012年、大学進学に伴い上京。
日本を代表するジャズギタリスト岡安芳明氏、潮先郁男氏に師事。
ジャズギターの王道を行くスインギーなスタイルで、モダンジャズを中心に様々なジャズミュージシャンと都内のライブハウスで活動中。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.05 Tue
彗莉(エリ)&塩川俊彦 ヴォーカルとギターによるジャジーな夜
彗莉 (vocal)
塩川 俊彦 (guitar)

paco 7月5日

~ジャズスタンダードや懐かしい日本の名曲をお送りします~

2016年7月5日(火)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥1,800+Tax

彗莉さん 彗莉 Eri (vocal)
兵庫県姫路市出身。
6歳からピアノを習う。
人前で何かを表現したいと思い社会人になってからヴォーカルを始める。越智順子氏(故人)に師事。次第にジャズの即興の世界に引き込まれていく。
地元を中心に、各地のセッションやライブ活動にて様々なミュージシャンやダンサーと交流を図りながら研鑽する他、ニューヨークでKarrin Allyson氏によるワークショップに参加するなど国内外のミュージシャンよりレクチャーを受ける。柔らかさの中に力強さを感じる包み込むようなヴォイスで、独自の世界を表現している。現在は都内を中心に活動中。
http://profile.ameba.jp/e4r4i4/
http://ameblo.jp/e4r4i4/

塩川俊彦さん 塩川 俊彦 Toshihiko Shiokawa (guitar)
的確なアプローチと叙情的なソロ、オーソドックスなスタイルを守りつつも常に新しい切り口でのインタープレイを得意とする。
角田忠雄氏にジャズギターを師事。都内ライブハウスやストリートなど数多くのセッションで、多くのミュージシャンと交流を重ねる。スタンダードなジャズギターとしてのライブ活動を基調としながらも、幅広い音楽性に対応し数々のバンドにサポート参加。初期のTOKU(vo,flh)グループ、クラブジャズバンド「The Fascinations」、その他多くのジャズのセッション、レコーディングに参加。関東地方のライブハウスを中心に活動しながら、自己の音楽世界の探求を続けている。1975年 長野県小諸市生まれ。
http://shiotoshiguitarblog.blog6.fc2.com/

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.06 Wed
yuka & chiggy jazz live
千装 智子 (flute/vocal)
幡野 友香 (piano/vocal)

2016年7月6日(水)
1st stage 19:30~
2nd stage 21:00~
Music Charge ¥2,100+Tax

download_201605051516363e9.jpg yuka & chiggy
それぞれ音楽大学卒業後、クラシック界で演奏活動開始。同時にジャズの世界にも足を踏み入れる。ある時、共通の知り合いを通じて共演した2人は意気投合。その後も共演を重ねて2009年より” yuka & chiggy ”として活動を始める。
「かわいらしく、さわやかに、分かりやすく、そしてインパクトを持って」をモットーに、自分らでも歌いながら明るく楽しいジャズを発信中。

千装智子さん 千装 智子 Tomoko Chigira (flute/vocal)
武蔵野音楽大学器楽科卒業。在学中より同級生らを中心とした変則的室内楽団を結成し、単独公演の他、劇団や映像との共演を重ねる。大学卒業後、即興ダンサーとの共演をきっかけに即興に興味を持つようになり、その頃出会ったジャズミュージシャンにジャズの手ほどきを受け、クラシックのみならずジャズやボサノバ等、ジャンルの幅を広げた演奏活動を展開。現在に至る。
「chigiraのブログ: http://ameblo.jp/chiggram/」

yuka01.jpg 幡野 友香 Yuka Hatano (piano/vocal)
3歳よりピアノ、中学よりクラリネットを始め、桐朋学園大学クラリネット科卒業。 卒業後ジャズピアノを始め、ライブハウス・クラブ・幼稚園・小学校などでの演奏、病院・公共施設での活動、ホテル・デパートのイベント、ブライダル演奏、レコーディングなど活動の場を広げる。 ジャンルも様々で、スタンダードジャズ・トラッドジャズ・ボサノバ・サンバ・キューバラテン・クラシック・ミュージカル・ヒーリング・タンゴ・アルプス音楽と、幅広く活動する。
現場での幅広い経験と、幼少より養い音楽大学で裏付けされた知識をもとに2006年にはジャズのスタンダードブック「The Professional Standard Real Book」を出版。 プロはもとよりアマチュアミュージシャンにも愛用される本として全国で絶賛発売中。2008年8月、成美堂出版社より「CD付ひと目でわかるかんたん楽譜の読み方」を出版。2009年1月、成美堂出版社より出版された「懐かしい童謡唱歌と新童謡」の編曲を手がける。
現在は、何でも弾けるジャズピアニストとして活動中。
傍らで、音楽の楽しさを伝えたいという思いを持って、調律師でパートナーでもある鈴木康弘と横浜市青葉区に「音気楽工房」を立ち上げる。 現在は教室を経営すると同時に、幅広い年齢層の生徒さんにヴァラエティーに富んだレッスンを行っている。 ピアノとクラリネットの生徒さんはもちろん、ヴォーカルやサックス、ベースなどの他の楽器の生徒さんにジャズのアンサンブルの仕方、アドリブの仕方などをセッション形式でレッスンしている。 その他4つのゴスペルクワイヤーの伴奏・指導も行っている。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.07 Thu
志賀由美子&畑路子 Duo Live
志賀 由美子 (guitar)
畑 路子 (vocal)

生のガットギターとボーカルのデュオで、ジャズやボサノバなどを演奏します。
アンプラグドならではの、生音の心地良さをとことんお楽しみください。

2016年7月7日(木)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

~プロフィール~
志賀由美子さん 志賀 由美子 Yumiko Shiga(guitar)
東京都出身。13歳の頃、兄の影響でギターを始める。大学卒業後数年間、会社員生活を経験するが、突然ギターを再開し、音楽の道を目指す。1998年、ギブソンジャズギターコンテストにて、最優秀ギタリストを受賞、東京近郊のライブハウス・レストラン・ホテルなどで演奏活動を始める。ジャズギターは潮先郁男氏・廣木光一氏に師事。

畑路子さん_convert_20140203082802 畑 路子 Michiko Hata (vocal)
静岡県伊東市生まれ。小さい頃から「歌うこと」が好きでした。高校時代、ビートルズよりはフォークソングに夢中。PP&Mのコピーバンドを組んでいました。ジャズ・スタンダード・ソングに目覚めたのは40才半ば過ぎ。夢中になってしまったのは、「ライヴだから」に尽きます。2002年の初ライヴをきっかけに、自身で企画し歌い始めました。2003年ジャパン・ジャズ・ヴォーカル・ジャンボリーの新人オーディションに合格、マーサ三宅氏、笈田敏夫氏ら諸先輩と同じステージに立つ。2007年7月 1st CD "Skylark - on your wings" をリリース。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.08 Fri
パリの街角風ライブ
大野 弘毅 (bass)
大塚 雄一 (accordion)
guest 早稲田 桜子 (violin)

2016年7月8日(金)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,500+Tax

~プロフィール~
Koki_Ohno.jpg 大野 弘毅 Koki Ohno (bass)
神奈川県出身。幼少の頃よりクラシックの勉強を始め、18歳でジャズに目覚めアメリカ/シカゴ音楽大学に就学。
故Miles Davisの最後のベーシストRichard PattersonやChaka Kahnのベース/バンマスであるMelvin Davisに師事。
帰国後はゴスペルグループでの演奏をスタートし、葉加瀬太郎主宰HATS/Avexより「功刀丈弘&Abyss of time」のメンバーとして2枚のアルバムを発表。その後アリス、谷村新司、志方あきこ、岩崎良美、宮野真守など多数の作品への参加やライブサポートを行い、教則本の出版なども行う一方、
2000年頃よりブラジリアン、サルサ、フラメンコなどラテン音楽全般においてもライブなども勢力的に行う
公式サイト:http://www.kobass.com

大塚雄一さん_convert_20151101144729 大塚 雄一 Yuichi Ohtsuka (accordion)
日本では珍しいボタンアコーディオン奏者。
ボタンアコーディオンの独特な音色と形に強く惹かれ楽器を手にする。
あたたかな歌声を生かしたアコーディオンの弾き語りは独自の世界観で人々を魅了する。
フランスの音楽シャンソン、ミュゼットからビートルズ、映画音楽、オリジナルまで多彩な楽曲を奏でる。
1996年 第8回全国アコーディオンコンテスト朝日放送賞受賞。
1997年 ソロアルバム 『ACCORDIANA』リリース。
2013年 「バル・ミュゼット」を結成。(フランスの古いダンスミュージックを奏でるユニット)
ソロ活動の他にステールパン、ギターとのバンド「 PAN CAKE 」、ギターとベースとのバンド「モンジュー」などの楽曲はTVで耳にすることも多い。
最近では、秋元順子(愛のままで)、ブレイカーズ、ディーン、NHK子供番組などへのレコーディングやTV出演(エルムンド)、岸谷五朗率いる舞台での演奏指導など活動の幅は広い。
ボタンアコーディオンの個人レッスンもおこなっている。東京都在住。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.09 Sat
綿引ゆうソロピアノ弾き語りライブ & 飲み放題♪
綿引 ゆう (vocal/piano)

綿引さん
Jazz、ポップスなど、ピアノ弾き語りソロでお届けします。
2016年7月、CD発売!

★7月9日(土)限定企画!★
飲み放題+おつまみプレートのお得セットが ¥1,880(税別)

(ワイン赤・白、角ハイボール、角ロック・水割、ウーロンハイ、緑茶ハイ、麦茶ハイ、ソフトドリンクが飲み放題)
ちなみにMC込みで ¥3,980(税別)
と、とってもお得な価格となっております!
※飲み放題セットはつけなくてもOKです。
(おすすめセットはお休みさせていただきます)

2016年7月9日 (土)
1st stage 19:00~
2nd stage 20:00~
3rd stage 21:00~
Music Charge ¥2,100+Tax

~プロフィール~
綿引ゆうさん 綿引 ゆう (vocal/piano)
神奈川県横浜市出身、茨城県在住。ピアノ弾き語りによる演奏活動を展開中。
ピアノや合唱、幼い頃から彼女の身近にはいつも音楽があった。
北鎌倉女子学園高等学校音楽科で声楽を学び、昭和音楽芸術学院ミュージカル科を卒業。
決められた型に自分をはめるクラシックの世界を窮屈に感じていたとき、キーも、アレンジも、自由に楽しめるJAZZと出会ったことで、歌う楽しさを改めて実感した。
そして2014年、ピアノ弾き語りという新しい世界との出会い-。
自分で弾き、自分で歌うからこそ表現できる、一体感ある音楽がそこにはあった。
繊細な感情の揺れや溢れる高揚感を、自由なアレンジにのせて伝えられる楽しさ。
「これが、一番私らしい音楽のスタイル」そう感じた。
歌い、弾き、想いを届けることで、
彼女の紡ぐ音楽は、より豊かな表現力を手に入れ、進化を続ける。
現在は、ライブハウスやレストランなどでの弾き語りソロLIVE、saxとのデュオなど、茨城・東京を中心に活動中。
そして2016年、お気に入りの曲を集めた初のピアノ弾き語りアルバムをリリースする。
心に沁みる、透き通るような歌声。
優しさと力強さを内包した、伸びやかな歌声。
エンジェルボイスとも言われた歌声は、優しく耳に届き、幸福なひとときを与えてくれる。
「自分の好きな音楽を、自分らしい表現で、聴く人すべてに贈りたい」
”歌うメッセンジャー”綿引ゆうの音楽には、そんな想いが込められている。

歌うメッセンジャー綿引ゆうのブログ
http://yuuwatahiki.com/
Facebook
facebook.com/yuko.watahiki.3
綿引ゆうファンページ
https://www.facebook.com/watahiki.yuu/
Twitter
@yuu_watahiki

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.11 Mon
JAZZ & オリジナル
shu (vocal)
尾崎 琢也 (piano)
堀江 洋賀 (guitar)

2016年7月11日(月)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+tax

download2

Shu シュウ (vocal)
歌って踊りたい!!その感情のおもむくままライブを始めました。
皆さんとその想いを共感できたら嬉しいです!

201603241200313d2.jpg 尾崎 琢也 Takuya Ozaki (piano)
京都生まれ。自然科学に親しみ幼少期を過ごし、影響から学者を志すも三度の大学受験に失敗、一時断念。一方で、自然に学び、その合理性と美に魅せられる中で人間や芸術への関心が高まる。旅に遊びに明け暮れる放浪生活の中 24歳の頃ジャズピアニスト・ユキアリマサ氏の音楽に出会い感銘・師事。その後もピアニストとしては亀の歩みだが、継続と共に人生遠回りも素晴らしい糧であると体感し、肩書きや既存の概念に囚われず 人間的で音楽的な自由な表現を目指す。現況はジャズピアノを引っ提げ作曲、編曲、ライヴサポートやCD参加等、首都圏を中心に年間240本以上の演奏活動。周りの素晴らしいプレイヤーやアーティスト達に刺激を受けながら自らの表現を探究する日々。

堀江 洋賀 Hiroyoshi Horie (guitar)
12歳よりロックギターを始める。17歳からジャズに目覚め、色々な大学のジャズ研に通う。同時期、武藤洋氏、中嶋忠俊氏に師事。高校卒業後、都内・千葉を中心に演奏活動を始める。2008年にNYに渡り、セッションに参加。バリー・ハリス氏、ファビオ・モルジェラ氏のレッスンを受ける

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.12 Tue
Jazz Live
沖野 ゆみ (vocal)
尾崎 琢也 (piano)

2016年7月12日(火)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

download3

沖野ゆみさん 沖野 ゆみ Yumi Okino (vocal)
東京生まれ。子供の頃より父親の転勤で渡英、ロンドンに14年滞在する。ウエストエンド本場のミュージカルに魅了されロンドン市内にある名門演劇学校"Mountview Theatre School"のオーディションに最年少(16歳)・初の日本人として合格、3年間ミュージカルシアターを学ぶ。イギリスにおいて数々のショーケース、TV、CM出演を経験。2001年冬に日本帰国、ジャズに目覚め翌年春よりジャズヴォーカルを師事し、2002年8月に都内ライブハウスデビューしたヴォーカリスト。現在、都内・横浜を中心にエネルギッシュにライブ活動を展開中。

201603241200313d2.jpg 尾崎 琢也 Takuya Ozaki (piano)
京都生まれ。自然科学に親しみ幼少期を過ごし、影響から学者を志すも三度の大学受験に失敗、一時断念。一方で、自然に学び、その合理性と美に魅せられる中で人間や芸術への関心が高まる。旅に遊びに明け暮れる放浪生活の中 24歳の頃ジャズピアニスト・ユキアリマサ氏の音楽に出会い感銘・師事。その後もピアニストとしては亀の歩みだが、継続と共に人生遠回りも素晴らしい糧であると体感し、肩書きや既存の概念に囚われず 人間的で音楽的な自由な表現を目指す。現況はジャズピアノを引っ提げ作曲、編曲、ライヴサポートやCD参加等、首都圏を中心に年間240本以上の演奏活動。周りの素晴らしいプレイヤーやアーティスト達に刺激を受けながら自らの表現を探究する日々。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.13 Wed
Petty Blossom
Mai (vocal)
下梶谷 雅人 (guitar)
岩崎 千春 (piano)

【Petty Blossom】
スタンダードジャズからオリジナルポップスを演奏するユニット。
ジャズを基盤としたジャズポップなオリジナルとMai独特なアレンジがきいたジャズスタンダードで、楽しい時間をお届けします!

2016年7月13日(水)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

~プロフィール~
Mai まい (vocal)
9月23日東京都生まれ。小学校1年生の時クラシックピアノをはじめ、高校生の時からドラムをはじめる。音楽の専門学校卒業後、8人編成のブラスバンドに所属する。約2年の活動後、インディーズレーベルからCDを全国発売し、レコ発ライブで300人を動員。のち解散を機にボーカリストに転向。その頃ジャズに出会い魅了されていく。歌を梶原まりこ氏、発声を玉澤明人氏に師事。ジャズバーのオーディションをきっかけに、2010年から本格的にジャズバーを中心にカフェ、レストランなどで歌い始める。2012年にはRiefuを始め、HanaH、竹本健一等のオープニングアクトをつとめる。ジャズを歌う傍ら、日本語のオリジナル制作も行い、2013年5月22日、1st mini album「Wind Flower」をラッツパックレコードより、全国発売。アマゾン・タワレコ等、オンラインショップで購入可能。iTunesにて配信中。検索ワード【Mai Jofulworld】【Mai Jazz】

下梶谷 雅人 Masato Shimokajiya (guitar)
1988年1月30日生まれ、岐阜県中津川市出身。 14歳頃からギターを弾き始め、高校卒業と同時に上京。ポップスの専門学校に通いながら次第にジャズに傾倒、早稲田大学swing&jazzclubを始め大学にあるジャズ研に通うようになる。コンボ形式のバンドに参加するかたわら、早稲田大学ハイソサエティオーケストラにも参加。ソロギターからビッグバンドまで幅広いスタイルの演奏を経験する。専門学校卒業後はジャズクラブにてバイト、単身短期渡米等を経て、21歳の頃より都内を中心に演奏活動を開始。

岩崎千春さん_convert_20130424072215 岩崎 千春  Chiharu Iwasaki (piano)  
1979年生。高校卒業と同時に渡米し心理学を専攻するも、その後ジャズに出会いその道に進む。2005年オレゴン州立大学大学院ジャズ科を卒業。2006年に帰国後、現在は自己のトリオ,大隅卓也(as)Quartet,菊田茂伸(b)Trioを中心に東京,横浜近郊にて活動を展開中。千葉PLV音楽院ジャズ/ポピュラーピアノ科講師。
http://spinbox3.blog44.fc2.com/

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.14 Thu
楽しいボーカルセッション♪
石黒 直子 (piano)
太田 希 (guitar)

初心者の方も経験者の方も、楽譜をお持ちになり、ぜひお気軽にご参加ください。
ジャズ、ポップス、などなど、ジャンル問わず、経験豊かなピアノ&癒しの7弦ギターとともに、楽しく歌っていただけます♪

★この日限定のお得なお食事&ドリンクセットを1,500円+税でご用意いたします。前日までにご予約ください。
(お食事の内容はおまかせとなります。セットドリンクは800円までのお好きなものをどうぞ。)
※お食事予約なしの方は2オーダー以上をお願い致します。(通常のおすすめセットはお休みとなります)

2016年7月14日(木)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax
(お食事&ドリンクセットのご予約なしの方は、+要2オーダー以上)

~プロフィール~
石黒直子さん 石黒 直子 Naoko Ishiguro (piano)
ジャズピアニスト、作曲家 (日本作編曲家協会会員)
11月15日生まれ。東京都出身。3才よりクラッシックピアノを始める。
大学在学中にエレクトーンを沖浩一氏に師事、ポップス音楽への開眼のきっかけとなる。演奏家としての活動を開始。その後、故 八城一夫氏にジャズピアノを師事。ソウルジャズバンド「ソウルドレッシング」を始め、あらたなスタイルでの演奏活動を開始。2000年以降には、得意のジャズテイストと和を融合させ、妖艶かつメロディアスな独自の世界感で曲作りを開始。新人アーティストへの楽曲提供、FM、TBS等でのON AIR によっても多くの人の耳に触れ、これぞ大人が待ち望んでいた音楽!と高い評価を得る。
現在も精力的にライブ活動をこなしながら、作曲家としてますますノっている日々。

太田希さん2_convert_20110123172021 太田 希(guitar)
Swingyな癒しの7弦ギターリスト。その特長を活かしたsoloやduoのような少人数からBig Bandまで、さまざまな編成で、カフェ、バー、レストラン、ラウンジ、パーティー会場、イベントなどで演奏している。PAN SCHOOL OF MUSIC卒。2005年、7弦ギターに転向。2007年、アルバム「Blue Cloud Jazz Orchestra Vol.2」がJazz Life誌に掲載される。2008年、音楽工房Corcovado,Jazz Workshop講師。2010年、自己のユニット「kocooto」の1stCD「Around the World」をリリース。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.15 Fri
松永紀見子+高山伸理 Vocal & Piano Duo ☆
松永 紀見子(vocal)
高山 伸理 (piano)

2016年7月15日(金)
1st stage 19:30~
2nd stage 21:00~
Music Charge ¥1,600+Tax

~プロフィール~
紀見子さんデュオ2 松永紀見子+高山伸理デュオ
美しく豊かな音を奏でようと挑戦しているピアノ&ボーカルデュオ。
ジャズのほか、好奇心旺盛に洋楽ポップスや日本の唱歌など、東西の名曲を独自にアレンジ、カバーしています。
英語・日本語のオリジナルも制作。
「古き良きものを大切に、新しい音を生み出していきたい。」
そんな気持ちでお客さまに楽しんで頂けるよう、日々精進しております。
良かったらライブにいらしてください♪♪

20160108205217bed.jpg 松永 紀見子 Kimiko Matsunaga (vocal)
力強く優しい、透明感のあるナチュラルな歌声が魅力。6歳から祖母、母親の影響で三味線・長唄を始め、18歳で名取に。20歳になると同時に父親とジャズバーへ飲み歩くようになり、大きく方向転換。現在はその日本的感性を活かしてジャズ、ポップス、童謡のほか自身のオリジナルを歌い、都内中心にライブ活動中♪

201601082052227eb.jpg 高山 伸理 Nobusato Takayama (piano)
1980年生まれ。18才の時、Bill Evansに感銘を受け、ジャズピアノを始める。音楽理論、ジャズピアノを相内勝雪氏、ユキアリマサ氏に師事。洗足学園音楽大学を中退と同時に、演奏活動を開始。自己のトリオやクインテット、ヴォーカルユニット等、多数のバンドに参加、ライブ、セッション、イベント演奏等、活動範囲は多岐にわたる。2011年、LargoPhonレーベルより、コンボバンドInnocrossingの1stアルバム『Push Ones Way』をリリース。第31回浅草ジャズコンテストバンド部門審査員特別賞受賞。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.16 Sat
Trip to Brasil vol.15
久保田 裕加 (vocal)
菅又 -Gonzo- 健 (guitar)
山崎 陽子 (piano)

2016年7月16日(土)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,600+Tax

image_20130420194900.jpg 久保田 裕加 Yuka Kubota (vocal)
横浜生まれ。幼少期をアメリカで過ごす。ストリートカルチャーに影響を受け、ブラックミュージックやストリートダンスに傾倒。都内クラブ・ライブハウスを中心にライブ活動を開始し、その後、ニューヨークに渡りボーカルをJuanita Fleming氏に師事。幅広いジャンルの音楽に触れていく中で、ジャズのメロディやリズム、自由な発想に魅了され、本格的にジャズボーカリストとして活動を始める。現在は都内ジャズクラブ及びレストラン等を中心にライブ活動を行うほか、セッションホスト、TVCM(キリン午後の紅茶等)、多方面で精力的に活躍中。ジャズを難解なものとせず、独自の解釈で自由に歌いこなすスタイルが幅広い層に喜ばれている。

image_20130420195040.jpg 菅又 -Gonzo- 健 Ken Sugamata (guitar)
4歳の時、偶然入った幼稚園にてギターと運命的な出会いを果たし、ギターを始める。ギターオーケストラのソリストや、ソロギターとして、杉並公会堂や関内ホール、神奈川県立音楽堂等に出演。クラシックギターを演奏する。やがてブラジル音楽に出会い、そのリズム感・メロディ・懐の深さに圧倒され、ブラジル音楽に傾倒。再びガットギターに持ち替え、メイン楽器として位置づける。他、JazzやLatin、Pops、Rockなどで数々のユニットやバンドに参 加。クラシックで培った「リズム感」を武器に、音楽・ギターとして出来ることを日々模索している。2010年、ライブサポートメンバーとして Rockin' Japan Festival、Count Down Japan Festivalに出演。TV東京系「Japan Countdown」2011年3月度エンディングテーマ「雨粒(溝渕文)」作曲担当。2011年8月、ベトナム・ホーチミンでのライブの展開等、 国内外で年間100本を越えるライブ・レコーディングを行う。

dsc_4817-a.jpg 山崎 陽子 Yoko Yamazaki (piano)
幼少よりピアノを始め、音楽大学にて主科でピアノを専攻、副科で声楽とバイオリンを専攻。卒業後、Jazz系専門学校で様々な音楽に触れる中でブラジル音楽に出逢い、生命力溢れる強いリズムとリリカルな旋律、コード感に感銘を受け、傾倒してゆく。
現在、自己ユニットLaranjaをはじめ、MPB、Soul、Popsまで様々なタイプのアーティストのLive、レコーディングサポート等で活動中。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.19 Tue
Bluesy & funky jazz ~藤原真里子(vocal) with 天野丘(guitar)
藤原 真里子 (vocal)
天野 丘 (guitar)

時には優しく、時には弾けての2ステージ。
スタンダードジャズ以外のポップスも少しやります。
一息つきにいらしてください!

2016年7月19日(火)
1st stage 19:30~
2nd stage 21:00~
Music Charge ¥2,100

~プロフィール~
藤原真里子さん 藤原 真里子 Mariko Fujiwara (vocal)
5月18日生まれ。A型。ジャズをメインフィールドに、ポップス・R&B・ロックなども歌う。2012年5月より都内ジャズバー等でライブ活動をスタートする。
ブルージーでソウルフル、だけどユーモラスな面も併せ持つ歌とステージングが信条。シンガーとしては後発ながら、天性の耳のよさと艶のある声で急成長中。
「泣いた~」「笑った!」「明日もがんばる元気が出た」。そんなリピーターのお客様も増えてきました。ぜひ一度ご賞味ください!

天野丘さん 天野 丘 Takasi Amano (guitar)
1963年6月25日生まれ。AB型。中学生の頃よりギターを始め、その後Roots音楽院で沢田駿吾に師事。後に三好功郎のアシスタントを勤めながら、自己のトリオを結成。首都圏ライブハウスで、演奏活動をスタートする。
今までに、鈴木勲(b)ファミリー、井上淑彦(ts)、大友義雄(as)、福井五十雄(b)、塩本彰(g)スモール・オーケストラ、大野えり(vo)、中西隆(p)、小島のり子(fl)、仲宗根かほる(vo)、寺井尚子(vln)カルメンマキ(vo)等と共演。
現在は自己のトリオや、新しいユニット『zephyr(田口悌治=井上淑彦=天野丘)』での活動を軸に様々なセッションで活動。
また、日本工学院八王子専門学校総合ミュージック科では、音楽理論、作編曲の講義を持ち、後進の指導にあたっている。
リットーミュージック社刊行のロングセラー教則本「初めてのジャズ・ギター」「同レパートリー強化編」「弾けちゃう!ジャズギター」の著者としても知られている。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.20 Wed
Vocal & Guitar Duo ★くろすけ★ナイト
黒川 和美 (vocal)
鈴木 大輔 (guitar)

Jazz Bossa Pops オリジナルなど、女性ボーカルと男性ギターで心地よい夜をお届けします。

2016年7月20日(水)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

Kazumi+Kurokawa_convert_20160621095556.jpg 黒川 和美 Kazumi Kurokawa (vocal)
子供のころから洋楽・英語・ピアノに親しみ、サラヴォーンのCDを聴いてJAZZに魅せられる。 イギリス留学・外資系会社勤務を経て 自らも歌いはじめる。 Swing と言葉をたいせつに、心に響く歌を歌うことを信条にしている。 2014年6月 John Di Martino とのDuo による1st アルバム 【Life is Beautiful】 をリリース。Amazon. Diskunion.Tower Record等全国主要CD ショップ の他、 US.ドイツ.ロシア海外ネットショップでも好評発売中。
オフィシャルウェブサイト>>> http://www.beautiful-harmony.com/

鈴木大輔さん 鈴木 大輔 Daisuke Suzuki (guitar)
都内近郊を中心に活躍するジャズギタリスト。JAZZ LATIN FUNKなど様々な要素を取り入れオルガントリオ「メガネーズ」のリーダーとしての活動の他、多数のミュージシャンとの共演するなど様々なジャズシーンで活動している。クールなプレイスタイルから湧き出る音色は美しくとてもアーティスティックで感動を与えている。
オフィシャルブログ>>>http://ameblo.jp/suutaro-no07/

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.21 Thu
門馬姉弟
門馬 瑠依 (vocal)
門馬 由哉 (guitar)

北海道出身ギターデュオ・門馬姉弟(もんまきょうだい)が麹町にやってくる!
ポップスからジャズまで、爽やかな北の風のサウンドをお届けします

2016年7月21日(木)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

門馬瑠依さん 門馬 瑠依 Rui Monma (vocal)
5歳からクラシックピアノを本格的に習いはじめた事が、音楽の世界に足を踏み入れるきっかけとなる。20歳からボーカリストとして北海道札幌市内のvocal live BARを中心にレギュラー活動、当時はジャズではなくロックやR&Bを中心としたナンバーを歌っていた。ジャズとの出会いは22歳。ソロ活動に転向し、北海道内全域でライブ活動・イベント参加等幅広く活動。2006年、23歳で上京。ジャズを中心にポップス・R&Bなど様々なジャンルのプレイヤーと共演。インプロヴィゼーションを世界各国で活躍しているN.Y.在住ボーカリストDana Hanchard氏に師事。
ボイストレーニングをポップス歌手から舞台俳優まで絶大な信頼を得ている安ますみ氏に師事。関東を中心に、全国各地でライブ・イベント参加、有名ホテル演奏、コーラスサポート等で活動中。アコースティック感溢れる様々なプレイヤーとのライブ活動は好評を博している。ジャンルにとらわれない独自の世界観の中で、音に命を吹き込んでゆく。現在は演奏活動の他、講師としても活動の幅を広げている。
2011年5月、ロシア・サンクトペテルブルグで行われるNPO法人による日露文化交流の祭典に参加。
2011年6月、自身が企画・出演した東日本大震災チャリティコンサートは、大きく各方面から評価を受ける。
2013年4月、ファーストミニアルバム『Decision』発売
レギュラーバンド『めんかる』結成

門馬ユウヤさん 門馬 由哉 Yuya Monma (guitar)
北海道出身。1990年4月9日生まれ B型
ジャンルを問わず様々なアーティストのライブサポート
全国ホールツアー参加、TV音楽番組の演奏や
アーティスト楽曲、テレビCMのレコーディング等で活躍。
作曲活動も行い、自己のバンドでは札幌CityJazzFestival優勝
CDデビュー、Tront Jazz Festivalでの演奏も果たす。
【主な共演アーティスト】(敬称略)
クリスハート (47都道府県全国ツアー 続く道~2015-2016)
Ms.OOJA
ゴスペラーズ
BENI
May.J
キム・ジェジュン(ex.JYJ . 東方神起)
池田聡
中西圭三
【コンクール歴】
2006年 MIエレキギターコンテスト北海道大会優秀賞
2009年 GLC第34回学生ギターコンクール第二位
2010年 第39回神奈川新人ギタリストオーディション首席入賞
2011年 重奏コンクール[Axis Duo] で優勝
2011年 スペインギター音楽コンクール第二位
2012年 GLC第37回学生ギターコンクール第一位(大学生の部)
2014年 札幌Park Jazz Contest [門馬由哉Quartet]で優勝

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.22 Fri
ミュージカルマジシャンTOMOKO
TOMOKO (vocal/magic)
大森 聖子 (piano)
※おかげさまでこのライブは満席となっております。キャンセル待ちとなりますのでご了承ください。

ミュージカルマジシャンTOMOKOによる、That's Entertainment!
ジャズ、ポップス、ミュージカルナンバーに、プチプチマジック!
TOMOKOワールドでお楽しみください♪

2016年7月22日(金)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

~プロフィール~
TOMOKOさん TOMOKO ともこ (vocal/magic)
東京都出身。ニューヨークバレーアーツにダンス留学、バレエ・ジャズ・タップ・シアターダンス・ヴォイストレーニングを学ぶ。帰国後、ミュージカル、レビューショーなどに出演。H6~マジシャンシンコ―とコンビを組みシンコ―&トモコでバードマジックで活動。H14~ミュージカルマジシャンとしてソロでも活動。
現在、マジックに歌と踊りを取り入れたミュージカルマジック(ステージマジック)をはじめ、テーブルマジック、バルーンショー、またシンガーとしても活動中。ピアニストと一緒に歌を中心にマジックのエッセンスを入れたライブも好評。

大森聖子さん2 大森 聖子 Seiko Ohmiri (piano)
ピアニスト、アレンジャー、ローランド認定講師。3歳からピアノを始める。ジョージ・ウインストン、坂本龍一、久石譲、カーペンターズなどに影響を受け、学生時代より演奏活動を始める。現在はポップスバンドのサポートや、都内ライブハウス、バーなどの他、イベントやウエディングにて演奏活動中。ジャンルに捕らわれず、幅広い音楽を独自のアレンジを加えて演奏する。クラッシックピアノを山下美香氏、ジャズピアノを八木美恵子氏に師事。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.23 Sat
小田ちはる弾き語りライブ
小田 ちはる (vocal, keyboard)

2016年7月23日(土)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥1,800+Tax

~プロフィール~
小田ちはるさん 小田 ちはる Chiharu Oda (vocal, keyboard)
宮崎県延岡市に生まれる。18歳で小・中学校の教諭を目指し短大進学をきっかけに上京。
卒業後4年間、エステティックサロンへ勤務。24歳で出かけた沖縄で「芭蕉布」という曲にエネルギーを感じ、エステティックサロンを退職。やっと合格した音楽教室では合格後、教室事務のアルバイトをしながら講師の勉強を始める。講師としてレッスンを担当し始めると生徒も増えてきた。ここから講師をはじめとし、バックコーラス、CMコーラス、楽曲提供、仮歌入れ、などの裏方としての実績が重ねられていく。
初めてのライブは生徒に「ライブでの歌い方」を訊かれ教えるために初ライブを行う。このライブはグロリア・エステファンのカヴァー曲中心だった。
ここでライブの面白さを知りアコースティックライブバー「リベルテ」に週に1回の出演が決まる。
この頃から、心身に障害を持つ子供達へのコンサートに参加。
講師としてはテレビ東京オーディション番組「カヴァーしようよ」の講師として番組出演とヴォイストレーニングを行い、これを機に各プロダクション、レコード会社などの講師としての評価を受け依頼がくるようになる。
CDデビューをしてみようかと思ったのは27歳も終わる頃。それは爆風スランプのベーシスト「バーベキュー和佐田氏」との出会いがきっかけだった。この出会いからライブ活動が本格化、楽曲も自分のために書くようになっていった。30歳になった頃からCDを作るために動き始める。
2005年10月15日 5曲入ミニアルバム「子供のころ~時は流れて~」をインディーズレーベルaoyama-recordsよりリリース。この日からアーティスト小田ちはるとしての活動が開始した。発売後すぐに、収録曲「咲かせましょう、愛の花を」が全国のローソン店内音楽として三ヶ月間、使用される。
また2006年2月21日には、マキシシングル「うちへ帰ろう」をコロムビアエンタテイメントよりリリース。
埼玉県朝霞市でコミュニティFM「すまいるエフエム」が開局し、’06年10月より「小田ちはるのパワーオブミュージック」という番組をパーソナリティとして務めることになる。
また、ホテルパシフィック東京「ブルーパシフィック」の出演も定期的な依頼がようになっていく。
2007年2月27日に「空高く海青く」をトゥルーサウンドよりリリース。PVも完成し、YouTubeでも観ることができる。発売以降、宮崎の各メディアでの放送やイベント出演等により、さらに地元宮崎との関わりが深くなっていく。同時期に、テレビ神奈川でも毎週月曜日・朝8時より「キッズナビゲーション」で1年間オンエアされていた。
また、近年ではバンドフェスティバルやカラオケ大会のの審査委員も務めるなどコメンテーターとしても好評を得ている。
昨年は歌手・胡桃乃みちるマキシシングルを、初となるCD制作プロデュースを行い、提供曲「優~ゆう」は胡桃乃みちるの新境地を開いたと好評を得ておりプロデューサーとしても活動の幅を広げている。
心身に障害を持つグループとのコンサートは10年目となる。またWFP(世界食料計画)にもに参加し、CDの売り上げ寄付の活動を支援。年何度かのイベントも行われている。こうした社会貢献活動が話題を呼び、病院や施設の慰問ライブ、チャリティライブなど多くの声がかかるようになっている。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.25 Mon
Vocal & Piano Duo
坂元 杏理 (vocal)
大谷 桃 (piano)

2016年7月25日(月)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

~プロフィール~
xUg64JaV.jpg 坂元 杏理 Anri Sakamoto (vocal)
群馬県生まれ、埼玉県育ち。中学、高校時代は吹奏楽部に所属し、フルートパートを担当。 明治学院大学に入学し、英文学を学ぶ。同大学のジャズ研究会に入部し、ジャズフルートを始める。 大学四年生の時、Nobie氏の歌に衝撃を受けてヴォーカルに転向、ブラジル音楽に傾倒する。同氏に師事。 以後、自身のリーダーバンドを中心に活動。数多くのライブやセッションにゲストシンガーとして参加。 主な共演者に、今泉総之輔(quasimode)、三好功郎、八木のぶお、楠直孝各氏。 現在は、Jazz、Brazil音楽、R&B等、幅広いジャンルのレパートリーを持ち、都内、神奈川のライヴハウスで精力的に活動している。 透明感溢れる、甘さとクールさを併せ持った歌声で着実にファンを増やしている。

o064006401422944121807.jpg 大谷 桃 Momo Ohtani (piano)
1992年東京都西東京市生まれ。
幼い頃より母の影響でエレクトーンとピアノを始め、様々な音楽に親しみを持つ。
電子オルガン科で大学へ入学後、ジャズ科の友人や先生と知り合ったことがきっかけでジャズへ転身。
3年生よりジャズピアノをユキアリマサに師事。
在学中より、東京、横浜を中心にしてジャズやポップス、様々なジャンルでライブやセッションを通じ、活動を始める。
尚、自宅にてピアノ、エレクトーンの講師も勤めている。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.26 Tue
Happy Jazz☆
田村 麻由 (vocal)
太田 希 (guitar)

みなさんの明日をちょっと元気に…♪

2016年7月26日(火)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

田村麻由さん_convert_20120505183658 田村 麻由 Mayu Tamura (vocal)
東京都出身。De Anza College, CA 音楽科卒業。幼少よりクラシックピアノを習い、高校時代に渡米。ヴォーカルジャズ専攻。在学中、Roger Letson氏に師事。ヴォーカルグループにて活動。その傍らゴスペル、ポピュラーの演奏も行う。帰国後、山川秀明氏に師事。スキャットやヴォーカリーズをスタイルとし、現在都内近郊で活動中。

太田希さん2_convert_20110123172021 太田 希 Nozomu Ota (guitar)
Swingyな癒しの7弦ギターリスト。その特長を活かしたsoloやduoのような少人数からBig Bandまで、さまざまな編成で、カフェ、バー、レストラン、ラウンジ、パーティー会場、イベントなどで演奏している。PAN SCHOOL OF MUSIC卒。2005年、7弦ギターに転向。2007年、アルバム「Blue Cloud Jazz Orchestra Vol.2」がJazz Life誌に掲載される。2008年、音楽工房Corcovado,Jazz Workshop講師。2010年、自己のユニット「kocooto」の1stCD「Around the World」をリリース。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.27 Wed
ピアノ&サックスJazz ~息の合ったデュオをお届けします~
中島 明子 (piano/vocal)
堤 智恵子 (sax)

ピアノとサックス、女性二人で息の合ったduoをお届けします!

2016年7月27日(水)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

中島明子さん 中島 明子 Akiko Nakajima (piano/vocal)
山梨県生まれ。3歳よりクラシックピアノを習い、12歳よりエレクトーンも並行して習ったことが、その後の音楽性に多大な影響を与える。中学一年の時には山梨県小中学校作曲コンクールで最優秀賞を受賞するなど、幼い頃より音楽の才能を発揮。私立山梨英和高校を経て、専修大学法学部法律学科へ入学。同時にジャズサークルの「MJAブルーコーラル」に入部し、4年間ピアノに没頭、卒業後そのままピアニストとしての活動を開始。当初はピアノのみの活動であったが、弾き語りを始めたところ好評を博し、ピアノ・歌という現在のスタイルを確立する。2000年に自己のピアノトリオ『TRIOGRAPH(トリオグラフ)』を結成、アルバム『The Sound Of TRIOGRAPH』を自主制作。2004年にはソロアルバム『音の葉』をキャスネットよりリリース。ピアノ、歌のみならず作編曲にもその才能を発揮しており、2005年~2006年にかけて中央アート出版社よりジャズ弾き語り、ジャズボーカルのCD付教則本を9冊発売。ピアノレッスンにも定評がある。モットーは自己の音の追求。

堤智恵子さん 堤 智恵子 Chieko Tsutsumi (sax) 
埼玉県大宮市生まれ、誕生日は10月24日。
東京音楽大学(サックス科)在学中にジャズの魅力にとりつかれ、土岐英史氏に師事し、奏法・理論などを学ぶ。
多くのベテランプレーヤーとのセッションで一定の評価を得た後、 1994年、今田勝氏(ピアノ)率いる“今田勝&NOWIN”に抜擢され、本格的にプロ活動を開始 。1999年発表の1stアルバム『Soaring Feather』に続き、オリジナルアルバム『Tiny Pocket』『イーリャブランカ』を発表。 2006年には初のカバーアルバム『みずいろの雨』をリリース。J-POPの名曲たちをジャズアレンジでカバーしたこのアルバムは、世代を越えて多くの人々に愛好されている。2008年、株式会社サンフォニックスへの所属と同時に、5thアルバム『Morango e Moranga(苺とかぼちゃ)』、2009年12月に初のジャズスタンダードアルバム『Someone to watch over me』を発売。その伸びやかな音色、卓越した演奏技術、メロディックなアドリブセンスは、多くのファンを獲得している。
現在、首都圏のライブハウスを中心に活動し、リーダーライブ以外でも、つのだ☆ひろ、今田あきらエバーグレイズ等に参加するなど、その活動は多岐にわたっている。また、創造学園大学、つのだ☆ひろworld music schoolなどにおいて、未来のアーティストを目指す後進たちへこれまでに培ったテクニックや経験を惜しみなく披露、指導者としての評価も高まっている。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.28 Thu
Isao's Melting Pot スパニッシュジャズ
大橋 いさお (guitar)
大野 弘毅 (bass)
容昌 (percussion)

スパニッシュギター、ウッドベース、パーカッションのトリオでお送りします!

2016年7月28日(木)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,000+Tax

大橋いさおさん 大橋 いさお Isao Ohashi (guitar)
幼年期、タイのバンコク滞在時にギターに興味を持ち始める。帰国後、故芳志戸幹雄に出会い、クラシックギターを師事する。
後年、米国バークリー音楽大学にてジャズと民族音楽を学び、スペインとメキシコでスパニッシュギターの技術を修得。
また、世界各地でのフィールドワークから得た体験を反映させたオリジナル曲は、TV(日本テレビ)や舞台音楽にも使用される。
初ソロ作「大橋いさお」には、ベテランべーシスト「岡沢章」、個性派パーカッショニスト「コスマス・カピッツァ」が参加、同年にNHKラジオ「Session 505」や韓国国営放送に出演。ソロ二作目「メロディア・パラ・シゲ」には、世界的ドラマー「神保彰」アジア最高峰のべーシスト「納浩一」等が参加。ソロ三作目、ギター独奏集「ギタルラ・スアベ」を発表。ソロ四作目、トリオ回帰作「メルティンポット」を発表。またクラブジャズバンド「IBB」に加入、作品四枚を発表する。

Koki_Ohno.jpg 大野 弘毅 Koki Ohno (bass)
神奈川県出身。幼少の頃よりクラシックの勉強を始め、18歳でジャズに目覚めアメリカ/シカゴ音楽大学に就学。
故Miles Davisの最後のベーシストRichard PattersonやChaka Kahnのベース/バンマスであるMelvin Davisに師事。
帰国後はゴスペルグループでの演奏をスタートし、葉加瀬太郎主宰HATS/Avexより「功刀丈弘&Abyss of time」のメンバーとして2枚のアルバムを発表。その後アリス、谷村新司、志方あきこ、岩崎良美、宮野真守など多数の作品への参加やライブサポートを行い、教則本の出版なども行う一方、2000年頃よりブラジリアン、サルサ、フラメンコなどラテン音楽全般においてもライブなども勢力的に行う。
公式サイト:http://www.kobass.com

容昌さん 容昌 Yosuke (percussion)
大分県出身。米ボストン、バークリー音楽院卒業。在学中、ラテンを中心に様々なスタイルの音楽を学び、セッション、ライヴ、レコーディングに参加。また、Latin Night, Tribute to Brazilian Composers, Singers Showcase などのイベントにも出演し、Victor Mendoza、Eguie Castrillo等の同大学教授と共演。他ボストン近郊で多数演奏活動を行う。それらの活動が認められ、「Outstanding Percussionist Award」受賞。
2005年5月 、同大学卒業後ニューヨークに移り、主にサルサ、ラテンジャズ、ブラジル音楽を多数のミュージシャンと共演。Fiesta Latina にて、コロンビア出身のラテンバンド「OASIS」 のパーカッションメンバーとしてレギュラー出演。
同時期に、マイケル・ブレッカー、ニコラス・ペイトン、リチャード・ボナなどのパーカッション奏者であるダニエル・サドウニックに師事し、ジャズ、R&B、ポップス、ロック、ファンクなどのパーカッションアプローチを学ぶ。また、プエルトリコに単身で渡り、セペーダ一家に伝統音楽のボンバ、プレーナなどを学ぶ。
2007年 活動拠点を東京に移す。ミゲル・デ・バダホスとの出会いによりフラメンコでの活動を始め、以後多くの舞台に出演。
バルセロナにて、フラメンコカホンを Isaac Vigueras " Rubio"に、マドリードにて Pirana に師事。マノロ・マリン、ラファエル・アマルゴ、ヘスス・アギレラ、ホアン・オガジャ、エミリオ・フロリード など、著名なフラメンコプレイヤーと共演。
Avexアーティスト・志方あきこ「コンサート2009ハルモニア」参加。
モヒカーノ関ラテンジャズ8重奏団、台湾ツアーに参加。
現在、都内を中心にライブやレコーディング、ツアーなど様々な分野で活動中。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.29 Fri
シャンソン・ポップス・ちょこっとJAZZ
向井 伸子 (vocal)
多羅 紗恵子 (piano)
吉久 亜紀 (violin)
download.png

♪主にシャンソン界で活躍しているお二人と。
シャンソンやPOPSなど、今までのレパートリーにないような曲を歌います!

2016年7月29日(金)
1st stage 19:30~
2nd stage 21:00~
Music Charge ¥2,400+tax

小島伸子さん2 向井 伸子 Nobuko Mukai (vocal)
横浜市出身。 大学入学時にコーラス部に入部、讃美歌やクラシックを歌う。
ある時、兄からJazzの名盤CDを大量に譲り受け、感銘し、自身もJazzVocalを志す。
会社勤めの傍らVocalレッスンを受け、2007年秋より、都内・横浜でライブを開始。
印象深い透明で深い歌声、躍動するスウィング感、温かみの溢れるステージングが魅力。
2011年5月、『神戸ジャズヴォーカルクイーンコンテスト』本選出場。
2011年12月、デビューアルバム『Stretch Over』をリリース。

多羅紗恵子さん 多羅 紗恵子 Saeko Tara (piano)

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.07.30 Sat
Jazz Trio Live
鳴海 望美 (vocal)
紺野 雄作 (piano)
中村 奏太 (bass)

2016年7月30日(土)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,000+Tax

ジャズスタンダード中心に、ポップスなどもお送りする予定です。

~プロフィール~
鳴海望美(vo) 鳴海 望美 Nozomi Narumi (vocal)
1987年生まれ、北海道出身。高校在学中にElla Fitzgeraldを聴き、ジャズに興味を持ち始める。大学在学中は軽音楽部所属。Erykah BaduやD’Angeloといったネオソウルを中心とした黒人音楽に傾倒する。大学卒業後は、バンドに所属しオリジナル曲を演奏する。
現在は、都内のライブハウスやジャズバーにてjazzを歌っている。

紺野雄作(p) 紺野 雄作 Yusaku Konno (piano)
1988年生まれ、北海道出身。東北大学ジャズ研にて、ジャズにのめり込む。三年前より茨城県在住となり、都内の様々なセッションに通い修行しながら、ライブ活動も行っている。

中村奏太(b) 中村 奏太 Souta Nakamura (bass)
1993年生まれ。高校生の頃、父親が趣味でジャズピアノをやっていた影響でジャズに興味をもち、ポール・チェンバースに憧れてコントラバスを始める2013年に東京理科大学に入学。モダンジャズ研究会に入部し、先輩からジャズを学ぶ。

過去のライブ&イベント    Top↑