東京のまんなかのちいさなDining & Bar♪麹町駅徒歩5分・半蔵門駅徒歩5分・永田町駅徒歩8分
店のご案内 | お知らせ | 月間スケジュール | ライブスケジュール | 過去のライブ&イベント | クーポン | リンク | イベント開催 | PACOお知らせメール | 
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
QRコード
携帯サイトはこちらから
QRコード
QRコード読取機能付携帯でアクセス
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Jazz Spot PACO
≪2016.04  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2016.06≫
カテゴリー
プロフィール

ジャズスポットパコ

Author:ジャズスポットパコ
Jazz Spot PACO ジャズスポットパコ
東京・麹町の小さなダイニングバーです。

★Twitterはこちら

★facebookはこちら

♪営業時間♪
ランチタイム 月~金 11:30~14:00 L.O.
夜 火~土 18:30~23:00 L.O.(変更になる場合もあります)
♪定休日♪
日・祝

★Mapionで地図を見る★

★Googleで地図を見る★

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-6-11エクシール平河町102

電話:03-3221-1780

●東京メトロ有楽町線 麹町駅1番出口より徒歩5分
●東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅1番出口より徒歩5分
●東京メトロ半蔵門線・有楽町線・南北線 永田町駅4番出口より徒歩約8分
●JR・東京メトロ丸の内線 四谷駅赤坂口より徒歩約15分

♪メールはこちら♪

皆様のお越しをお待ちしております♪

「 2016年05月 」 の記事一覧
2016.05.02 Mon
Vocal & Piano Duo
坂元 杏理 (vocal)
大谷 桃 (piano)

2016年5月2日(月)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

~プロフィール~
xUg64JaV.jpg 坂元 杏理 Anri Sakamoto (vocal)
群馬県生まれ、埼玉県育ち。中学、高校時代は吹奏楽部に所属し、フルートパートを担当。 明治学院大学に入学し、英文学を学ぶ。同大学のジャズ研究会に入部し、ジャズフルートを始める。 大学四年生の時、Nobie氏の歌に衝撃を受けてヴォーカルに転向、ブラジル音楽に傾倒する。同氏に師事。 以後、自身のリーダーバンドを中心に活動。数多くのライブやセッションにゲストシンガーとして参加。 主な共演者に、今泉総之輔(quasimode)、三好功郎、八木のぶお、楠直孝各氏。 現在は、Jazz、Brazil音楽、R&B等、幅広いジャンルのレパートリーを持ち、都内、神奈川のライヴハウスで精力的に活動している。 透明感溢れる、甘さとクールさを併せ持った歌声で着実にファンを増やしている。

o064006401422944121807.jpg 大谷 桃 Momo Ohtani (piano)
1992年東京都西東京市生まれ。
幼い頃より母の影響でエレクトーンとピアノを始め、様々な音楽に親しみを持つ。
電子オルガン科で大学へ入学後、ジャズ科の友人や先生と知り合ったことがきっかけでジャズへ転身。
3年生よりジャズピアノをユキアリマサに師事。
在学中より、東京、横浜を中心にしてジャズやポップス、様々なジャンルでライブやセッションを通じ、活動を始める。
尚、自宅にてピアノ、エレクトーンの講師も勤めている。
スポンサーサイト

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.03 Tue
VERONICA VERONICO After live party
"VERONICA VERONICO" are
gt.寺本 憲之、vo.鍵子、ac.gt.樋口 キヨジ、per.渡邊 勝人

※4/28(木)に開催される他会場ライブのアフターライブパーティーとなります。ご予約をお願い致します。

2016年5月3日(火・祝) open 19:00
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
Music Charge ¥1,600+Tax

ドラムとギター2本のスタイルによるベースレスバンド。
Post Rock/ Progressive を経過したサウンドとポエトリーリーディングを巧みに交えた歌唱が「劇場的」な音像を紡ぎだす。
あらゆる音楽の技法を用いて奏でられる楽曲はアーシー且つジャングリー(月間Player誌評による)であり、プログレッシブ。
ボーカルの確立したメロディと相まって映像、風景の観えるロックバンドであると評される。
曰く"劇情型ロックバンド"
(HPより抜粋)
http://veronica-veronico.com/

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.04 Wed
比嘉ローラ&川畑淳Duo Live & タロットナイト☆
比嘉 ローラ (vocal)
川畑 淳 (piano)

ヴォーカルとピアノのデュオで、ジャズ、ブラジル音楽&ポップスをお楽しみください♪
タロットをご希望の方はタロットリーディングセッション(イベント特別価格:10分ごと1000円)を承ります。
占いを超えた運命をクリエイトする21世紀のツールとも言われ、行動力を促してくれる「ボイジャータロット」を、この機会に是非ご体験ください!

2016年5月4日(水)
1st stage 19:30~
2nd stage 21:00~
Music Charge ¥2,100+Tax
※タロット (ご希望の方のみ) ¥1,000/10分

比嘉ローラさん MagicianAndReverseinGold.jpg
比嘉 ローラ Laura Higa (vocal)
ジャズヴォーカル:
東京生まれ。幼少の頃より音楽、特に洋楽ポップスに慣れ親しむ。
ヴォーカルスクールを経て、Jazz vocal をヨーコ・サイクス氏、Bossa Nova を Wilma Oliveira 氏に師事。
透明感のある高音かつ若干ハスキーな歌声と英国留学経験による堪能な語学力を生かしたヴォーカルには定評がある。
曲の原語の持つ響きを大切に歌うことを目標としている。都内および近郊にてライブ活動中。
タロットリーディング:
一般社団法人タロットリーダー協会およびボイジャータロットジャパンにてタロットを学ぶ。
2014年7月よりTRA公認タロットリーダーとして活動中。
https://www.facebook.com/laurahiga.voice

AtsushiProfBiggerPhoto.jpg 川畑 淳 Atsushi Kawahata (piano)
1972年宮城県生まれ。6才よりピアノを始める。
中学、高校時代はバンド活動に傾倒。ベースとキーボードを担当する傍ら独学で音楽理論を学ぶ。
専修大学経済学部入学後はジャズサークルに入部。ジャズピアノを独学で学びながらコントラバスを谷克己氏に師事。
卒業後ベーシストとしてプロ活動を始めるが徐々にピアノ・キーボード奏者へ転向。
現在はライブ活動の他、宝塚、東宝、ホリプロ等のミュージカルオーケストラのメンバーとして活動中。
ベーシストの感覚、リズム感を持ち合わせた演奏には定評がある。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.06 Fri
PACO de NIGHT with 中溝ひろみ
中溝 ひろみ (vocal)
尾崎 琢也 (piano)
堀江 洋賀 (guitar)

1460557100629.jpg

天使のような癒しのクリアボイス・中溝ひろみ。一年ぶりの当店復帰ライブです。
ピアノの手品師・尾崎琢也プレゼンツによるしっとりとした夜をお過ごしください♪

2016年5月6日(金)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

中溝ひろみさん 中溝 ひろみ Hiromi Nakamizo (vocal)
佐賀県生まれ、千葉県育ち。東京学芸大学 教育学部音楽科卒業。3歳からピアノを始める。高校時代クラシック声楽を学び始めるが、ビリーホリデイのアルバムと出会い衝撃を受ける。以後ジャズに傾倒し、大学時代にジャズギタリスト宮之上貴昭氏に見出されて歌手としてデビュー。本格的なライブ活動を開始。また、海老原淳子氏にピアノの弾き語りを師事。2008年、浅草ジャズコンテストボーカル部門にてグランプリを授賞。同年 NY へ渡り武者修行へ、様々なワークショップやセッションに参加。2011年、上海にて開催された東日本大震災支援コンサートに出演して好評を得る。そのほか三次市の桜まつりに特別ゲストとして出演するなど地方へのツアーやまち興しイベントでも活躍。2011年、ファーストアルバム『Song for a Sky』ジャズやアメリカンポップス、ブラジル音楽などを幅広く唄いこなす傍らオリジナル曲も個性的で好評を得ており、『1000億のキセキ』は2012年の介護作文フォトコンテストのテーマソングとして採用される。2013年、オリジナル曲を集めたミニアルバム『1000億のキセキ』を発売。美しい天使のような歌声と比類のないそのクリアボイスが魅力。そして誠実で真摯なその歌は多くの人を惹きつける。
うたうたいひろみのぶろぐ~♪
http://hirojyri.blog26.fc2.com/
Hiromi Nakamizo Website
http://utahiromi.web.fc2.com/index.html

201603241200313d2.jpg 尾崎 琢也 Takuya Ozaki (piano)
京都生まれ。自然科学に親しみ幼少期を過ごし、影響から学者を志すも三度の大学受験に失敗、一時断念。一方で、自然に学び、その合理性と美に魅せられる中で人間や芸術への関心が高まる。旅に遊びに明け暮れる放浪生活の中 24歳の頃ジャズピアニスト・ユキアリマサ氏の音楽に出会い感銘・師事。その後もピアニストとしては亀の歩みだが、継続と共に人生遠回りも素晴らしい糧であると体感し、肩書きや既存の概念に囚われず 人間的で音楽的な自由な表現を目指す。現況はジャズピアノを引っ提げ作曲、編曲、ライヴサポートやCD参加等、首都圏を中心に年間240本以上の演奏活動。周りの素晴らしいプレイヤーやアーティスト達に刺激を受けながら自らの表現を探究する日々。

堀江 洋賀 Hiroyoshi Horie (guitar)
12歳よりロックギターを始める。17歳からジャズに目覚め、色々な大学のジャズ研に通う。同時期、武藤洋氏、中嶋忠俊氏に師事。高校卒業後、都内・千葉を中心に演奏活動を始める。2008年にNYに渡り、セッションに参加。バリー・ハリス氏、ファビオ・モルジェラ氏のレッスンを受ける。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.07 Sat
沖野ゆみJazz Live!
沖野 ゆみ (vocal)
千装 智子 (flute)
岩谷 耕資郎 (guitar)

2016年5月7日(土)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,600+Tax

~プロフィール~
沖野ゆみさん 沖野 ゆみ Yumi Okino (vocal)
東京生まれ。子供の頃より父親の転勤で渡英、ロンドンに14年滞在する。ウエストエンド本場のミュージカルに魅了されロンドン市内にある名門演劇学校"Mountview Theatre School"のオーディションに最年少(16歳)・初の日本人として合格、3年間ミュージカルシアターを学ぶ。イギリスにおいて数々のショーケース、TV、CM出演を経験。2001年冬に日本帰国、ジャズに目覚め翌年春よりジャズヴォーカルを師事し、2002年8月に都内ライブハウスデビューしたヴォーカリスト。現在、都内・横浜を中心にエネルギッシュにライブ活動を展開中。

千装智子さん 千装 智子 Tomoko Chigira (flute)
武蔵野音楽大学器楽科卒業。在学中より同級生らを中心とした変則的室内楽団を結成し、単独公演の他、劇団や映像との共演を重ねる。大学卒業後、即興ダンサーとの共演をきっかけに即興に興味を持つようになり、その頃出会ったジャズミュージシャンにジャズの手ほどきを受け、クラシックのみならずジャズやボサノバ等、ジャンルの幅を広げた演奏活動を展開。現在に至る。
「chigiraのブログ: http://ameblo.jp/chiggram/」

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.09 Mon
癒しのまやワールドへおこしやす
ふるみ まや (vocal)
山田 メイ (piano)

2016年5月9日(月)
1st stage 19:30~
2nd stage 21:00~
Music Charge ¥2,100+Tax

~プロフィール~
ふるみまやさん ふるみ まや Maya Furumi (vocal)
米国で世界的歌手ケヴィン・レトー氏より「ミックス・ボイス理論」の指導を受け帰国後、3年間ユニットで活動後、ソロ活動へ。3枚のアルバムを発売し、年間150本のペースで精力的にライブ活動中。「天使の声」と言われる透き通る歌声。渡米以前に下条アトムさんのラジオ番組(文化放送)でレギュラー出演をしている。
▶2007年5月22日、本間敏之氏(虎舞竜)全プロデュースで、Full Album ‘Strings’を発売。
▶2009年5月2日、八島純一(Hound Dog)トリビュートアルバム`Daddy’s Work’ 2曲参加。
▶2009年7月24日、本間敏之氏(虎舞竜)全プロデュースで、2nd. Album ‘Celestial Note’を発売。

shapeimage_1.png 山田 メイ Mei Yamada (piano)
静岡県浜松市出身。
愛知県立芸術大学ピアノ科卒業。青年海外協力隊員として、カリブ海のセントルシアという国で、3年間を過ごす。セントルシア音楽学校常勤ピアノ講師を務める。またセントルシアに滞在中に英国王立音楽院のピアノ演奏ディプロマを取得。
帰国後、ジャズピアニストを志し、上京。
現在、サルサバンドや、ジャズ、ポップス、シャンソン伴奏など、幅広いジャンルで演奏活動中。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.10 Tue
松永紀見子+高山伸理 Vocal & Piano Duo ☆
松永 紀見子(vocal)
高山 伸理 (piano)

2016年5月10日(火)
1st stage 19:30~
2nd stage 21:00~
Music Charge ¥1,600+Tax

~プロフィール~
紀見子さんデュオ2 松永紀見子+高山伸理デュオ
美しく豊かな音を奏でようと挑戦しているピアノ&ボーカルデュオ。
ジャズのほか、好奇心旺盛に洋楽ポップスや日本の唱歌など、東西の名曲を独自にアレンジ、カバーしています。
英語・日本語のオリジナルも制作。
「古き良きものを大切に、新しい音を生み出していきたい。」
そんな気持ちでお客さまに楽しんで頂けるよう、日々精進しております。
良かったらライブにいらしてください♪♪

20160108205217bed.jpg 松永 紀見子 Kimiko Matsunaga (vocal)
力強く優しい、透明感のあるナチュラルな歌声が魅力。6歳から祖母、母親の影響で三味線・長唄を始め、18歳で名取に。20歳になると同時に父親とジャズバーへ飲み歩くようになり、大きく方向転換。現在はその日本的感性を活かしてジャズ、ポップス、童謡のほか自身のオリジナルを歌い、都内中心にライブ活動中♪

201601082052227eb.jpg 高山 伸理 Nobusato Takayama (piano)
1980年生まれ。18才の時、Bill Evansに感銘を受け、ジャズピアノを始める。音楽理論、ジャズピアノを相内勝雪氏、ユキアリマサ氏に師事。洗足学園音楽大学を中退と同時に、演奏活動を開始。自己のトリオやクインテット、ヴォーカルユニット等、多数のバンドに参加、ライブ、セッション、イベント演奏等、活動範囲は多岐にわたる。2011年、LargoPhonレーベルより、コンボバンドInnocrossingの1stアルバム『Push Ones Way』をリリース。第31回浅草ジャズコンテストバンド部門審査員特別賞受賞。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.11 Wed
Vocal & Piano Duo Live
星野 里朱 (vocal)
尾崎 琢也 (piano)

2016年5月11日(水)
1st stage 19:30~
2nd stage 21:00~
Music Charge ¥2,100+Tax

星野里朱さん 星野 里朱 Satoshi Hoshino (vocal)
アマチュアジャズバンドのピアノから音楽活動を始めたが、ナット・キング・コールに憧れてボーカルに転向し、ボーカリストとして都内を中心にライブ出演をするようになる。
自己ユニットで2011年7月自主制作ファーストアルバム「私のジャズソング」をリリース。
最近は、ジャズにとらわれず好きな曲をカバーすることにも挑戦中。
ブログ「mad about jazz」http://89035336.at.webry.info/

201603241200313d2.jpg 尾崎 琢也 Takuya Ozaki (piano)
京都生まれ。自然科学に親しみ幼少期を過ごし、影響から学者を志すも三度の大学受験に失敗、一時断念。一方で、自然に学び、その合理性と美に魅せられる中で人間や芸術への関心が高まる。旅に遊びに明け暮れる放浪生活の中 24歳の頃ジャズピアニスト・ユキアリマサ氏の音楽に出会い感銘・師事。その後もピアニストとしては亀の歩みだが、継続と共に人生遠回りも素晴らしい糧であると体感し、肩書きや既存の概念に囚われず 人間的で音楽的な自由な表現を目指す。現況はジャズピアノを引っ提げ作曲、編曲、ライヴサポートやCD参加等、首都圏を中心に年間240本以上の演奏活動。周りの素晴らしいプレイヤーやアーティスト達に刺激を受けながら自らの表現を探究する日々。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.12 Thu
楽しいボーカルセッション♪
石黒 直子 (piano)
太田 希 (guitar)

初心者の方も経験者の方も、楽譜をお持ちになり、ぜひお気軽にご参加ください。
ジャズ、ポップス、などなど、ジャンル問わず、経験豊かなピアノ&癒しの7弦ギターとともに、楽しく歌っていただけます♪

★この日限定のお得なお食事&ドリンクセットを1,500円+税でご用意いたします。前日までにご予約ください。
(お食事の内容はおまかせとなります。セットドリンクは800円までのお好きなものをどうぞ。)
※お食事予約なしの方は2オーダー以上をお願い致します。(通常のおすすめセットはお休みとなります)

2016年3月9日(水)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax
(お食事&ドリンクセットのご予約なしの方は、+要2オーダー以上)

~プロフィール~
石黒直子さん 石黒 直子 Naoko Ishiguro (piano)
ジャズピアニスト、作曲家 (日本作編曲家協会会員)
11月15日生まれ。東京都出身。3才よりクラッシックピアノを始める。
大学在学中にエレクトーンを沖浩一氏に師事、ポップス音楽への開眼のきっかけとなる。演奏家としての活動を開始。その後、故 八城一夫氏にジャズピアノを師事。ソウルジャズバンド「ソウルドレッシング」を始め、あらたなスタイルでの演奏活動を開始。2000年以降には、得意のジャズテイストと和を融合させ、妖艶かつメロディアスな独自の世界感で曲作りを開始。新人アーティストへの楽曲提供、FM、TBS等でのON AIR によっても多くの人の耳に触れ、これぞ大人が待ち望んでいた音楽!と高い評価を得る。
現在も精力的にライブ活動をこなしながら、作曲家としてますますノっている日々。

太田希さん2_convert_20110123172021 太田 希(guitar)
Swingyな癒しの7弦ギターリスト。その特長を活かしたsoloやduoのような少人数からBig Bandまで、さまざまな編成で、カフェ、バー、レストラン、ラウンジ、パーティー会場、イベントなどで演奏している。PAN SCHOOL OF MUSIC卒。2005年、7弦ギターに転向。2007年、アルバム「Blue Cloud Jazz Orchestra Vol.2」がJazz Life誌に掲載される。2008年、音楽工房Corcovado,Jazz Workshop講師。2010年、自己のユニット「kocooto」の1stCD「Around the World」をリリース。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.13 Fri
Bluesy & funky jazz ~藤原真里子(vocal) with 天野丘(guitar)
藤原 真里子 (vocal)
天野 丘 (guitar)
※このライブはおかげさまで満席となりました。キャンセル待ちとなりますのでご了承ください。

時には優しく、時には弾けての2ステージ。
スタンダードジャズ以外のポップスも少しやります。
一息つきにいらしてください!

2016年5月13日(金)
1st stage 19:30~
2nd stage 21:00~
Music Charge ¥2,100

~プロフィール~
藤原真里子さん 藤原 真里子 Mariko Fujiwara (vocal)
5月18日生まれ。A型。ジャズをメインフィールドに、ポップス・R&B・ロックなども歌う。2012年5月より都内ジャズバー等でライブ活動をスタートする。
ブルージーでソウルフル、だけどユーモラスな面も併せ持つ歌とステージングが信条。シンガーとしては後発ながら、天性の耳のよさと艶のある声で急成長中。
「泣いた~」「笑った!」「明日もがんばる元気が出た」。そんなリピーターのお客様も増えてきました。ぜひ一度ご賞味ください!

天野丘さん 天野 丘 Takasi Amano (guitar)
1963年6月25日生まれ。AB型。中学生の頃よりギターを始め、その後Roots音楽院で沢田駿吾に師事。後に三好功郎のアシスタントを勤めながら、自己のトリオを結成。首都圏ライブハウスで、演奏活動をスタートする。
今までに、鈴木勲(b)ファミリー、井上淑彦(ts)、大友義雄(as)、福井五十雄(b)、塩本彰(g)スモール・オーケストラ、大野えり(vo)、中西隆(p)、小島のり子(fl)、仲宗根かほる(vo)、寺井尚子(vln)カルメンマキ(vo)等と共演。
現在は自己のトリオや、新しいユニット『zephyr(田口悌治=井上淑彦=天野丘)』での活動を軸に様々なセッションで活動。
また、日本工学院八王子専門学校総合ミュージック科では、音楽理論、作編曲の講義を持ち、後進の指導にあたっている。
リットーミュージック社刊行のロングセラー教則本「初めてのジャズ・ギター」「同レパートリー強化編」「弾けちゃう!ジャズギター」の著者としても知られている。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.14 Sat
Vocal Jazz Night ~由美子の部屋~
井之上 由美子 (vocal)
尾崎 琢也 (piano)
小澤 基良 (bass)

1461828400500.jpg
PACO&ピアノ尾崎氏プレゼンツによる、Jazz & Bluesの夜。
奥深さを感じさせるのに、重くなく、思わず耳を奪われてしまう歌声に、
遊び心のあるピアノと骨太で温かいベース。ぜひ!

2016年5月14日(土)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

~プロフィール~
井之上由美子さん 井之上 由美子 Yumiko Inoue (vocal)
中学生時代からギターに親しむ。高校生時代にバンドを結成、ロック、ボップスを歌い、ジャズボーカルを鈴木陸夫氏に師事するも、結婚、妊娠を機に子育てに専心。2012年に社会人ビッグバンドにボーカルとして参加し、活動を再開。

201603241200313d2.jpg 尾崎 琢也 Takuya Ozaki (piano)
京都生まれ。自然科学に親しみ幼少期を過ごし、影響から学者を志すも三度の大学受験に失敗、一時断念。一方で、自然に学び、その合理性と美に魅せられる中で人間や芸術への関心が高まる。旅に遊びに明け暮れる放浪生活の中 24歳の頃ジャズピアニスト・ユキアリマサ氏の音楽に出会い感銘・師事。その後もピアニストとしては亀の歩みだが、継続と共に人生遠回りも素晴らしい糧であると体感し、肩書きや既存の概念に囚われず 人間的で音楽的な自由な表現を目指す。現況はジャズピアノを引っ提げ作曲、編曲、ライヴサポートやCD参加等、首都圏を中心に年間240本以上の演奏活動。周りの素晴らしいプレイヤーやアーティスト達に刺激を受けながら自らの表現を探究する日々。

小澤基良さん 小澤 基良 Motoyoshi Ozawa (bass)
神奈川県横浜市出身。 東京農業大学卒業後ジャズの道を志し東京理科大学ジャズ研究会へ入部。独学でジャズを勉強し、数年後にプロ活動を開始。 WOVEN NOTESのメンバーとしてニューヨークへの武者修行を経験し、 本場アメリカの音楽や芸術に対して自然に接する感覚に感銘を受ける。 ごつくて温かい音色で空気をどっしりさせるようなベーシストを目指し都内や横浜で活動中。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.16 Mon
Vocal & Bass Duo Live
畑 路子 (vocal)
加藤 真一 (bass)

単音しか出ない「声」と、重音を出す事は出来るが基本単音の「ベース」。
デュオの中でも一番シンプルな組合せかもしれません。

2016年5月16日(月)
1st stage 19:30~
2nd stage 21:00~
Music Charge ¥2,100+Tax

~プロフィール~
畑路子さん_convert_20140203082802 畑 路子 Michiko Hata (vocal)
静岡県伊東市生まれ。小さい頃から「歌うこと」が好きでした。高校時代、ビートルズよりはフォークソングに夢中。PP&Mのコピーバンドを組んでいました。ジャズ・スタンダード・ソングに目覚めたのは40才半ば過ぎ。夢中になってしまったのは、「ライヴだから」に尽きます。2002年の初ライヴをきっかけに、自身で企画し歌い始めました。2003年ジャパン・ジャズ・ヴォーカル・ジャンボリーの新人オーディションに合格、マーサ三宅氏、笈田敏夫氏ら諸先輩と同じステージに立つ。2007年7月 1st CD "Skylark - on your wings" をリリース。

加藤真一さん 加藤 真一 (bass)
北海道空知郡奈井江町出身。石狩平野のど真ん中、幼少時代は文化、芸術とはあまり縁のない生活だったが、健康で立派な田舎もんだった。小学生、中学生時代は音楽より絵に興味を示し、美術の成績は9年間オール5、美術コンクール入賞の常連だった。しかし、15才の時ビートルズを聞いてからギターを弾きはじめ、高校時代はロックバンドを結成、クリームやディープパープルなどのコピーバンドで地元のコンテストや学園祭で演奏する。ふつうここで非行に走るのだが、おおらかな北海道の田舎ではその心配は全くなかった。
しかし、相変わらず絵が好きなのと、父親に「楽譜が読めなきゃ音楽なんかじゃ食えん」と言われ、(絵のほうがもっと喰えないじゃないか!)東京デザイナー学園に進むが、隣のヤツが数段私より上手だったので、あっさり絵はあきらめ、またロックバンドをやり始め、中退。
その後ブルースに興味を持ち当時ブルースの盛んな京都へ。が、あまりに勝手に弾いていたので、見かねたその当時のバンドメンバー(成瀬秀之:キーボード奏者、現在関西で活躍中)の勧めでアン・ミュージックスクールに進み3年間、音楽理論と鈴木淳氏にアコースティックベースを学ぶ。成績優秀、特待生で卒業。
この時期、神戸のクラブ、キャバレー、ディスコでプロ生活スタート。同時にジャズに開眼。のち鈴木氏の勧めで上京。ホテルラウンジのピアノトリオで一年間演奏する。(この一年間は徹底的にしごかれ、いい想い出なし。)あまりに酷かったのでジャズに嫌気がさし、札幌に移り、ジュネスオーケストラでクラシックを演奏したりして(NHKテレビで全国放送された)半年ほどジャズから遠ざかるが、とってもうまかったので、友人の勧め(おだてられ)でジャズライブ活動再開する。なかでも定期的に行なったフリースタイルを含めたベースソロのライブは新聞等に取り上げられ注目を集めた。またこの時期 札幌交響楽団首席奏者、藤沢光雄氏に師事。
1985年ドラムスの猪俣猛トリオ(西直樹:ピアノ)に抜擢され再び上京。同トリオにて全国のオーケストラ、吹奏楽団とも共演する。またジャズでは大友義雄グループを中心に西直樹、遠藤律子、高橋知己、佐藤達哉、三好功郎、黒田京子らのグループはじめ多くのミュージシャンと共演、多種多様な音楽を演奏、活躍する。また、池田篤、椎名豊を擁した自己のカルテットではオリジナル曲を中心に演奏する。
1991年には、この時期に活躍中の若手ミュージシャンを集めて、全曲オリジナルのアルバム(You Can Touch My Heartstrings・自主制作)を発表、好評を博す。
1992 年永住権取得を機会にニューヨークに移住。シーラ・ジョーダン、ヘレン・メリル、またアキラ・タナ率いるアジアン・アメリカンジャズアンサンブル、グレッグ・マーフィートリオ、アーニー・ローレンスグループ、ハル高内トリオで演奏する。またさまざまなセッションで活躍。
1994年猪俣の率いるJJJASのツアーに参加、カーネギーホールで演奏。その後メキシコを楽旅。10月には、マイク・スターンを迎えてのリーダーアルバム(Something Close To Love・キング・KICJ222)をリリース。
1995年帰国、佐藤允彦、中川昌三、辛島文雄トリオ、1996年、木住野佳子トリオで全国ツアー。1997年、猪俣猛でインドネシア、大山日出男カルテットで韓国ツアー。
1999年10月、全曲オリジナルのベース独奏アルバム(Old Diary・サウンドヒルズレコード:TLCD1001)をリリース。嶋津健一ダブルダブルベースセッションなど アコースティック・ベースの魅力にスポットを当てた活動も展開し始める。
2001年、佐藤允彦とのデュオアルバム(Duet 独ナゲル・へイヤー2017)が全米全欧でリリースされ、国際的評価も得る。
2002年、佐藤允彦トリオ(Tipo CABEZA)、富樫雅彦(JJ Spirits)に参加。
2004年、5枚目のリーダーアルバム、(B-HOT CREATIONS / EndressJourney ローヴィング・スピリッツ RKCJ-2012)をリリース。
2005年、佐藤允彦(Saifa)とドイツ・メールスジャズフェスティバル、オランダ(BIMHUIS)に出演。 アラキネマ(去年ノ夏、青ノ時代)参加。また、(B-HOT CREATIONS / SET ME FREE ローヴィング・スピリッツ RKCJ-2017)をリリース。
2006年、ライブアルバム(Live in Northland / KATO-SATOH-TAPPY ローヴィング・スピリッツ RKCJ-2020)をリリース。
現在は自己のグループ(B-HOT CREATIONS:田中信正、斉藤良、NOBIE)をはじめ、佐藤允彦トリオ(Tipo Cabeza)、市川秀男トリオ、鈴木和郎トリオ、嶋津健一トリオ、井上ゆかりトリオ、村上寛トリオのレギュラーである。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.17 Tue
Roselili
やまざき さえこ (vocal)
山田 夢子 (vocal)
堀内 なほみ (vocal)
トオイ ダイスケ (piano)

2016年5月17日(火)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

12670335_1026006134103743_7093766574101223581_n.jpg

~プロフィール~
山田夢子さん2 山田 夢子 Yumeko Yamada (vocal)
音楽好きで、4歳からピアノを習う。小学校では合唱部に所属。高校、大学と音楽学校に進む。国立音楽大学時代、合唱研究のゼミに所属し、歌と指揮法、教育を研究。教員免許を取得。大学卒業後、合唱団に入り国内・海外のコンクールやフェスティバルに参加。演奏活動を続ける。友人に会いにNYに遊びに行ったことや、様々な出会いをきっかけに自由な音楽、jazzに目覚める。jazz vocalをむさぼるように聴き、セッションに出かけるようになる。高田馬場gateoneでvocal 『梶原まり子』に出会う。vo.梶原まり子とgt.橋本信二に師事。jazzスタンダードを中心に、pops、bossa、funkを独自のアレンジで歌う。
現在、 アンサンブルでは『東京レディースコンソート’さやか’』、『Xapaカラー』に所属し、アンサンブルの新境地を追求。JAZZボーカルユニット『ROSE & Lily』としてもライブ活動している。合唱指導、ボイトレ指導も出張で行っている。
生徒さん募集中!!同時に、ソロで都内ライブハウスやレストランでライブ活動中。どこへでも歌いに行きます!

トオイダイスケさん トオイ ダイスケ Daisuke Toi (bass/piano)
エレクトリック・ベーシスト、ピアニスト。東京を拠点に、主にジャズ、ポップスのセッションやバンドで演奏している。うたものユニット"まばら"の一員。ベースとボーカル、作詞作曲を担当する。シンプルで静けさとあたたかみのある音や声を、いろいろな時間や場所や音楽のなかで提供している。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.18 Wed
マミコ・バード&トオイダイスケDuo Live
マミコ・バード (vocal)
トオイ ダイスケ (piano)

2016年5月18日(水)
1st stage 19:30~
2nd stage 21:00~
Music Charge ¥2,100+Tax

~プロフィール~
マミコバードさん2 マミコ・バード (vocal/piano)
ジャズ中心の歌手。シンガーソング ライター。ジャズシンガーとしては、アメリカでの生活、ステージ経験を生かした、英語という言語のもつナチュラルなグルーブ感を大切に歌っています。
人となりが自然に出るような歌をうたっていきたい。
そのために日々遊びに仕事に勉強に真摯にむきあってがんばっています!笑
ライブハウスでのステージの他、各種パーティーも承っておりますのでご用命がございましたらよろしくお願いします。
また、「一人一人の感性を、一つ一つのloveを、一人一人の人生を…写真をとるようにオリジナルソングにして残す」
という観念で知的所有権、著作権を所有しています。
プロフェッショナル向けのみならず、社歌校歌を始めとして個人にもオリジナルソングを制作、販売しています。

トオイダイスケさん トオイ ダイスケ Daisuke Toi (bass/piano)
エレクトリック・ベーシスト、ピアニスト。東京を拠点に、主にジャズ、ポップスのセッションやバンドで演奏している。うたものユニット"まばら"の一員。ベースとボーカル、作詞作曲を担当する。シンプルで静けさとあたたかみのある音や声を、いろいろな時間や場所や音楽のなかで提供している。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.19 Thu
二又純 & Gonzo Duo
二又 純 (vocal)
菅又 -Gonzo- 健 (guitar)

Brazil、Pops、Jazzなど、透明感のある歌声と情熱的なギターでお送りします。

2016年5月19日(木)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

~プロフィール~
二又純さん 二又 純 Jun Futamata (vocal)
幼少期より音楽に触れ親しみ、2005年より数々のメジャーアーティスト作品へヴォーカル、コーラス及びコーラス・アレンジとして参加。その秀逸なコーラスワークと独特な歌声で人気を博す。
一方で、透明感のある声が好評を呼び都内ラジオ局FM J-waveのインターネットラジオパーソナリティを務める。
2006年 NYに留学。現地の実力派ミュージシャンとセッションを重ねる。
帰国後、Jun名義で活動を開始。note nativeのメインボーカルとして3枚のアルバムに参加。1stアルバム"Reflect"は、オリコンインディーズチャートで6位、iTunes Music Storeダンスチャートで6週連続1位を記録。
また、Franc franc、Wired Cafe、House Nation、ディズニー オフィシャルカバーアルバムなど様々なコンピレーションCDに参加。収録アルバムがiTunes Music Store総合チャート1位を獲得。
2011年 映画「パラダイス・キス」の挿入歌に抜擢。2012年東京マラソンのオフィシャルソングに参加、
2014年フジテレビ「僕のいた時間」劇中曲に参加する他、ダンスやアートとのコラボレーション、CMソングや映画、ラジオの選曲など、多方面で注目を集めている。

Gonzoさん 菅又 -Gonzo- 健 Ken -ごんぞう- Sugamata (guitar)
1977年 東京都生まれ。
4歳の時、偶然入った幼稚園にてギターと出会い、ギターを始める。エリス・レジーナに度肝を抜かれ、ジョアン・ボスコに打ちのめされブラジル音楽に傾倒。顔に似合わず綺麗な音とダイナミックなグルーヴを身上とし、ガットギターで都内を中心に様々な場所で活動中。クロサワ楽器お茶の水クラシックギター本店、ボサノヴァ講師。
2012年よりカンボジアの子供達に思いっきりギターを弾いてもらうため、ギターを送るプロジェクト「Cambodia Guitar Project」を継続中。
HP:http://gonzoguitarra.wix.com/gonzoguitarra

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.20 Fri
《ウッドベース&ピアノDuo+女性ヴォーカル》優しい歌声を、初夏の風にのせて
今木 優子 (vocal)
尾崎 琢也 (piano)
野村 晃介 (bass)

nomura1.jpg
今木さんの、しなやかで落ち着いた歌声は、いつも人の心を爽やかに癒やしてくれます。
その歌に寄り添ったり、鼓舞したりと自由自在に音を編んでいく尾崎さんのピアノ。
そして、ウッドベースの豊かな音色とリズムで、初夏の優しい夜を演出します。

2016年5月20日(金)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥1,800+Tax

imaki small11 今木 優子 (vocal)
幼少期より、U.S.エアフォース(ワーレン)にて洋楽洋画にかぶれた父親の影響を受けジャズ、ポップスに親しむ。高校時代には音大を目指すも直前に挫折。学生時代はバンド活動に明け暮れる。その後、ジャズボーカルに深い魅力を感じることになり、ジャズボーカリスト、ミヤマカヨコ氏に師事。現在はジャズシンガーとして都内、埼玉を中心にホテル、レストラン、ライブハウス等で活動している。

OzakiTakuya6goo small 尾崎 琢也 (piano)
京都生まれ。自然科学に親しみ幼少期を過ごし、影響から学者を志すも三度の大学受験に失敗、一時断念。一方で、自然に学び、その合理性と美に魅せられる中で人間や芸術への関心が高まる。旅に遊びに明け暮れる放浪生活の中 24歳の頃ジャズピアニスト・ユキアリマサ氏の音楽に出会い感銘・師事。その後もピアニストとしては亀の歩みだが、継続と共に人生遠回りも素晴らしい糧であると体感し、肩書きや既存の概念に囚われず 人間的で音楽的な自由な表現を目指す。現況はジャズピアノを引っ提げ作曲、編曲、ライヴサポートやCD参加等、首都圏を中心に年間240本以上の演奏活動。周りの素晴らしいプレイヤーやアーティスト達に刺激を受けながら自らの表現を探究する日々。

野村晃介さん 野村 晃介 (woodbass)
横浜国立大学入学とともにモダンジャズ研究会に入部。楽器はウッドベース。クロスオーバー(フュージョン)が流行し、エレキベースがジャズにどんどん入ってきたが、ウッドベースにこだわる。いまだに、紫煙漂う(本人は禁煙30年まであと少し)ほの暗いお店で低音を唸らせるベースマン・・。こういうジャジーな情景に憧れ続けている。美術にも造詣が深くその多才な持ち味が、穏やかなウッドベースの響きにさらに魅力を添えている。主に東京西部のライブハウス等でライブ、セッションホストとしても活動中。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.21 Sat
kocootoのお久しぶりJazz Live @PACO
若松 さやこ (vocal)
太田 希 (guitar)

2016年5月21日(土) open 17:00
1st stage 17:30~
2nd stage 18:45~
Music Charge ¥2,100+Tax

kocooto_convert_20100227171421.jpg kocooto(コク―ト)
2008年に結成したボーカリストSayaと7弦ギターリストNozomuのJAZZ/POPSユニット。
「心に響く音」を目指し都内近郊中心に活動中。
2010年4月にファーストミニアルバム発売。

Sayaさん2 若松 さやこ Sayako Wakamatsu (vocal)
Airyな優しいVoiceを持つ情熱的で表現豊かなボーカリスト。
4歳からエレクトーン6歳からピアノを習い始める。Berklee College of Musicへピアノで入学後、ヴォーカル科へ転科。Donna.McElroy氏、Fred Lipsius氏、Bob Winter氏など、著名音楽家に師事。帰国後は、通訳/ゴスペル講師/ヴォイストレーナーをしながら、JAZZ/R&B/POPS/オリジナルを中心にライブ出演。その他翻訳/ラジオ出演/ピアノ伴奏/着うたの仕事など。2004年よりボーカルスクールの専任講師となり、元格闘家須藤元気氏の2006年デビュー作「Love&Everything」で専任ボイストレーナー及びソングディレクションを行う。

太田希さん2_convert_20110123172021 太田 希 Nozomu Ota (guitar)
Swingyな癒しの7弦ギターリスト。その特長を活かしたsoloやduoのような少人数からBig Bandまで、さまざまな編成で、カフェ、バー、レストラン、ラウンジ、パーティー会場、イベントなどで演奏している。PAN SCHOOL OF MUSIC卒。2005年、7弦ギターに転向。2007年、アルバム「Blue Cloud Jazz Orchestra Vol.2」がJazz Life誌に掲載される。2008年、音楽工房Corcovado,Jazz Workshop講師。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.23 Mon
ササミー&アッコ Duo Live
Sasammy (vocal)
中島 明子 (piano/vocal)

ジャズ・ポップス・ソウルと多彩なジャンルのライブと、二人の楽しいトークで素敵な夜を!

2016年5月23日(月)
1st stage 19:30~
2nd stage 21:00~
Music Charge ¥2,100

佐々木隆宏さん2 Sasammy ササミー (vocal)
10月7日 千葉県市川市生まれ。中学・高校時代にブラスバンド部にて、トロンボーンを担当する。その後玉川大学芸術学科在学中に、学内の英語ミュージカル部に所属。ヴォーカルをらいらかおる氏に師事し、楽典・Pops・Soul・Jazz・Gospelを学ぶ。2007年よりジャズヴォーカリストとして活動を開始。2009年よりOldies・Disco・Soulを演奏する7人組バンド「Lily Babies(リリーベイビーズ)」に参加。都心近郊のライブハウス・企業イベントにて活動中。男性でも女性でもない、中性的なキャラクターとステージングで観客を惹きつけ、Jazzを軸にPops・Soulとジャンルにこだわらず、人を笑顔に出来る歌を目指し、ステージに立っている。

中島明子さん 中島 明子 Akiko Nakajima (piano/vocal)
山梨県生まれ。3歳よりクラシックピアノを習い、12歳よりエレクトーンも並行して習ったことが、その後の音楽性に多大な影響を与える。中学一年の時には山梨県小中学校作曲コンクールで最優秀賞を受賞するなど、幼い頃より音楽の才能を発揮。私立山梨英和高校を経て、専修大学法学部法律学科へ入学。同時にジャズサークルの「MJAブルーコーラル」に入部し、4年間ピアノに没頭、卒業後そのままピアニストとしての活動を開始。当初はピアノのみの活動であったが、弾き語りを始めたところ好評を博し、ピアノ・歌という現在のスタイルを確立する。2000年に自己のピアノトリオ『TRIOGRAPH(トリオグラフ)』を結成、アルバム『The Sound Of TRIOGRAPH』を自主制作。2004年にはソロアルバム『音の葉』をキャスネットよりリリース。ピアノ、歌のみならず作編曲にもその才能を発揮しており、2005年~2006年にかけて中央アート出版社よりジャズ弾き語り、ジャズボーカルのCD付教則本を9冊発売。ピアノレッスンにも定評がある。モットーは自己の音の追求。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.24 Tue
穂積翔太(g)×大野圭子(vo,flh)Duo
大野 圭子 (vocal,flugelhorn)
穂積 翔太 (guitar)

2016年5月24日(火)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

IMG_20151116_144206.jpg 大野 圭子 Keiko Ohno (vocal,flugelhorn)
川崎生まれ。横浜育ち。現在の実家は八王子。
中学の吹奏楽部で初めての金管楽器フレンチホルンに触れる。
その後、ブリティッシュスタイルのブラスバンド「こどもの城ユースバンド」にてアルトホーン担当。様々なジャンルの曲を演奏する中で演奏する事からジャズに出会う。
大学入学と共にジャズ研究会に入部。トランペットを始める。
セッションに行くようになり、
セッションホストのミュージシャンからボーカルへの転向を勧められる。
その後、ジャズボーカリスト鈴木輪氏に師事。
数年後、都内ライヴハウス等でライヴ活動を開始。
2014年、長年勤めたコーヒーチェーン店を退社し、
またフリューゲルホーンを始める。
現在、使用してる楽器は、
関内ABsmile 故 樺島オーナーの遺品。

12030915_695794820552318_342719906_n.jpg 穂積 翔太 Shouta Hozumi (guitar)
2012年より演奏活動を開始する。
ジャズを中心にボサノバ、ポップス、ロックを演奏していく。2012年志賀さんとのユニットでモントルージャズインかわさきに出て好評を得る。2013年、2014年とVoice of stringsとして東京倶楽部 水道橋店に出演して好評を得る。作曲を得意として曲に自己投影するのが音楽をやっている1番の理由です。
最近はソロでの演奏に力をいれている。志賀由美子さんに師事。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.25 Wed
ちんとしられまーず~ツインサックス&ピアノJAZZ~
多田 誠司 (a.sax)
南雲 麻美 (a.sax)
山野 友佳子 (piano)

2016年5月25日(水)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,600+Tax

ジャズサックス好きの方必見!師弟で奏でるハーモニー、そしてバトル?を臨場感たっぷりのこの空間で、ぜひお楽しみください!

多田誠司さん 多田 誠司 Seiji Tada (a.sax)
1960年、香川県高松市生まれ。中学、高校を通じて吹奏楽部でFluteおよび指揮者を担当する。岡山大学入学と同時にJAZZ研究会に入部。20才の時AltoSaxに転向する。大学卒業後、就職のため地元に帰り、セミプロの立場で中四国・京阪神のライブハウスで活動するが、JAZZへの情熱を捨て切れず、1988年上京。都内ライブハウスで活動を開始する。1997年6月、待望の初リーダー作『THE GIG』を東芝EMIより発売。SWINGJOURNAL誌主催、97年度「日本ジャズ賞」部門で第三位に入るなど、各方面より絶賛される。またトランペッター日野皓正に認められ1999年から2009年まで彼のグループにレギュラーメンバーとして参加。2005,2009年には佐藤允彦SAIFAの一員として欧州ツアーに参加するなど海外でも数多く活動する。特に2013年は日本人としてただ一人参加し、伝説のアルト、Charles McPhersonとのバトルで共演を果たすなど、世界の一流アーティストとの共演も多数。2014年からは若手トップミュージシャンたちと二つのユニット、「T.I.A」、「Oaky」を結成、若手ミュージシャンの育成にも力を入れている。また自己のグループでNHK-FM「セッション’97、’98、505、2012」に出演。また2001年10月にはNHK-BS日蘭ジャズ週間に参加、オランダ人ジャズメンとの共演が放映されるなどTV・ラジオ等への出演も多数。
現在リーダーバンドとして「God Hands QUARTET」「T.I.A(Thanks in advance)」「Oaky」「arbeg」を率いる他、スガダイローpとのデュオ、福田重男pとのデュオ、BLUENOTE All Star Bigbandなど多方面で活動中。また、教育活動にも力を入れていて、2005年からは世田谷区の中学生を対象としたドリームジャズバンド(校長:日野皓正)の指導、2007年からは大阪市の50才以上を対象としたHe Knows Orchestraの指導、2013年6月からはYAMAHAの協力で船橋にアマチュアビッグバンド、フォレストシティビッグバンドを創設し、指導を行うなど、精力的にアマチュアミュージシャンたちの指導を行っている。また、2012年から仙台市定禅寺ストリートジャズでYAMAHA Swing Carnivalのファシリテーターとして100人以上に上る参加者のまとめ役を務める。また、洗足音楽大学および飯田ジャズスクール、Da Capoで講師として教鞭をとる。2013年、地元高松市観光大使を拝命。

南雲 麻美 Asami Nagumo (sax)
富山県出身。中学生からサックスを始める。東京音楽大学サックス科で吹奏楽や室内楽等のクラッシックを学び、卒業後の数年クラッシックで活動の後、ジャズに転向。ジャズサックスを多田誠司、大森明の両氏に師事。現在、都内を中心に演奏活動を行う他、ファーストCDの準備中。

山野友佳子さん_convert_20140419151521 山野 友佳子 Yukako Yamano (piano)
3歳からヤマハ音楽教室でピアノを習い始める。東京音楽大学付属高等学校~同大学へ進学し本格的に音楽を学び始める。18歳からジャズを習い、演奏活動を開始。その後、自身のオリジナル楽曲の演奏活動も開始。ジャズピアノを清水絵理子氏に、クラシックを小高明子氏、稲田潤子氏に師事。また、学内にてペーテル・ヤブロンスキー氏の公開レッスンを受講。現在多くのライブハウスやフェスティバルに出演、海外公演や海外のアーティストと共演するなど、幅広いジャンルで活動を展開している。その他、KORG Cafe Style認定講師、リー・エバンス協会研究員。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.26 Thu
田口理恵×金澤健太
田口 理恵 (vocal)
金澤 健太 (guitar)

2016年5月26日(木)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

田口理恵3さん_convert_20130424071749 田口 理恵 Rie Taguchi (vocal)
東京都生まれの関西育ち。4歳よりピアノを始め、ヤマハのJOCで幼少期から作曲、アンサンブル、即興演奏などを学ぶ。武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。その後、ラウンジピアニストとして都内レストラン、ホテル、ブライダル等での演奏を幅広く行っていたが、その後始めた弾き語りが好評を博し、ボーカリストとしての活動を開始。東京倶楽部、六本木サテンドール、代々木Naru等、都内ライブハウスに多数出演する他、弾き語りでは東京ドームホテルのアーティストカフェ等、都内バーにレギュラー出演中。Jazz VocalをCharitoに師事。

金澤健太さん 金澤 健太 Kenta Kanazawa (guitar)
東京生まれ。幼少の頃よりビートルズを聞いて育つ。小学生でミュージシャンである父親の影響もあり、ギターを手にする。高校を卒業後、都内のライブハウス等を中心に音楽活動を始める。その後内海利勝(ex.キャロル)、寺本修(ex.キングトーンズ)、峰厚介、など様々なジャンルのプレイヤーとライブを重ねる。2010年には幾見雅博、大友正明(ex.バブルガムブラザーズ)等と「ALLIGATOR BOGALOO BAND(Jemstone)」に参加。現在は都内のライブハウス、ジャズクラブ等中心に活動中。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.27 Fri
Vocal & Flute & Piano Jazz
向井 伸子(vocal)
坂野 尚子 (flute)
トオイ ダイスケ(piano)

2016年5月27日(金)
1st stage 19:30~
2nd stage 21:00~
Music Charge ¥2,300+Tax

~プロフィール~
小島伸子さん2 向井 伸子 Nobuko Mukai (vocal)
横浜生まれ横浜育ち。音楽をはじめるきっかけは、大学時代。白と黒のクラシックな舞台衣装に憧れて女声コーラス部に入部する。教会で賛美歌などを歌いながらアンサンブルの楽しさ、声の持つ威力を肌で感じる。20歳のとき、はじめてジャズの生演奏を聴く。一瞬にしてジャズの虜になる。社会人になり、念願のジャズボーカルを習い始める。『人の心に届く歌をうたいたい』という思いを胸に、2007年より東京・横浜でライブ活動開始。
2011年12月にファーストアルバムをリリース。

fc2blog_20160218143805163.jpg 坂野 尚子 Naoko Sakano (flute)
自然と動物と音楽が大好き。
幼少のころ近所のお姉ちゃんが吹いていたフルートに憧れ、中学入学と同時に吹奏楽部に入部。一番人気のフルートパートを憧れだったお姉ちゃんのコネでゲット。しかし、中学時代はフルートよりもピッコロばかり吹いていた。以後高校大学社会人6年目くらいまで吹奏楽を続ける。特に高校時代にやったVincent Ludwig Persichettiの作品には多大なる影響を受けている(ような気がする。)
社会人一年目のころ、CDで Bobby Jaspar や Eric Dolphy の演奏を聞いたのがきっかけでジャズフルートに興味を持つようになる。そのころ友人のつながりでジャズフルート奏者の小島のり子さんと出会い、初めて生で聞くジャズフルートにかなりの衝撃を受ける。その後10年間ほど師事。また同時に飯田ジャズスクールにてアンサンブルとジャズ理論を学び、本格的にジャズに傾倒する。
日々勉強しながら東京、神奈川、大阪、静岡にてセッションやライブで経験を積む。現在は東京を中心に活動中。
ライブはジャズを中心にブラジル音楽やPOPS、ソウルミュージックのバンドにも参加。数々の実力派ミュージシャンとの共演。自分らしさと歌心を大切にした演奏をいつも心がけています。

トオイダイスケさん トオイ ダイスケ Daisuke Toi (bass/piano)
エレクトリック・ベーシスト、ピアニスト。東京を拠点に、主にジャズ、ポップスのセッションやバンドで演奏している。うたものユニット"まばら"の一員。ベースとボーカル、作詞作曲を担当する。シンプルで静けさとあたたかみのある音や声を、いろいろな時間や場所や音楽のなかで提供している。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.28 Sat
てつろう ギター弾き語りライブ
てつろう (vocal/guitar)

湘南から吹く癒しの風 ~てつろう
せつなさにあふれた心を やさしくなぐさめる
穏やかな海風のような 詞と旋律をそっとあなたのもとへ届けます。

2016年5月28日(土) open 17:00
1st stage 17:30~
2nd stage 18:30~
Music Charge ¥2,100+2オーダー以上(+Tax)
※要予約※ ご予約・お問い合わせはForesta Music 090-2538-5802 info@tetsuro-f.com までお願いいたします。

~プロフィール~
てつろうさん てつろう (vocal/guitar)
藤沢市在住のシンガーソングライター。湘南を中心に東京、横浜などでライブ活動を展開。CD12枚・DVD2枚を発売中。平塚、藤沢のFM局で毎週パーソナリティーを務めている。花王アタックCM2002年バージョンを歌う。梓みちよに楽曲提供。毎年冬、ウインターコンサートを開催している。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.30 Mon
杉崎かなえ&関根彰良Duoジャズライブ♪
杉崎 かなえ (vocal)
関根 彰良 (guitar)

2016年5月30日(月)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥2,100+Tax

プロフィール 杉崎 かなえ Kanae Sugizaki (vocal)
幼少よりピアノを学び、歌に親しむ。小中学校で合唱部に所属、ソプラノでソロをとり、全国大会を経験する。
大学でジャズ研究部に所属、都内でライブ活動をはじめ、地域のイベント、都内ホテルにて結婚式の歌手として活躍。
社会人経験を経て、歌うことで人の心を癒す夢をかなえるため本格的に歌手活動をはじめる。
jazzvocalを沖野ゆみに師事。銀座MUGEN・サニーサイド・他都内ジャズバー、イベントに出演。リーダーライブとしてotonohaライブを企画。ドリームプランプレゼンテーション世界大会のテーマソング『夢しか叶わない』を歌う。
2015年 アメリカにて音楽修行ののち帰国
jazz,bossanova,popsなどジャンルにとらわれず人の心に届く歌を目指し、歌声はクリスタルボイスと称される。
あたたかく心癒される空間をつくることを大切にしている。

関根彰良さん 関根 彰良 Akira Sekine (guitar)
1978年5月5日生まれ。千葉県出身。幼少の頃よりクラシックピアノを始める。12歳でロックに興味を持ちギターを手にする。東京大学入学後ジャズに出会い、同大のジャズ研究会に所属しながらプロとしての演奏活動を開始する。文学部美学芸術学専攻卒業。2009年夏、Anat Cohen(cl, sax)の日本ツアーに参加。これまでの主な共演者は、前田憲男(p)、大口純一郎(p)、池田芳夫(b)、納浩一(b)、向井滋春(tb)、竹内直(ts)、村上ポンタ秀一(ds)他多数。クラシックギターを井上學、フラメンコギターを山崎まさし各氏に師事。2011年、1stアルバム"FUZZ JAZZ"をリリース。発売記念全国ツアーを行う。2012年スペインに滞在。フラメンコギターをChano Carrasco, Manuel Parrilla,Ramón Amador各氏に師事。2013年9月、2ndアルバム"SOLITARY PHASE"をリリース。

過去のライブ&イベント    Top↑

2016.05.31 Tue
糸永衣里 ストリングストリオ
糸永 衣里 (viola)
定村 史朗 (violin)
生沼 邦夫 (bass)

201605301739007ef.jpg

2015年5月31日(火)
1st stage 19:30~
2nd stage 20:30~
3rd stage 21:30~
Music Charge ¥3,000+Tax

糸永衣里さん 糸永 衣里 Eri Itonaga (violin,viola)
大分県別府市生まれ。ピアノとヴァイオリンを3歳から始める。 violaに転科し2003年、東京音楽大学卒業。在学中、大坂国際コンクール特別賞、万里の長城杯奨励賞を受賞。卒業後、ジャズバイオリニストの寺井尚子さんを見てジャズを知る。2008年、サンフランシスコに渡りスタンフォード大学のジャズワークショップに参加、VictorLinに師事。帰国後は、SMAP、AI、Boyz II Men等のサポート他、様々な演奏活動をする。2010年、 アジアワールドスカラシップ奨学生としてBerklee College of Music へ留学。在学中、RonCarter、IvanLins等、世界的なプレーヤーのサポート共演の機会を得る。2012年帰国後、これら貴重な経験を生かし、現在は東京を中心に後進の指導を含め音楽活動の幅を広げている。

定村史朗さん 定村 史朗 Shiro Sadamura (violin)
1963年東京生まれ。7歳より鈴木メソードにてバイオリンを約10年間、松井宏中に師事する。
また高校在学中より、ジャズ、ロックを通じてバイオリンによる即興を模索し始める。
1984年に渡米、ボストンのバークリー音楽大学でジャズバイオリンを学び数々の賞を受賞後、
87年ニューヨークへ移る。88年~90年 エディ・パルミエリ・バンドへレギュラー参加、全米ツアー、ヨーロッパのジャズフェスティバルなどで演奏。
アルバム「SUENO」がグラミー賞にノミネートされる。
2005年、即興を主体とした自己のバンド「UPLINKERS」で初リーダー作「METAMORPHOSIS」を発表、
ゲストにエディ・パルミエリ、ロンカーター等を迎えジャズ、ファンク、ラテン、現代音楽などを融合した話題作と各メディアで絶賛される。
2009年「横浜ジャズプロムナード」へ芳垣安洋との双頭バンドで出演。
2012年春、28年間のアメリカ生活にピリオドを打ち完全帰国。
同年9月「YOKOHAMA本牧ジャズ祭 秋の陣」にて、ニューオリンズより世界的クラリネット奏者 Evan Christopher 等を迎えて中村誠一(TS) と共に横浜市開港記念会館講堂にて演奏。
2013年11月 BankART1929(平成25年度文化芸術振興費助成)大野一雄フェスティバル2013「横浜ダンス界隈2013」にエレキバイオリンによる即興演奏で参加。2015年5月「渋さ知らズ」ラフォルジュルネ2015 @東京国際フォーラム公演にゲスト出演するなど、
現在は日本を拠点に、ジャズバイオリンの第一人者としてジャンルを超えた独自な音楽活動を始めている。
http://restart-ny.com/uplinkers/

生沼邦夫さん 生沼 邦夫 Kunio Oinuma (bass)
1967年栃木県生まれ。埼玉大学モダンジャズ研究会時代よりベースを始め、“チンさん”こと鈴木良雄氏に師事する。
峰厚介(sax)、山口真文(sax)、太田剣(sax)、辛島文雄(p)、大隅寿男(ds)、平賀マリカ(vo)ら日本を代表するジャズミュージシャンと共演を重ね、現在は小山太郎(ds)、里見紀子(vl)のグループ等で活動中である。

過去のライブ&イベント    Top↑